個別記事のページです

2018年1月15日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年逆算思考はじめました

20180115_gyakusan.jpg

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。


今年に入り初めてのブログ当番がやってきました。
ずばり2018年の目標は「逆算思考で仕事に取り組むこと」です。


2017年までは、1日の終わり(ゴール)を設定せずに、
することリストだけを出して、一つずつクリアしていくというやり方でした。
積み立て型の思考です。

これだと時間に意識が行かずに、ゴールも設定していないので、
ずるずると残業時間だけがのびていくような状況でした。


これだけやったから明日にしよう。
もう夕方やん。対応だけで終わってしまった。

このような日が多く、進捗がずるずると遅れていました。


その状況から脱するべく今年は逆算思考を始めることを決めたのです。


まだまだ手探り状態ではありますが、
今年に入ってから幾つかのルールを決めました。


1.朝に日誌を書くこと。

朝一番に日誌を書くように決めました。
前日の反省から書き始め、その日のゴールを日誌で宣言するようにしました。

1日のゴールは、具体的に出すのと、終わる時間もきっちりと出すようにしています。

例えば、
ゴール:○○のセカンドページ完成(18:00)
みたいな感じです。


2.ゴールを達成するために何をしないといけないのかをGoogleカレンダーに記入する

ゴールを達成するために何をしないといけないのか、
何時までにしないといけないのかなど
具体的にグーグルカレンダーに記入するようにしました。

例えば、
○○のセカンドページ形にする(9:00~11:00)
○○のセカンドページまわりの社員に確認(11:00~11:30)
○○のセカンドページ修正(13:15~15:00)
○○のセカンドページ社長確認(15:00~15:30)



みたいな感じです。


3.緊急の対応や見積もりなどもGoogleカレンダーに記入する


その日の朝にゴールを決めたとしても、
緊急の対応や見積もりは必ずあります。

それは仕方のないことですので、
何を何時から何時までしたのかをGoogleカレンダーに記入するようにしました。

その中で、もしかしたら必要のない対応があるかもしれないので、
記録に残すことで忘れずに次回に活かすこともできます。

進捗が遅れるボトルネックも見つかるかもしれません。


4.ゴールで決めた時間は必ず守る

終わりの時間は必ず守るように決めました。
終わりを曖昧にしてしまうと、
昨年までと同じようにズルズルと残業だけがのびていきます。

弊社のスタッフには、終わりの時間が○時までと決まっている方がいます。
その方は、もう4年以上逆算思考で仕事に取り組んでいるため、
その時間帯までにしっかりと仕事を片付けるスキルが身についています。


私自身、3年間(前の職場を入れると9年間)積み立て型の思考で仕事をしてきました。
ゴールを明確に決めずに、残業時間ありきで仕事をしてきました。

だから、逆算して仕事に取り組むことに慣れていなく、
最初からとても苦戦しています。
でも諦めずに続けていこうと決めました。

一朝一夕で身につく技術ではないと思っています。
なので、2018年の目標に決めました。



2018年逆算思考はじめました。



今年もどうぞよろしくお願いいたします。




書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ