個別記事のページです

2018年1月 5日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

仲間としての助け合い。愚痴の一切ない会社。

今、望月が書いている6作目の書籍です。

仲間としての助け合い。愚痴の一切ない会社。

全ては自分の為に人を助ける。なぜ仲間を助けなければいけないのか。
相手が心地よいと思うことをすると、自分自身にも心地よい空間が出来てきます。
相手が居心地悪いと思うと、自分自身も居心地が悪い空間ができてきます。人は鏡の法則で生きています。
相手が思うことは、自分も思う。自分が思うことは、相手も思っているということです。
この法則を利用していくと、社員(仲間・人)が困っているときに助けてあげると、
必ず自分が困っているときには2倍以上の親切さで返ってきます。困っている社員がいて、
助けない場合は私がその社員を道徳的に投げかけます。
その
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ