個別記事のページです

2018年1月 5日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

意識さえ認識が合えば崩れない

今、望月が書いている6作目の書籍です。

意識さえ認識が合えば崩れない

各々が人として行動をしていくと、会社組織として独立国家が生まれてきます。
どういう独立国家と言いますと会社の中が聖地と化してきます。
社内は居心地が良くて、Fとしての強さが生まれてきて、
Fとしてはだれ一人欠けてはいけないワンネスの存在となります。
全体で1つの感覚です。
誰かが汚れても、大きな雲の塊のような集合体で戻れば浄化してくれる。
そういった意識の統一が生まれていきます。
その中には、わざわざ聖地を汚すような人はいなく、
常にきれいな存在でいようとする組織です。
全員で一つの会社だからこそ、この中の誰一人辞めさせたくないので、
誰にも迷惑をかけないように仕事をして欲しいと言います。
社員自体も誰1人として辞めてほしくないので、
人としてずっと付き合いたいのでそういう気持ちになります。
そんな人だけが集まった空間だと、無意識のうちに意識があっていきます。
会社のルールの上で、そういった組織になっているので、常識とか関係なく、
Fでずっと居られる為にルールを進化して守るようになっていきます。
守るというか、憲法や法律になり、それが自然となり調和されて、
その中でどうやってもっと活躍しようかと考えるようになります。
これが、私が思う日本という国がなくなっても、このメンバーとなら、
どこでもやっていけると思う所以です。
ルールは会社の中にあり、日本に属していないのです。
意識が合えば、自ずと同じ方向を全員が向きます。
弊社ではよく同じ方向に向かって一生懸命に走っていますねと言われますが、
走ってもいなく。歩いているスピードが速いだけであり、
その方向を向いているのは、人としてあるべき姿を常に目指しているからです。
人が集まっているので、人としての道を目指せば同じ方向を向きます。
これを、社会人の多い会社に伝えると宗教と言われます。
望月の宗教色が強い会社と言われました。今考えると、人になりたかった。
人として自由に仕事をしたかったのですから、おかしいと思われても仕方がなく。
社会人に対して、人として働けと言っていたのですから、
宗教と思われても仕方がありません。
4章だから言えることですが、0章から3章にいる。奴隷や社会人や
人間や王様が聞くとおかしく聞こえると思います。
人になった人が聞くと、そんな当たり前のことをなぜ、堂々と書いているのか。
と言われるくらい当たり前のことです。
欲望ではなく、仕事とは人の為に人がすることです。
この簡単な理論を理解できれば簡単に認識が合います。
何度も言いますが、人と付き合えれば、あなた本来の人を出すことができます。
まずは、人を育てることも重要ですが、人になることも重要です。
13021.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ