個別記事のページです

2018年3月19日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

できる人


こんにちは、ホームページ制作Fの植木です。

仕事と関係ない話になりますが、すみません・・
今週末、私は、家族が始めた楽器演奏ボランティアの手伝いに行きました。
老人ホームで月に一度開かれるお楽しみ会のようなもので、
聴衆はおじいちゃんおばあちゃん、3,40人です。
私は音響係としてマイクやスピーカーの設置を手伝いました。

実はこれが最初の演奏会でした。
昨年から、家に何度も他のメンバーの方が練習しにいらっしゃってる姿を見ておりました。
楽曲選びや、音あわせ、衣装選びなど、着々と準備を進め、
家でもずっと練習している音が聞こえました。
そうやって本番へ向けて一生懸命練習しているのを側で聞いていたので、
私の方が前日の夜にお腹のあたりがおかしくなるほど緊張していました。

当日は成功に終わりました。演奏中、私はずっと緊張していたのですが、
ちょっと時間がたった今になって、あぁ良い光景だったなぁと振り返ります。

演奏が始まる前はみんなテレビを見ていました。
お年寄りだから、テレビの音量が大きかったです。
みんなが黙ってテレビの方を見ている広めの会場に
テレビから聞こえてくる笑い声だけが壁に向かって消えて行くようで、家にいる祖母と姿が重なりました。
お年寄りは皆んなあのようにして、テレビを見ているものなんだと
なんとの言えない気持ちでマイクをセッティングしました。

ボランティアメンバーが登場した時に、私はもうすでに緊張していたので、
あえて聴衆の反応を見ないようにしていました。
会場の後ろの方にすっと周り、後ろから全体を眺めていました。
今思い出してみれば、演奏に合わせてみんなで手拍子をしたり、大きな声で歌ったり、
テレビを見ているよりずっと生き生きしていました。
前の方のおばあちゃんが何度か、あぁ幸せな1日だなぁと言っているのが聞こえました。

年をとるとみんな体がいうことを聞かなくなって、あちこち痛くなったり、
思いの通りにいかないことも増えて行くことを祖母を見ていて思います。
テレビとご飯とベッドへの移動が多くて、手すりを擦る音、悲しいと思うも、切ないと思うも現実です。
元気なお年寄りもいますが、そんな人ばかりじゃない。
1日のうちの本当に少しの時間だったけど、いい時間を、
歌や楽器って届けられるんだなぁと思いました。
それで膝の痛みがなくなるわけでもなく、明日も楽しいかは別だけど、
あれが無意味とはあの空間にいて思えません。

「できる人より幸せにできる人」って言葉を数年前に何処かで聞いて、
気になって手帳に書き留めていました。
いい言葉とは思いながらも、でも仕事ができる人の方がいいじゃんとも思って納得できないまま過ごしていました。
でも今日、この言葉を噛みしめるような気持ちになりました。
超絶すごい演奏会ではなかったけど、技術をひけらかすこともなく、
みんなが知っている音楽で、お年寄りの方も楽しく一緒に歌えるようにしたあの演奏会はよかったなぁと思います。
できる人もいいけど、やっぱり最後に笑顔を引き出せるような人になって見たいと思いました。
演奏会のことを思い出したら、少し心が優しくなる気がします。
朗らかな気持ちで気持ちよく日々過ごして、私も仕事はもちろん頑張らないといけないけど、
それ以外も何かできる人になって見たいと思います。 
c06a602755e605711dcea47d6e13496e_s.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ