個別記事のページです

2018年1月24日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

新体制の18時帰りは作業も資金繰りも綺麗に-繁栄する会議

いつも大変お世話になっております。
繁栄するホームページ制作Fの望月聡です。

1月当初から2人の社員が辞めるという出来事をきっかけに、
本格的な業務改革を行い。
残業を減らし18時帰りを目指すべく、
各々の社員が不得意な事をしなくても良い環境に変化させ、
得意なことをさらに超得意にしていくようにしました。

その結果、
社員は完璧にどこまでも成長しなければいけないという、
大きな不安要素は消えていき、
伸び伸びと仕事ができる環境に戻っていきました。

今回の件でわかったことは、
成長をさせ続けても息苦しくなる事に気が付けました。

田崎と下川も辞めることを踏み止まり、
雨降って地固まる状態となり、大きく良い方向に進みました。

今までは経営者のわがままで、
残業をしても仕事を終わらせれば売上が上がる状態でした。

それは、よくよく考えると、
お客様を大切にして社員を大切にしないということでした。

残業の上で売上を稼いでいただけです。

今回の18時帰りを目指すということは、
お客様も大切にし、社員も大切にし、
会社としては利益も確保しなければいけなくなりました。

誰も犠牲にすることはできなくなりました。

今まで12年間は社員に我慢をしてもらっていました。
仕事は多いので、
納品をすれば売上が上がる。残業すれば売上が上がる。

お客様に迷惑をかけないように、丁寧に仕事をしていました。

しかし、
受注しても私達の作り方は丁寧すぎて納期が長くなります。
丁寧な仕事を納期が長いのを残業で解消していました。

その残業ができなくなるのですから、
一瞬クオリティを下げることも考えましたが、
お客様の人生がかかっているものを、
クオリティを下げてまでする仕事ではありません。

さらにクオリティを上げ、納期の短縮の方法を考えました。
クオリティを落とさずに納期短縮と残業削減します。

その為に、工程手順を1から全て見直して、
無駄なことを減らし得意なことを増やすようにしました。

すると、無駄なものが多く出てきました。
会社側の身勝手で不得意な物を強引にさせていました。

災い転じて福と成す。

社員にもお客様にも会社にも甘えることができなくなったからこそ、
業務の見直しが1からできるようになりました。

作業効率とお客様も楽になるように、
お客様がもっと手軽でホームページを創れるようにします。
無駄な作業が減った分、クオリティを上げる方法が見つかってきました。

甘えていた箇所が明確になると、
着手する箇所が自然と見えてきます。
自分のことを退路を塞がれないとわからない経営者だとも感じました。

こんな所に出口が合ったのかという感覚です。

社員にも迷惑をかけないように、
会社を経営するためにまたしても進化できました。
そして、辞めない社員達となり良かったです。

1月の騒動の結果がまとまりさらに進化できて良かったです。
こういった情報を共有してお伝えして、
御社でも同じような事が起きないようにしていくことが役目と感じております。

今後とも長いお付き合いをよろしくお願いします。

2018-01-24-20.46.14.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ