個別記事のページです

2018年1月 5日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2000万円の退職金について

今、望月が書いている6作目の書籍です。

2000万円の退職金について

会社を経営していて、退職金に対してどうするか考えることがありませんでしょうか。
大手企業を30年間務めると退職金は2000万円。
そんなお金があれば老後の生活は楽ができて、サラリーマンも幸せでしょう。
中小企業に勤めて30年間働き退職の時に2000万円の退職金が出るでしょうか。

もし退職者が2人いれば4000万円。
毎年退職者が1人出たとして、毎年2000万円が消えていく。
私の会社は16人で年齢がみんな近いです。
このまま辞めずに60歳まで行くと退職金の用意をしていなければ難しいです。
2000万円を払うとすると、退職金の積み立ては30年間で換算すると、年間66万円。
月間で5.5万円の積み立てです。このお積み立てる金には税金がかかりますので、
実際の数字ではもう少し多く現金を残さなければ悪い場合もあります。
給料も払っているのに、さらに5.5万のプラスの金額です。それも1人の社員に対してです。
16人いたら毎月88万円です。何じゃこの数字は。

退職金をどうやって捻出するのか、みんな企業はどうやっているのか。
不安で仕方がありませんでした。社員も不安ですよね。老後の生活はどうすればよいのか。
そう思うに決まっています。そこで私は考えました。
退職金に関して2000万を払う方法です。

それはやめる1年前に、社長をその人にやってもらうことにしました。
社長をしてくれれば、私の給料をすべて渡すことができます。
1年働くだけで、大手企業の退職金の倍くらいのお金はもらえるでしょう。
もっと欲しければ2年すればよい。同期が多い場合は、一緒に社長を何年かすればよい。
私の仕事がなくなるのですから、社員はもらう対価があります。

今でも社長の仕事は、ほとんどありません。いつでも交代できるのに、交代させてくれません。
私自身は十分稼がせてもらったので、もう必要ないのです。

この退職金制度を社員に話したらそれは良いですね。と喜んでくれました。
これで一安心です。人として当たり前のことを考えていくと、自ずと答えが出てくるものです。
社長交代と退職金制度については、大きな課題でしたが簡単に解決できました。
 
20180104_2000.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識