個別記事のページです

2018年3月14日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

着実に1歩ずつ進んでいけば揺るぎない力になる

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。

趣味でダンスをしているのですが、来月再来月と人前で踊る予定が入っているので
恐々としつつ曲目の練習中です。

先日、ダンスをやったことのない人が、参考の動画を見ただけで「踊れそうだ」と思い
いざやってみると全く踊れなかった、という話を聞きました。
でもそうだろうなと思います。
簡単そうに見えるステップでも実際にやってみると難しかったり
逆に難しそうに見えた動きが、いざやってみると案外すんなりと出来たりします。
元々の運動能力にも左右される部分はあるかもしれませんが、体の動かし方を理解して
且つ、そのイメージ通りに体を動かすことが出来ないと
感覚だけで振りやステップをコピーするのは限界があるので、経験として
自分のなかに落とし込みベースを作った上で、動きを入れていかないと
いきなりスルスルとは踊れないかなと思います。

私はダンスを趣味にして3年程経つのですが、基礎も何も無いところからはじめて、
見よう見まねで振りを入れるのを繰り返しながらステップや体の動かし方を覚えてきました。

私は運動が大の苦手で始めた当初はボックスステップすら踏めませんでした。(今は踏めます!さすがに)
ボックスに限らず、繰り返し練習したり、何度もチャレンジすることで出来るようになった動きも増え
最近になって自分の苦手なこと、自分はこういう動きが得意なのかな~
というところが少しずつ見えてきたような気がして、やっと『出来ないことだらけ』の状態から
体半身ぐらいは前進したかなと感じています。
(今の課題は苦手なアイソレとウェーブの克服です。基礎中の基礎...)

何をするにしても、いきなり完璧にこなせる人はいないんじゃないか。と思います。
やってみなければどのくらい出来て出来ないのかも分からないし、得意不得意も分からない、
ひとつずつ段階を踏んで自分自身と向き合って苦手を克服したり得意を見つけてあげることで
確実に前に進めて自分の力に出来る。ごまかすことも出来るし、何段も飛ばしてジャンプすることも
出来ると思うのですが、そうするとどこかで自分が苦しくなったり、
結局数歩前に戻って遠回りになってしまいやすいのかなと。
なかには、いきなりメキメキなんでもこなせる!という器用肌な人もいますが
器用でない私には、着実に1歩ずつ踏めしめていくやり方が良さそうです。

どんなにバリバリ踊れるダンスが上手な人でも、やったことない動きは
練習あるのみだよと言っていて、そういう人ほど日々たゆまなく努力していて
上手な人でもいきなりはなかなか難しいんだなあと安心出来たり、
もっと練習しないと...!!とやる気が刺激されて前向きな気持ちになれます。

日々の積み重ねとチャレンジする気持ちはこれからも大切にして
明日からの練習、またがんばります!
393dfc98749e9687a13ebeb4da61ebc0_m.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ