個別記事のページです

2018年2月26日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

背伸びはしないありのままを見せる

こんにちは!ホームページ制作Fの花宮です。
今回は久しぶりに担当したニュースレターで大苦戦した話を書こうと思います。


毎月お届けしているニュースレターは社員が持ち回りで作成しています。
そして、今月は3枚目のラフデザインを私が担当しました。
テーマは「社員の幸せが会社の全ての幸せに繋がる」といった内容です。


いつも田崎が望月と話をして原案を考えてくれるのですが、
ひょんなこと(遅く残っていたこと笑)からその最初の話から参加しました。
多分、田崎以外で初めて??だと思います。貴重な体験でした。
基本的に望月がひと月を振り返り、
私達が聞きに徹し、たまに感想を言う、そんな話し合いでした。


毎月こうやって良いこと、悪い事を振り返っているんだな~と
なにか新鮮な気持ちで聞くこと1時間半。
ずっとネタが尽きず喋り続けるのは、さすが、、としか言いようがありません。
しかも、無駄な話が無いという。
日頃から、常にアンテナを張っているんだなと改めて思いました。


さて、ここからが大変で、話した内容をまとめて、
ニュースレターの中に落とし込んでいかないといけません。


今回、話を聞いたことでかえって悪い方向に解釈してしまいました。
望月の話を全て出そう出そうと考えてしまい、
他社との比較や否定が多いものになってしまいました。
この方向性でいくなら、
「簡単ホームページ作成○○○○円から~~」といったように
誰でもできる誘導のやり方をしなければなりません。
それは、私達の作り方ではありませんでした。
もっと深い所から考えて考えて表現する。
いつものホームページと同じ考えが抜けていました。


おまけに聞いた話を形にしていたので、飛び飛びになっていて、
構成もおかしかったです。
今見ると、これはウチっぽくなくて出せないな...と思いました。


そんな所ではなく、社員にニュースレターを任せているという意味を
理解しておかないといけませんでした。
私達は、売り込みをしない売り込み方法を得意としています。
背伸びをせずにありのままを見せないといけません。


そう思ってからは、考えが割とすぐにまとまりました。
望月がいつも「普段やっていることを出すだけ」と言っている意味がわかった気がしました。

やっていることをやる

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ