個別記事のページです

2018年1月 5日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

最後は人は人の気持ちで動くしか無い。(人の感情は古くから変わらない)

今書いている、6冊目の書籍です。

最後は人は人の気持ちで動くしか無い。(人の感情は古くから変わらない)

どんな事より最後は人を信じるしかない状態ができてきます。
不義理をしない事が人として絶対なる条件であり、一度の不義理で多くの物を失うものです。
人に迷惑をかけないように、自分ができる範囲の事しかしないようにしなければいけません。
一度の不義理が人生の大きな大切なものを失い。人の怨念をずっと背負わなければいけなくなる
状況までなります。見えない力の人の執念や嫉妬などは非常に怖い物であり、不祥事を起こした、
大企業の社長や政治家は人の怨念や執念でいきなり心筋梗塞や自殺まで追い込められてしまいます。
よくある事件ですが、それは、人からの見えない力の影響が大きいと思います。
そんな、重い状況で仕事をしていたり、人生を歩んでいても楽しいことはありません。
自身が人であることは、人に対して迷惑をかけないことです。
そんな人が困っていれば、そんな人が目の前に居れば、助けてしまうものです。
昨日は大物が会社を担保にお金を貸してくださいと言ってきました。お金を貸すのは簡単です。
お金を貸すという行為は、お金を上げるという行為です。見返りを求めてはいけません。
会社の担保もいりませんし、金利も私は取りません。そもそも、人に人として貸すのですから、
あげるしか選択はないのです。銀行に眠っているお金は怖くて使えません。
どうせ銀行で眠らせておくお金なので、人に貸しても同じことです。
一年間またがむしゃらに働いてお金を貯めればよいだけです。お金儲けをする社会人であれば、
お金を貸すということは違いますが、人としてお金を貸すということはそういうことです。
もう、取り立てること自体でのストレスも返ってくるのかというストレスも感じたくないのです。
人生で心配事を増やしたくないのです。

人に対して人がどうするのか。この感情を大切に持ってほしいと思います。
この考え方は、ビジネスとかそういう次元ではなく、人間が誕生した時から、
お金というものが無い時から同じ感覚で動いているものとなります。
人類が誕生して450万年が経っていると言われていますが、この感覚は450万年前から
あるものだと思います。人には大きく分けて喜怒哀楽この4つの感覚しかありません。
古くから大切にされている不変なものをいつも頼りにして、生活をしてください。
人として絶対に大切なものがそこにあり、その長く伝わっているものは、正しいことが多いです。
人類の思考は最初から完成されていたものとなり、人としてどう生きるのかは、この進歩した現代の
世の中にこそ、人類誕生以来の豊かな生活ができるこの人生にこそ必要なことだと思っています。
そろそろ、人としての行動ができるような、人類が多く誕生しても良いと思います。
人は知恵を語り継げる生き物だからこそ、そういった進化をしていきましょう。
20180105y-2.jpeg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ