ホームページ制作Fの業務を月ごとにご紹介

2018年1月22日(月)
8ヶ月ぶりにホームページ制作Fへ戻ってきました

こんにちは!ホームページ制作Fのたちばなです。
盛大に送別会をしていただき、寿退社ということでまさに「グランドフィナーレ」と言っても
過言ではないラストを迎えた私でしたがあれよあれよとまたFのパソコンの前にいます。

会社を辞めると、社会から切り離された感覚に陥ってしまって孤独感を感じると言いますが
私はひとつもそんなことはありませんでした。
それもひとえに、Fが私の居場所を作っていてくれたからだと思います。感謝です・・・・

そんな私がFに舞い戻るということで、社員もみんな狂喜乱舞!
拍手で迎えてくれて、みんなが声をかけてくれて、待ってたよ!と言ってもらえて、
早速歓迎会というものが企画され・・・

なわけないですね。

かわいがっていた(と思っていた)後輩ちゃんたちには
「本当に戻ってきたんですか?嘘かと思いました」
「社長が勝手に言ってるだけかと思いました」と言われ
初日の出社数分後から作業している私に
同僚は「なんか普通におるなあ笑」と言って去っていきました。
いいんです。いいんですよFはそれで・・・それがF・・・・・・・

しかしびっくりするほど懐かしくもなければ居心地も変わりませんね!
社員の中で、私がいることに違和感を感じている人はいるんでしょうか。
いたら私は声を大にして言いたいですね!私はあなたのこと微塵も何とも思ってないぞと!
なんなら、私が退職してから入社したあべさんすらも何とも思ってないです。
ヤッホー昨日ぶり~☆って感じでしょうか。
やめた人の居場所を残しておいてくれるF社員の寛大さに感服いたします。
小さくするのも消すのも簡単ですからね・・・それは私が在職中にどうだったとかではなく
社員の心の広さ優しさだなと思います。
社員自体はきっと(いや絶対)何も考えてないんでしょうが、
私は非常にありがたいと思っています。

書きたいことは山ほどあり、ブログメンバーにエントリーされていないにも関わらず
「私もブログ書く!!!!」と立候補したほどなのですが
いざこの待ち望んだ機会を目の前にしたらどうでもいいことしか書けないのが悔しい・・

Fから離れていた8ヶ月、結婚式があったりハワイへ新婚旅行へ行ったりと
それなりに浮かれて過ごしていたのですが、やっぱり働くって楽しいんですね!

復帰して張り切って、私もいい歳だし毎日化粧するぞ!!!!!!と意気込んだのですが
初日から夢やぶれ、あきらめました。三日坊主にならないようにと思ったのですが
まさかの0日。もはやスッキリあきらめがつきます。
時間に余裕持って出社するぞとも思ったのですが2日目にしてギリギリで
早速奥義ダッシュを使ってしまいました。(まじで家から会社まで1分で着いたと思います)

何ひとつ変わらず戻ってきた私ですが
どうやったらみんなの役に立てるかな~~~と頭を使いながら
楽しませてもらおーと思います(*^^*)よろしくお願いします!

yagichan.jpg
写真は年明け、幼少期に父と姉と通っていたうぶやま牧場に姉夫婦と行ったときの写真です。
小さい頃はここで何時間でも遊んでいて、思い出深く歩きました。
私はここで盛大にう○こを踏み、かっこよくて優しい大好きな義兄に爆笑されてしまいました・・・・
「さおり、今年は運があるよ!」とヒーヒー笑いながら言っていた義兄の顔が忘れられません。

運がありますように!!

2018年1月19日(金)
小さな楽しみを見つけて実行していきたい

こんにちは、ホームページ制作Fの成松です。
最近、天気が崩れていることが多く、
雨が降ると渋滞気味になるのでいつも少し早めに家をでなければいけません。
これが朝が弱い私には非常に辛いので早く晴れ渡る日が続けばいいな...と思います。

最近Fでは、私達が働きやすいように、ということで会社内のルールがどんどん変わってきています。
以前、19時半には帰ろうというルールができたときは、
まだ私自身気持ちがついていけず、仕事が遅れている時はやっぱり遅くまで残っていましたのですが、

今年から、18時から自由退社という新たなルールができたことで、
どうにか自分のために早く帰ろう、ゆっくり休もうという気持ちが強くなってきています。
せっかくの新しいルールを私が戻してしまうことはしたくない、と思うので
年明けから緩んでしまった感覚を戻して、挽回していきたいと思います。

そして少しずつですが、早く帰るようになってくると私生活の方でも
あれをしたい、という願望が出てくるようになってきました。
以前は願望があっても、体力・気力共に不足ししており達成できていないことばかりでしたが、

最近は、読んでみたかった本を借りにいったり、行きたかった野球観戦について調べまくったり、
好きな事をするために早起きしたり、前よりも小さな楽しみを見つけて実行していく、
といった事ができています。

昨日は、スマホで見れる「VR」が楽しい、というのを友達から聞いていたので、
いろいろとアプリを眺めていたら、私もやってみたくなり買ってしまいました。「VRゴーグル」。

ゴーグルの間に、対応アプリをダウンロードしたスマホを入れてみると、
お手軽なVRが体験できるものです。
意外と安いのもあり、お手頃価格で手に入れられました。
それでしばらく遊んでいたのですが、没入感や立体感がアプリによって全然違ってて面白かったです。

映像を見るだけなので、ビデオを見ているのと同じ感覚ですが、
すごかったのはGoogleの作っていたアプリでした。
電車内で女性が必死で逃げていくのを見て、後ろを振り返ったら謎のエイリアンがいたりして。
思わず、私も逃げないとやばくない...?という気持ちになりました。
新鮮で面白かったです。
高いゴーグルで、動く椅子や水滴が降ってくるギミックがついたら、
USJのアトラクションになるだろうなと思います。

あと、ジェットコースターに乗った気分を味わえる、というアプリも試したのですが、
これは酔いました。VR恐るべし。
飛んでいく風景を振り返るとけっこ細かいところまで映像が作り込まれていて、
どうやって作ってるんだろう、と本気で気になりました。
でも調べたら面白さ半減になりそうなので、一通り遊んでから調べてみようと思います。

ゴーグルはこういったものです。
家でこれをつけてくるくる回って遊んでいると、変な人を見る目で見られました。

2018.01.20-n.jpg

何を書きたかったかというと、やってみたいなと思ったこと、
小さな楽しいことでも実行してみれば、新しい発見があって楽しい。といったことだったのですが、
VRの感想が長くなってしまいました。でも楽しかったのは伝わったと思います。伝われ~。

2018年1月18日(木)
初めての挑戦

こんにちは!ホームページ制作Fの薬師寺です。

いつもは元気なのですが新年早々、感染性胃腸炎になりました。
はやく治すために絶食をしましたが回復後、調子に乗って暴飲暴食をしたおかげで
全然痩せませんでした。むしろ太ったかもしれない・・・
胃腸炎の時は、飲むゼリーを1本全て飲むことさえ困難だったのに・・・・


先日、初めて来客対応に補佐として入らせて頂きました!
当日まですごく緊張していて、夜も熟睡できず太陽が爆発する夢を見てしまうくらいだったのですが
実際にお会いしてみると、自身のされている事業にすごくすごく熱意と愛情のある
温かい3名のお客様で、とても良い時間になりました。

制作したホームページの細かい修正を詰めていくために、
高知県から、大分まで来ていただきました。

初日の最後に、私の対応はどうだったか伺うと、
良かったとお声かけして頂きましたが、もっとこうしていれば良かったと感じた部分は
たくさんあったので、また大分にお越し頂いたときにその部分をしっかりやっていけたらと思います。
(ホームページの完成後、また大分にお越し頂けるそうです。)

有意義な2日間で、自分的にひとつ成長することができたかなと思っています。

自分に甘いので、2日間のご褒美として、ずっと欲しかった懐かしのたまごっちを購入しました♡笑
あまりこまめにお世話をしていないせいで、
「にょろっち」というきもかわなキャラクターに進化しました・・・
20180118.jpeg
もう少したまごっちについて語りたい気分ですが、
このブログを読む人、誰一人として興味ないと思うのでここまでにしておきます。
(次の当番が回ってくる頃には飽きてるだろうし・・・)

2018年1月17日(水)
ストレスなく働けることの素晴らしさ

ホームページ制作Fに入社して4ヶ月半経ちました。新入社員のあべです。


新年が明け、寒い日が続いておりましたが、昨日は15℃くらいあって暖かかったです。

そんな中、急に望月に外に呼ばれ何をするかと思ったら庭木を植えるとのこと!
初めての事でどうやれば良いのかみんなで試行錯誤しながら、
穴をひたすら掘ったり、石を並べたり、苗を植えたりする事1時間半。

なんということでしょう。

S__4907012-2.jpg
素敵な和風庭園が出来上がりです。古民家がよりいい感じに見えます!
先日まで、エクステリアを作るお客様のホームページの制作をしていたこともあり、
お庭づくりの大変さを身をもって感じたのと、出来上がった時の達成感を感じ、
こんな風にしてお庭づくりをしてるんだなぁ、やっぱり職人さんってすごいなぁと
社員で感心いたしました。

話しは変わって、昨日望月に「最近どう?」と声をかけられました。
なんか久しぶりにそのセリフ聞いたなぁと思ったのと、
「すこぶる元気です!ストレスも悩みもありません!」と答えると
「それは良かった!それは良かったなぁ!」と自分の事の様に喜んでくれました。
いつも仕事が出来なくて悩んでいる時に声をかけてもらっていたなぁと振り返りながら
たった2ケ月くらい前の事なのに、とても遠い昔に感じるくらいの変化が私にはありました。
それは望月をはじめ、先輩社員の方々が作ってくれたルールのおかげで、
自分らしさを活かして仕事が出来るようになり、仕事がとても楽しくなったことと、
何も出来なかった私に根気強くやり方をレクチャーしてくれた先輩方のおかげだと
本当に日々感謝しています。


今は毎日が楽しく、仕事に行くのがイヤだと思う事も全くなく、
ストレスのない充実した日々を過ごさせてもらっています。
社内日記のコメントに先輩方からよく「あべさんのポジティブさがほしい!」
と書かれているのですが、それもこれも先輩方のおかげでこんな自分でいられているっていう事を
声を大にして伝えたいと思いブログに書いてみました。
足手まといでしかなかったであろう私を受け入れてくれた、Fのみなさんのお役に立てるよう、
そしてお客さんに喜んで頂けるデザインや文章が作れるようになるよう
これからも楽しみながら成長していきたいと思います!


2018年1月16日(火)
好きなことだと悩む時間も苦ではないことに気付く

こんにちは、ホームページ制作Fのなかぞのです。
以前名前はひらがなでって聞いたような気がしてずっとブログではひらがなで名乗っていましたが
なんでひらがななのかすっかりぽっかり忘れてしまいました。
なんででしたっけ・・・もう漢字でもいいような気がしてきました。

仕事の話といえば、年末から年始にかけて、
久しぶりにスマホのデザインをしました。
スマホって苦手なんです・・・久々にデザインで大詰まりしました。
出口がないんじゃないかと思ったくらいに。
狭い幅にいかに上手く収めながらデザインしていくかが難しいところです。

こんな感じに~ってイメージはあるんですが
はめてみるとうまくいかないことが多いです。
最近では前のスマホデザインより進化していて、
前やっていたことを今するとことごとくダメ出しされます。
なので、つい最近したデザインをよくよく観察してトレンドを取り込まなければ・・・!
今月もスマホデザインが2つあるので、これを機にできるようになりたいです。

私はできるようになりたい、やってみたいって思うとすぐ実行したくなるんですが
最近、カメラでC-PLフィルターってものが気になっていて調べたら最後。
すぐ試したくなったので購入しました。
窓や水面に反射した余分な光を削減して、
きれいに写したり、空を鮮やかに撮ることができるみたいです。
まだ届いていないので何とも言えませんが調べるとほんとにすごいです。
ここまで反射なくせたら最高じゃん。早く試したくてしょうがないです。

他にも光をぐんと落とすことでシャッタースピードを落とせる減光フィルターや
光をキラキラさせるフィルターもあるみたいなので色々手を出したくなります。
ただそのフィルターもとても高いってところがなかなか・・・

って悩むのも楽しいです。好きなことなら悩む時間もわからない時間も苦ではありません。
できたときの感動がとてつもないからです。
私生活で好きなこと、楽しいことを続けていないと楽しみがないというか、空っぽな感じがします。
小さなことでも好きなことはずっと続けていきたいなと思います。

きっと仕事でもそういう瞬間があるはずです。それを見つけたい・・・・・

さて、最近の写真はというと、年末に福岡城址の光のデジタルアートをみてきました。
夜撮影ってなかなかうまくいかなくて、三脚使えなかったので大変でした。
青や赤の光ってどうしても潰れるからこれを何とか乗り越えたいです。
今回は避けた色合いで・・・^^;
20180116.jpg
あ、あと今年はいい加減運動をしたいな・・・(しなければいけない)と思っています。
いざ、充実ライフを。

2018年1月15日(月)
2018年逆算思考はじめました

20180115_gyakusan.jpg

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。


今年に入り初めてのブログ当番がやってきました。
ずばり2018年の目標は「逆算思考で仕事に取り組むこと」です。


2017年までは、1日の終わり(ゴール)を設定せずに、
することリストだけを出して、一つずつクリアしていくというやり方でした。
積み立て型の思考です。

これだと時間に意識が行かずに、ゴールも設定していないので、
ずるずると残業時間だけがのびていくような状況でした。


これだけやったから明日にしよう。
もう夕方やん。対応だけで終わってしまった。

このような日が多く、進捗がずるずると遅れていました。


その状況から脱するべく今年は逆算思考を始めることを決めたのです。


まだまだ手探り状態ではありますが、
今年に入ってから幾つかのルールを決めました。


1.朝に日誌を書くこと。

朝一番に日誌を書くように決めました。
前日の反省から書き始め、その日のゴールを日誌で宣言するようにしました。

1日のゴールは、具体的に出すのと、終わる時間もきっちりと出すようにしています。

例えば、
ゴール:○○のセカンドページ完成(18:00)
みたいな感じです。


2.ゴールを達成するために何をしないといけないのかをGoogleカレンダーに記入する

ゴールを達成するために何をしないといけないのか、
何時までにしないといけないのかなど
具体的にグーグルカレンダーに記入するようにしました。

例えば、
○○のセカンドページ形にする(9:00~11:00)
○○のセカンドページまわりの社員に確認(11:00~11:30)
○○のセカンドページ修正(13:15~15:00)
○○のセカンドページ社長確認(15:00~15:30)



みたいな感じです。


3.緊急の対応や見積もりなどもGoogleカレンダーに記入する


その日の朝にゴールを決めたとしても、
緊急の対応や見積もりは必ずあります。

それは仕方のないことですので、
何を何時から何時までしたのかをGoogleカレンダーに記入するようにしました。

その中で、もしかしたら必要のない対応があるかもしれないので、
記録に残すことで忘れずに次回に活かすこともできます。

進捗が遅れるボトルネックも見つかるかもしれません。


4.ゴールで決めた時間は必ず守る

終わりの時間は必ず守るように決めました。
終わりを曖昧にしてしまうと、
昨年までと同じようにズルズルと残業だけがのびていきます。

弊社のスタッフには、終わりの時間が○時までと決まっている方がいます。
その方は、もう4年以上逆算思考で仕事に取り組んでいるため、
その時間帯までにしっかりと仕事を片付けるスキルが身についています。


私自身、3年間(前の職場を入れると9年間)積み立て型の思考で仕事をしてきました。
ゴールを明確に決めずに、残業時間ありきで仕事をしてきました。

だから、逆算して仕事に取り組むことに慣れていなく、
最初からとても苦戦しています。
でも諦めずに続けていこうと決めました。

一朝一夕で身につく技術ではないと思っています。
なので、2018年の目標に決めました。



2018年逆算思考はじめました。



今年もどうぞよろしくお願いいたします。




2018年1月12日(金)
趣味で考え学ぶことも多い


こんにちは制作のしもかわです。

年明けからみんなのブログにあるように社内がバタついておりまして
来週からは年明けの落ち着きになるかなと思いながら、
最近は結構重たい話やブログが多いので
楽しかった・考えたことを書こうと思います。

先週3連休で超弾丸フェリーに乗って観劇してきました。
フェリーの故障でまさかの夜中発となり
お店に入ってご飯を食べる時間もお土産を選ぶ時間もない慌ただしい1日でした。

演目はシェイクスピアのアテネのタイモンという
世界的にも上演数が少ない問題作らしいのですが
私はシェイクスピア自体、舞台DVD以外で観るのが初めてで、
台詞量もさることながら、言い回しの難しさにも圧倒されつつ、
演者の方々の熱量に一番圧倒されました。

お金持ちで善意の限りを尽くしていたタイモンが
周りの忠告を聞く耳持たずその気前の良さが原因で自らを亡ぼし破滅して
友人と思っていた者たちに見放され、全人類を呪い死んでいくというようなお話でした。

忠告を聞かず、自身の資産が湯水のようにあると思い込み
善意をまき散らしていた本人の自業自得の部分はあるのですが、
ここまで極端にはいかずとも、自分の度量を超えて善意の限りを尽くして無理をする
ようなことをし続けていると、自分を壊してしまうんだなと強く感じました。

丁度昨日、望月に読んでみてと渡された本が
なんとなくそういうことと似ているかなと思わせる内容な気がするので
読み進めていきたいと思います。
(今朝出社したら机の上にもう一冊追加されていたので、あわせて読みます)

つまり何が言いたかったかと言いますと、舞台は良いぞ。
と言う事が言いたかったのです。
観ることの楽しみ、演じる役者さんの熱量に圧倒される
声量と表情、言い回し全てにおいて本当に引き込まれました。
言葉では説明が出来ませんが、なにかしらのパワーをもらった気分です。

趣味で観劇しているのですが、
演目によって色々考えさせられることが多いとよく感じます。
役者さんのパワーに圧倒されつつ、来月も観に行くのでわくわくです・・・。

内容に合う良い写真が特になかったので
最高にかわいすぎる我が文鳥を・・・。

20180112.jpg
ぶぅん。

ぶれぶれですけど、こういうのが最高にかわいいです。
カメラ本当に買ってよかった。
最近かわいさに磨きがかかっています。
もう1歳になるごまちゃんはみかんが好物のようです。


2018年1月11日(木)
さらに成長するために

こんにちは、ホームページ制作Fの植木です。

年も変わり、冬の寒さも一段と増しています。今日は大分も珍しく雪が降りました。
この冬も終わり春になると、私は3月に入社したので、もう1年になるのだなぁと思います。
毎日すべきことを一生懸命にやっていてあっという間でした。

年が変わって、Fでは会議が重ねられて、今まで問題だったことを打開しようとしています。
その一つとして、私を含めて新人は今年に入ってから更に成長を求められています。
少し悲しいですが、新人は先輩方に比べて成長スピードが遅いと言うことが問題視されていました。
打開として、これからは思い切って色々なことをチャレンジさせようと言うことになりました。
だから私もこれから慣れないことにも挑戦して頑張んないといけないと思います。

そもそも、いついつまでに一人前にならないといけないよと言う目標はどこにでもあります。
美容師さんだったら、お客さんの髪を切れるまでは3年ほどは下積みをすると言いますし、
カメラマンだったら、1年は先輩についてサブカメラマンとして写真を撮ったり
真夏のロケ地で汗だくになりながらレフ板を持ったり、両肩に15キロずつストロボを担いで走ったりするのです。
(実際は一人前になっても人手不足でこんなことはしないといけないのですが。)

下積みは仕事の内容が簡単だから楽だよなって考えもありますが、辛いものです。
いつまで私は下積みをするんだろうと言うのも不安だし、心細いし、情けないし、
仕事の責務が増えたとしても、やっぱり早く一人前になりたいと思います。
だから言われた目標の期限や、自分で心に決めた期限までは、歯を食いしばってでも耐えられるのだと思います。

Fでは新人だからといってそんなに精神的にも肉体的にも辛い思いをさせられることはなく、
と言うのもそんな苦労をさせたくないと考えている先輩方のおかげなのですが、
私はその環境に甘えてたのか、毎日頑張っているからきっと大丈夫だと信じてしまって、
本来であればもっと早くに達しないといけないレベルに、達していないと言うのを突きつけられて結構へこみました。
へこんだのもあるし、そんなことを言われる自分が情けなくて悔しかったです。

ついさっきまでそう思っていたのですが、よくよく考えたら
甘えがどうという個人の感情や、成長スピードと言う相対性が問題なのではなく、もっと具体的な、
Aという業務を行う目標期限がそもそも設定できてなかった事、
それによって生じたBと言う遅れ、ギャップを今後いかに埋めていくか、
何が必要となり、何をすべきかが問題の本質なのであって、
過去の先輩との比較や個人の意識の問題にすり替えると建設的でなくて心が暗くなるだけで、やっぱダメだなと思いました。どうせするなら明るい心で臨んでいきたいです。

適した写真がなかったので、私が持っている一番寒そうな写真を選びました。

DSC_9227.jpg

2018年1月10日(水)
年末年始はトラブル続きで繁栄から衰退が過る


いつも大変お世話になっております。
ホームページ制作F望月聡です。

繁栄していく会社というのは、
なんて素晴らしいのだろうと考えていたのですが、
年末年始に向けて色々と問題が起きました。

2人の社員が辞めるという出来事です。
3年目の下川と10年目の田崎です。

結末から言うと、
下川は2月末で辞める方向で、田崎は辞めなくなったのですが、
この2人が欠けると大きく衰退するので、
なにが30年続く企業とかよく言えたものだと、
自分に対して凄く考えました。

辞める理由に関しては、
会社の変化についていけない。

会社は変化はしているけれど、
労働環境が楽になる気配が一切見えない。

成長することに息苦しさを感じるということでした。

これは中々凄いことで、
私自身は仕事を取ってこい。
作業のノルマ。営業のノルマを課していないのですが、
会社の成長する空気感で社員は自ずと自然と成長するしか無かったのです。

現に進捗はスタッフが立ており。
仕事はホームページから依頼くるようにしております。
その内容を把握するようにはしておりません。

しかし、売上も多くあり、仕事も多くある。内部保留もある。
社内の人間関係も全て良好で、お客様からも好かれている。

あと欠けているものと言えば、
作業の改善をして残業を減らすことです。

2年前は23時まで仕事をしていました。
今では21時にはほとんどいない環境となりました。

私を含めて誰も、
成長を欲していないのに、成長が止まらないのです。
どこまで勝手に成長するのかと、思って見ていたのですが、
流石に普通の女の子がずっと成長するという事はなく、
成長にギブアップが出てきました。

誰もが成長しているのに、なぜか疲れている。
こんなに良い環境なのに、なぜか不安が付きまとう。
来月の楽しい姿が想像できない。状態になっていました。

本当に勝手に成長する会社になっている。

そこで、辞める社員に言いました。
誰かが成長しろと言っているのか?
お前はやめても良いけど、
残った社員の誰がこのままの成長で仕事が続けられるの?

この社員がやめても、何も変わらないのです。

3年勤めた下川。10年選手の田崎以上の社員は、
絶対に入ってきません。

3年分の時間と10年分の時間が必要となります。

もう成長をしなくて良い。
不得意なことを全て出してください。

各々の得意なことをだけをしてください。
不得意なことはしなくて良いです。

誰も得意な人がいない案件であれば、
お客様に伝えて相談させてもらいますと伝えました。

最高の社員がいなければ、
最高のホームページが出来ない状態なのです。

今までは社員の定着が悪かった為、
誰もが苦手を克服して、
なんでもできるようにしておかなければいけませんでした。

それは、
誰が辞めても良いようにしていたからです。

しかし、今の会社は全員が一通りの事ができるようになりました。
一通りの事はできるのですが、
得意な人がやったことが、会社の基準となり、
それ以下ではお客様に提供しないようにしています。

1度良いものが出来たら、
それ以下のものは絶対に提供できません。

なぜかと言いますと、
もっと良いものができるのに、私達の手抜きでお客様に迷惑をかけて、
自分たちに嘘をつくからです。

嘘は必ずばれます。
良いものが出来たらそれ以上のものを提供しなければ失礼だと考えます。
それ以下のものは、私達の手抜きだけの問題となります。

そうやっていくと、
全員がデキる人のクオリティで、
全ての仕事をしなければいけなくなっていました。

辞める人が少なくなった今。
得意な人が得意なことをやり、
不得意なことは、それが得意な人がやればよいのです。

一通り全員がデキる今こそ、
社員に嫌なことを一切させなくて良いということに気が付きました。

昨年書いた6作目の続きはやはり会社で起きると感じています。
追記していきます。

すべての作業を展開した時に、
18時帰りという事が社員から自然と出てきました。

社長が18時に帰れと言っても、
そんな無謀なことを言っても。と言われて実行できないことでした。
一通りわかった上で、社員から出てきた18時帰りの言葉は力強さを感じました。

今までは19時30分以降は自由退社でした。
変更後は18時以降は自由退社となりました。

1日経ってみると、
いや、、そもそもの就業時間は17時30分。
19時30分までは帰れない、どれだけブラックなのだ。
18時でも30分遅い。と自分の会社のブラック振りに気が付きました。

残業は減っても増えても、給料は30万円以上渡しています。

今回も過去の常識にとらわれて多くのことを見失っていました。
そして、今回の件で多くの事を学習できて、
社内も新しい体勢になりました。

1度は全て終わったと思った年末年始でしたが、
大復活をして、さらに強くなりました。

成長の先には、破滅があり、
破滅には仕事を選ぶ能力を持たないと行き詰まると感じました。

妥協を一切しない事は変わりありません。
不得意なことで時間を割いていた分。

得意なことに時間を2倍で割ければさらに良いデザインができる。

私たちは良いデザインをお客様に見せて、
圧倒的にお客様の会社を社会的に楽な会社にして行きたいだけの企業です。

辞めるのは誰がいつ辞めても同じです。
負担を減らし辞めない環境を作っていきます。
成長の過程に色々とあると痛感する年明けとなりました。

今後とも長いお付き合いをよろしくお願いします。

繁栄する内容だけを毎週読みたい方は、
下記よりメールアドレスを登録下さい。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTEvDpwmUIRnM

営利目的ではなくお送りさせて頂いております。

2018-01-10 09.37.21.jpg

2018年1月10日(水)
役割分担を見直しました

こんにちは!ホームページ制作Fの花宮です。
年が明けて、早いもので1月の中旬に差し掛かろうとしています。
先週から社内で会議が数回行われ、持ち案件の整理をしました。


今まで振らない方がいいのかな?と思っていた見積関係のものも、
これを期に思い切って経験の少ない方達に分散しました。
最初のうちは、結構負担になってしまうと思いますが、
実際に担当して経験してみないと、身につかないことってたくさんあると思います。


得意か不得意かっていう事もやってみないとわからないのかなと思います。
私も文章を考えることが特に苦手だったのですが、
Fに入ってデザインにSEOにメールに、そしてこのブログ...どこをとっても文章を考えることだらけです。
幾度となく繰り返して、回りくどくないように伝わりやすいように
文章を考えることが意外と好きという事がわかりました。
特に、決められたルールの中でその型にはめていくSEOの作業が結構好きです。


そんなこんなで、結果的に持ち案件をだいぶ引き取ってもらいかなり軽くなりました。
ありがとうございます!


正月休みはというと、忘年会・新年会が続きに続き、
内臓がやられていました。笑
しかも、メンバーは毎回ほぼ変わらない高校の時の友達。
何回年を忘れるんや!!と思いましたが、どの会も楽しい時間を過ごせました。
高校生の頃は、この歳(27歳)ってもっとしっかりしてるイメージだったのに、
なんか精神的に何も変わっていない気がします...。


家庭が出来る人もいる中で、私の周りは独身の男共がとても多いです。
なんか悲しいような気も...。
でも、こうやって遊べてるから良いんです。
学生の頃から変わらず、楽しい時間を過ごせています。


今年も仕事に遊びに充実する年にしていきます。
よろしくお願いします!

充実の年

2018年1月 9日(火)
新たな一年の始まりに身を引き締めて

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。

先日、年明け早々に、社員みんなで自分の得意・不得意を洗い出し
業務を振り分け直したり、会社の仕組みも見つめ直す機会を設けた
会議を行いました。
そこで新たに社内共通のルールを4つ設定したのですが
その中の一つに18時以降自由退社というルールが新たに加わりました。

「いや、普通でしょ...」

と思う方も中にはいると思います。
それが平常の感覚だとも思います。

残業時間を縮めたい、残業しない勤務の仕方がしたい
私が入社してから、それ以上前から、幾度となく
チャレンジされ続けて、達成出来ずにいた残業問題。

もっと帰る時間を早めよう、そう大多数が言っても
18時という時間はこれまで出てくることがありませんでした。
実際に残業をしていた時間と18時という数字の大きなギャップと、
そんな時間達成出来るはずがない、という気持ちが
そうさせていたのではないかと個人的には思っています。

そんな中で、今回18時という数字が出てきたのはとても大きなことだなあと
思っていて、決めたルール、守っていきたいという気持ちも強くあります。

私は出来ることなら早く帰って休んで
次の日疲れが残っていない状態で仕事がしたいと思っていて
やってみたけどやっぱり無理だった...、と後戻りするのも絶対に嫌だという気持ちがあるので
自己の中での進捗状況の分析や、効率を考えた業務のやり方、時間配分など
再度見直しつつ、良い形へ持っていけるように取り組んでいきたいです。

昨年はもやもやした気分で一年を締めくくってしまったので
今年はもっとスッキリ、気持ちよく過ごしていくことを目標に
日々を送っていきたいと思います!

お正月に食べたお雑煮おいしかったな~~、と思って
写真を載せようと思ったら写真を撮っていなかったのでイメージ写真をお楽しみください。
お雑煮って地域や、家庭によって味付けも具材も変わるのが面白くてすきです。
我が家はおすましで焼いてない丸餅、かまぼこ、しいたけ、人参、葉物、鶏肉が入ったシンプルなやつなんですが、地域によっては巨大なエビがドンッ!とか、あんこの入ったお餅を使うとかなんとか。奥深い。

今年もどうぞよろしくお願いします。
0a8e8b74fb0c53948909e651d877469e_m.jpg

2018年1月 5日(金)
席が変わると環境が変わる

あけましておめでとうございます。ホームページ制作Fの足立です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
お正月は実家で親戚の集まりをしたり、初売りに出かけたりと
ちょっと慌ただしかったような気もしますが、楽しい年末年始でした。

そんなお休み明けの二日間でしたが、Fの中でもバタバタと慌ただしい仕事はじめでした。
大掃除の続きだったり、会議だったり、新年からF全体でも自分の中でも
色々なものを見直す機会になりました。


というわけで本日は、F名物の席替えがありました。
Fの席替えは、基本的には環境改善の意味で行うこともあり、
多いときは二週間に一度とかもあるくらい、試行錯誤と変化とを繰り返しています。
実際、場所も人も環境のすべてが、一番目に見えて分かりやすく変わっていく方法ですので、
席替え直後なんかはちょっといつもより新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができます。

移動も全員で協力して行います。古民家を改装したことで
妙なところに柱がやたらとあるFの事務所は、机やいすを一度に移動するのが
結構大変だったりするので、譲り合いながら声をかけながら、
毎回まるで引っ越しみたいな大がかりさになります。
いつも机の上を片づけていないとこのとき大変なことになるので、
いつ来るかわからない席替えのために、皆さん机はきれいなのです。
すごい。(私は汚いです。頑張ります)

変わっていくこと、改善していくことにこれだけずっと積極的でいるのも
凄い事だなあといつも思います。
ただ、Fはそのオフィスのつくりゆえ、場所によっては陽がまぶしかったりちょっと狭かったり、
クーラーや暖房が遠かったり隙間風が...というような場所もあるので、
いつも席の発表のときは、季節ごとにもうすぐ寒くなるからあの寒いゾーンは嫌だ...!と
祈るような気持ちで覗き込んでたりもします。でもそれもまた楽しい、ということで...。

そして私は、今回は今まできたことのない初めての位置におさまったわけですが、
す、隙間風...!!でも、ちょうどすっぽり収まる個室感はとても落ち着く場所です。
すみっこが落ち着く人間なので、実はこの場所はずっと気になってました。
新年からまた新しい環境と新しい気持ちで、仕事を始めていけます。
改めまして、がんばります。どうぞ本年も、よろしくお願いいたします。

20180105.jpg

...といったところで、明日からは早速の3連休に気が抜けてしまいそうですが、
仕事始めでなんだかいつもよりどっと疲れてしまったような気もしますので、
またしっかりと休んで、週明けは更に気を引き締めて、頑張ります!

2018年1月 5日(金)
4章 人間から人へ

今、書いている6作目の書籍です。

4章 人間から人へ

人間から人へ

2000万円の退職金について

次期社長候補は勝手に何人もできる。

仲間としての助け合い。愚痴の一切ない会社。

会社から出たら会社のメールを見ない。電話も出ない。

自然界の法則を凌駕できるとき。

意識さえ認識が合えば崩れない

お金に縛られないとお客様には愛しか与えられない。

ストレスのない会社こそ正しい道を歩ける。

自分を支えてくれる人には全力で返しておく。

一生売るものがない状態こそ良い状態。

作り手の想いは宿る。シックスセンスを信じる。

全ては社会で自分らしく生きていく為に。

最後は人は人の気持ちで動くしか無い。(人の感情は古くから変わらない)
5E6660C4-2456-4060-906A-120CCE3CCD37.jpeg

2018年1月 5日(金)
最後は人は人の気持ちで動くしか無い。(人の感情は古くから変わらない)

今書いている、6冊目の書籍です。

最後は人は人の気持ちで動くしか無い。(人の感情は古くから変わらない)

どんな事より最後は人を信じるしかない状態ができてきます。
不義理をしない事が人として絶対なる条件であり、一度の不義理で多くの物を失うものです。
人に迷惑をかけないように、自分ができる範囲の事しかしないようにしなければいけません。
一度の不義理が人生の大きな大切なものを失い。人の怨念をずっと背負わなければいけなくなる
状況までなります。見えない力の人の執念や嫉妬などは非常に怖い物であり、不祥事を起こした、
大企業の社長や政治家は人の怨念や執念でいきなり心筋梗塞や自殺まで追い込められてしまいます。
よくある事件ですが、それは、人からの見えない力の影響が大きいと思います。
そんな、重い状況で仕事をしていたり、人生を歩んでいても楽しいことはありません。
自身が人であることは、人に対して迷惑をかけないことです。
そんな人が困っていれば、そんな人が目の前に居れば、助けてしまうものです。
昨日は大物が会社を担保にお金を貸してくださいと言ってきました。お金を貸すのは簡単です。
お金を貸すという行為は、お金を上げるという行為です。見返りを求めてはいけません。
会社の担保もいりませんし、金利も私は取りません。そもそも、人に人として貸すのですから、
あげるしか選択はないのです。銀行に眠っているお金は怖くて使えません。
どうせ銀行で眠らせておくお金なので、人に貸しても同じことです。
一年間またがむしゃらに働いてお金を貯めればよいだけです。お金儲けをする社会人であれば、
お金を貸すということは違いますが、人としてお金を貸すということはそういうことです。
もう、取り立てること自体でのストレスも返ってくるのかというストレスも感じたくないのです。
人生で心配事を増やしたくないのです。

人に対して人がどうするのか。この感情を大切に持ってほしいと思います。
この考え方は、ビジネスとかそういう次元ではなく、人間が誕生した時から、
お金というものが無い時から同じ感覚で動いているものとなります。
人類が誕生して450万年が経っていると言われていますが、この感覚は450万年前から
あるものだと思います。人には大きく分けて喜怒哀楽この4つの感覚しかありません。
古くから大切にされている不変なものをいつも頼りにして、生活をしてください。
人として絶対に大切なものがそこにあり、その長く伝わっているものは、正しいことが多いです。
人類の思考は最初から完成されていたものとなり、人としてどう生きるのかは、この進歩した現代の
世の中にこそ、人類誕生以来の豊かな生活ができるこの人生にこそ必要なことだと思っています。
そろそろ、人としての行動ができるような、人類が多く誕生しても良いと思います。
人は知恵を語り継げる生き物だからこそ、そういった進化をしていきましょう。
20180105y-2.jpeg

2018年1月 5日(金)
全ては社会で自分らしく生きていく為に。

今書いている、6冊目の書籍です。

全ては社会で自分らしく生きていく為に。

自分らしく生きる。この言葉を鵜呑みにして、自分自身がいかに自分らしくどこまで世間で通用する
人物なのかを試したくて高校生の時から、19年前からはじめた道です。横着な奴。無礼な奴。態度の悪い奴。
ただただ批判されるような人格でした。周囲からそんな言葉を言われても、自分自身をそのまま生きる。
何が悪いのか。自分というものをどこでも持たなければいけない、自分自身の生き方。
自分を曲げてまで合わせることをしないようにしていました。なぜみんなが、自分らしく生きないのか。
なぜ自分らしく生きることが良い事なのに、そうできないのか。

全員が言います。その方が楽だからです。もうちょっと楽な道を歩いたら良いじゃないですか。
人生で一番価値のあるものとは、何なのかを考えていくと書いていて思うことは、時間ではないでしょうか。
それもどの時間かというと、自分自身で生きている時間。自分を偽っていない時間だと思います。
人生は睡眠時間と会社にいる社会人の時間を入れると、半分以上は自分ではない時間を過ごさなければ
いけない人が多くいます。人生の7割の時間を自分では無い人として過ごさなければいけません。
私は究極のケチです。人生に損をしたくないのです。
せっかく自分という人で生まれてきて、自分を出さないで生きているなんて、究極の損だと思います。

人は、余命を宣告されると時間に対してありがたみをより一層感じるようになります。
私の場合は、余命宣告されると時間の価値が上がるのだから、最初から毎日余命宣告されたような生き方を
無意識にしてきました。自分の人生を自分自身という人で過ごして全うしたい。
そういう人がどこまで成長できるのか、世間ではどこまで通用するのか実証したい。
チャレンジだと感じています。おかげさまで自分を貫いて人としてこの立場で仕事を
することができるようになっています。人になるということは、自分自身に返ることでもあります。
そして、社会人より人の方が大きく稼ぎ、人類に対して大きな役割を提供することができます。
0章から始めてきて、4章で人になって行く。すべては自分自身を取り戻すためにすることです。
心では嘘をついている社会人なんて必要なく。そんな心と違うことをする人生に対して時間の無駄であり。
心臓の鼓動の瞬間も無駄です。人としてやるべくことをして、自分の人生を大切に歩んでほしいともいます。
ここに書いていることをすれば、必ず人生が自分の為に輝いてくる日が来ます。
20180105y-1.jpeg

2018年1月 5日(金)
作り手の想いは宿る。シックスセンスを信じる。

今、望月が書いている6冊目の書籍です。

作り手の想いは宿る。シックスセンスを信じる。

多くの事業を成功させてきて、目に見えないものまでも見えてきて、
展望の予測を大方、付けられるようになりました。
10分から30分ほど話せば3年間後が見える。
占いできると言えばそうですが、未来を占っても何も面白くもなく、
人生とは積み重ねでいつでも運命を変えられるものですので、
その積み重ねが3年後にどうなるのかを予測できるだけです。
それが、少し話しただけで結果がわかるだけです。
良い商品を扱っていて、この商品は伸びていく。
市場に出るはずだと確信するのですが、
どうも3年後に大きく伸びているイメージが付きませんでした。
体験した感じだと伸びている。しかし、なぜか輝いていない。
これは、目に見えない力の能力です。全部が通り光り輝くと売れるだけです。
そうなる為に何度もシュミレーションをして、光を通して繁栄する会社に導くだけですので、
最初の打ち合わせの方向性で成功できるのかが決まります。
この結果が如実に当たるから、成功しかしないホームページ制作ができるのです。
私のことを世間から見ると、超当たる占い師が、
事業を予測してその方向でホームページ制作までするのですから、そりゃー売れるよね。
なんてこの能力は卑怯なんだ。
と、自分でも想い能力を捨てようと考えましたが、
この能力は後天的なものでビジネスを一生懸命にやっていて、もっと深めようとして、
断食や瞑想をしていくうえで人本来の力が活性化しただけです。
誰に頼っているというわけではなく、私の能力を使っているだけです。
人本来にはシックスセンスがあります。物を買うときに、なぜか嫌な気がして買わなかった。
何か胸騒ぎがして行くの辞めたらその時事故があった。誰もが何度も体験をしているそのような能力です。

先ほどの会社さんの話ですが、なぜかうまくいかない光がとおらない商品となりました。
このままでは作れない。それはというと、どうも売れないようにしているものがあるからです。
と言って状況を説明すると、この状況で大真面目にお客様に説明しているのですから、
完全に宗教家のホームページ制作ですよね。しかし、お客様は妙に納得をしているのです。
よくよく話を聞いていくと、今まで10年間いつも良い所に行くと必ず売れなくなり、
その話がぽしゃるというのです。その良い所まで行き話が、没になるのでもう耐えきれなくなり、
ここに来れば成功するだろうと思ってきたというのです。
見えない力で見ても、見なくても現実ではこの10年で同じことが起きているのです。
だから、お客様に大真面目で話しても納得をしているのです。
商品がよくても、作り手の気持ちが悪ければ人の手には心地よくわたらない。
結局その商品はアトピーやがん患者など身体的に弱っている人に対しては売れるのですが、
健全な人には売れないのです。
それは、困っている人に対して向かって作っているからです。
製品は良いのですが、神仏を唱えながら作っていたりするので、怨念が付いていたりします。
その神にも仏にもすがりたい人が購入するのです。
製品は良いのですが、そういった人が好かれる波動が出ているのです。
だからこそ、健康な人が見ると、どうもその製品を持った時に、違和感を感じるのです。
なにか、霊感商法的な匂いがすると感じ取ってしまうのです。
この見えない力で、作り手を変えた時にこの商品を考えると繁栄していくのです。
怨念が製品宿り、困った人に対して、邪念を入れて自分は凄いというエゴを込めて作っているから、
持った時に気持ち悪さが出て、長く愛用される商品なのに、健全な人はリピートをせずに、
弱った人だけがリピートするようになります。
それは、毎日お守りを10個持ち歩いてご利益ご利益と言っているようなものです。
お守りで願いが叶うことはありません。願いが叶わないから、毎年買わなければいけないのです。

製品を心地よいと思ってもらえるのか、心地よくないと思うのかは、作り手の気持ちとなります。
それは、社長の気持ちとなります。私たちのデザインは正直とても素晴らしい純真なものです。
それは、作り手がただただお客様のことを思って作っているからです。
同じデザインをしても、伸びしろが違います。生きている感が違います。
これを嫌々創っていれば、同じデザインでも全く違う結果となります。

会社が伸びていくのは、製品を創る過程に大きな差が出ます。それは、見えない力の部分です。
その見えない力が、どこで左右するかというと、
人本来が持っている無意識なシックスセンスの部分となります。
創るときにシックスセンスで左右されて、買うときにも使うときにも左右される。
人が何となく心地よいと思う商品はこういうところに答えがありました。

繁栄する会社を運営して、なぜ同じデザインをしているのに、結果が違うのか。
なぜ創る人によって結果が大きく変わるのか。最初は分かりませんでした。
私のビジネスの読み違いかとも感じました。
しかし、そうではなく、創る過程が違い。商品に対する気持ちも違うことがわかりました。
なぜかヒットする商品とはそういう裏側があり、
人が作る商品とは人が心地よいと感覚的に分かる商品こそ、ヒットしていくと感じ。
繁栄していくと感じています。
だからこそ、気持ちの良い人は気持ちの良い会社を経営して、
気持ちの良いお客様と気持ちの良い商品を創っていると感じます。人の心を正しく変えることが、
多くの影響の結果となり最高に売れる。息の長い愛される商品となります。
やはり、商品には心が移るものだと感じます。
2018.01.04-n5.jpg

2018年1月 5日(金)
一生売るものがない状態こそ良い状態。

今書いている6冊目の書籍です。

一生売るものがない状態こそ良い状態。

お客様に売るものが無い。この状態になることが1つの企業としての段階だと思います。
この売るものが無い状態を何度も体験すればするほど、より良いものができてきます。
一度売ったらなかなか壊れないから儲けが少ない。
お客様にとって最高の物を提供しているということであり、
その状態こそが、お客様に迷惑をかけないものとなりお客様満足度の高い商品となります。
そういった商品を創らなければ、ビジネスを全うしているということにはならなく、
自分自身に妥協をしている。お客様に自分の技術力不足で迷惑をかけていることとなります。
そういった状態ですと、お金持ちにはなれません。
私のホームページ制作では5年間は賞味期限が切れないようにして、
さらに長い年月使っているお客様もいます。

また、毎月の費用も8950円と売れていながら負担にならない金額設定としております。
移り変わりの早いインターネットの世界では、何年間も売上げを上げるものを作り続けて
お客様には、負担がなく、お客様が楽に儲かるために作っているものですから、
5年間は基本的にホームページの手直しや追加修正をしなくても売れ続けるものを提供しております。
稼いだ分はそちらがお取りください。という精神です。
一度作ると5年間は収入がない状態となりますので、大変でした。
逆に、5年後以降には95%以上のお客様が依頼をして頂けるので、とても助かっております。

しかし、5年間で会社も成長しますし、向こう5年分の仕事も取らなければいけなく、
新規顧客を5年取り続ける苦労もありました。
賞味期限を3年に変えれば、3年後にキャッシュが入ってくるので楽なのですが、
それは私たちの都合となりますので、やはり長く使えるようなデザインをしなければいけないと考えます。
そうやって、長く使えるデザインをして、長持ちの良い効果の高いものを提供していくと、
新しくお客様に対してもっとできることを探していくこととなります。
そうすると、こんなサービスをお客様は求めているのではないのか。
見えないお客様の悩みが、サービスと変わることが多くありました。
本業に付随した商品開発ができるようになりました。

例えば、お客様のホームページを作り営業を強化したのですが、
社内が忙しくなり、社内の統率が悪くなることが多くありましたので、
社内に向けたホームページ制作や仕組みづくり。
社員への会社の良い所の普及で離職率の低下。
SEOやPPC広告やランディングページ(訴求力の高い一ページ)などなど、
会社の悩みを解決するようなサービスを生み出していきました。
そうこうすると、そのサービスをすべて最初からホームページ制作の項目に盛り込み、
さらに濃ゆい5年間のホームページを運営してもらえるようにしました。
ここでまた、売るものが無くなったり、さらに進化をさせていきました。

すると、お客様はどんどん効果が上がり喜んでくれるのです。
もう売るものが無い。と思えば思うほど、人の小さな悩みが浮き彫りになり、
心地よいサービスができるようになります。
売れるものが無いという状態こそが、一番お金持ちになれ、
その先を達成できると他の会社ではやっていないことが起き、そのサービスがまた普通になり、
当たり前が最高の状態になって行きます。
多展開をするのではなく、どんどんバージョンアップをすることで、次のお客様が喜ぶ回数も増えて、
既存のお客様が喜ぶ回数も増えていくのです。
そうなってくると、いつも成長をしなければいけない循環ができ、
成長をするだけお客様は喜んでくれて、お金を気持ちよく払ってくれて、
新規のお客様もそのクォリティに満足をしてより良いお客様の層が来てくれます。
一生売るものが無いなんて商売はないのです。
そこから、知恵を絞れば最高の利益を稼げるものが生まれていきます。
人は楽をしたい生き物であり、その楽を楽しめる生き物です。

2018.01.04-n3.jpg

2018年1月 5日(金)
自分を支えてくれる人には全力で返しておく。

今書いている6冊目の書籍です。

自分を支えてくれる人には全力で返しておく。

結局は近くにいる人が幸せになると自分も幸せになります。
近くの人が幸せにならなければ、自分も幸せになれません。
何十億と持った人がいたとします。その人は幸せでしょうか。
最近では仮想通貨のバブルで桁違いのお金持ちも増えました。
うらやましいなぁ。もっと早くに買っておけばよかった。と思う日がありました。

しかし、うらやましい生活ができているのかというと違うと考えました。
私は、お金も毎年入り、いくらばかりのお金もありますが、お金を使うことがあまりありません。
私自身が何十億と持っても使う事はできないと思います。
では、その人達と何が違うかというと、
豊かな仲間達(お客様や社員)と一緒に仕事ができていることが、人生で1番楽しい瞬間と思います。
お金を稼いでも、社員との仲が悪かったり、
お金儲けだけがうまくなっても、一向に社会的健康には近づきません。
5つの社会的健康をしっかりとバランスよく伸ばしていくことが人生では重要であり、
経済的健康だけを伸ばしても、満たされない人生が襲ってくるだけです。

社会的健康はお金で買えないことばかりです。
お金はある一定を超えると無意味な存在となります。
他人から見た顔にできたニキビくらいどうでも良い状態です。
まぁニキビは減った方がきれいなので、お金もあった方がよいですが。
それくらいのことであり、それ以上に社会的健康を過ごす上では、
犠牲にしてはいけないものが多いということです。
お金持ちになって周りの人から嫌われていたり、仲間が仕事での付き合いしかなければそれは寂しいものです。
信用でお金は創れますので、お金はいつでも稼ぐことができます。
一番最後になすればするほど、一番稼ぐことができます。
まわりの人がみんな幸せになってから、自分も幸せになるくらいでも、一番のお金持ちになれます。
お金持ちは結構簡単になれますが、そのお金持ちになる方法が他人を使ってお金持ちになるのか、
支えられてお金持ちになるのかは大きく違います。
一方は繁栄する会社となり、もう一方は落ちていく会社となります。
人という字は支えられて人となります。人は誰かに支えられている。
その支えてくれている人に対して、全力で返していくと、その人を支えることもできます。
支え合って進んでいくと相乗効果で幸せがお互いにめぐり込んできます。

人になった時に言うことは、お蔭さまの精神だと思います。
今日楽しかったのは誰々のおかげ様。この地位までこれたのはお客様のおかげ。
こんな文章が書けたのは社員のおかげ。自分のお蔭とは思いません。
それはなぜかというと、結果はついてきたのだから自分の手柄にしなくてよい。
手柄にしても、手柄にしなくてもその事実は変わらない。
その事実の恩恵を一番受けているのは、自分自身なのですから自分のお蔭とか思わなくてよいでしょう。
私はどこにいっても社長ということは隠して過ごします。
名刺も持っていないですが、名刺の肩書きは何も入っていません。ばれたくないんです。
低所得者からは、なぜ代表取締役とは言っていないのか。責任をとらないつもりだな。
と何度か言われましたが、
その都度に、あほですか?私の会社なのに、名刺に代表取締役と書かないくらいで責任をとらないって、
逆に聞きますが、名刺に書かないだけで責任をとらないことってできるのですか?
と聞くと黙ります。よくわからない持論は置いときましょう。すみません。

会社ができているのは、社員がいるからです。お客様がいるからです。
誰が偉いとかはなく、みんなが支えてくれているから社長ができているだけです。
私が社長という事実は変わりません。
その事実は揺るがないのだから、ここまで来れたのは社員のお蔭です。お客様のお蔭です。
私は何もしていません。社員が優秀なのです。時代がよかったおかげです。
運がよかったおかげです。有り難いことに会社はまだ伸びています。
事実は変わらないのですから、おかげさまでよいではないでしょうか。
謙虚になればなるほど、お金持ちになるのですから、
手柄はどんどん相手に放出して、事実上の徳をもらえば良いだけです。
誰も傷つかずに一緒に事が進めます。
おかげです。おかげです。と言っていれば、そうは言いますが、社長のお蔭です。
といつか必ず返ってきます。
そうですよ。私が頑張ったから今があるのです。
しかし、あなた達も頑張ったから今のこの会社があるのです。
同じことですよ。といえば、胸中の認識になりお互いが尊重し合える結果となります。

一緒に働いている人に対してもお客様に対しても、身近な人に対しても、
知り合ったのなら一生付き合う気持ちで全力で返していきましょう。
必ず面白いことが起きてきて、社会的健康の一つが大きくクリアされていきます。
大きくクリアされると2つか3つくらいクリアされることも増えてきます。
2018.01.04-n2.jpg

2018年1月 5日(金)
ストレスのない会社こそ正しい道を歩ける

今、書いている6作目の書籍です。

ストレスのない会社こそ正しい道を歩ける。

人はストレスにやられてしまうと大きな活躍をすることができません。
社員やご自身のストレスの軽減方法を模索するのも確かですが、
仕事上でストレスを感じさせないように、ストレスを感じる人の分散をすることが重要です。
1人の人にストレスが偏ることはとても良くないことです。
そこから、悪い流れが出てしまいます。その悪い流れを放置しておくと、誰かが辞めたり、
ストレスでその人が辞めることになり、遅かれ早かれ何か問題が起きます。
私がいつも想うことは、今日起きても5年後に起きても同じことということです。
時間稼ぎをしても意味もなく、5年後に倒産するのであれば、今日倒産することと同じである。
リスクがあっても、結局は乗り越えないといけないものがあれば先に実行していないと、
長い時間の分だけその人生は無意味なものとなる。
ストレスがかかっている社員を放置しておくと、悪い影響を他の社員に出してしまいます。
そのまま放置で、結局は自然解消というものはなく、
物理的な仕組みを入れなければ解消されることはありません。
ストレスを軽減しなければ、結局その社員は辞めて、
他の人にそのストレスがそのまま移行するだけです。
移行して第二の犠牲者を出すくらいなら、先に実行して食い止めた方が楽な選択肢となります。
結局はその人が辞めた時に、問題が勃発してルールが制定されるのですから、
ストレスを抱えている社員はもう明日から来ない。
明日から1か月有給消化。
社員が辞めるのは自由なので、どうせこの社員が明日から来ません。と言えばそれまでなので、
経営者はそういったドライな考え方で、今日やっても先延ばしにやっても
同じと想い様々なことを実行してほしいと思います。
このようにして、いつやっても同じ考えでストレスの軽減を幾多もチャレンジしていくと、
仕事に対して好きという感情が芽生えてきます。
正しい仕事を正しい仕事でお客様に返す。社員はこれを全うすることしか考えなくなります。
自分が給料をもらうのは、お客様にもらっているという認識が強まります。
ストレートにそれを感じるようになり、そのお客様への想いが強くなればなるほど、
迷惑をかけないと思うようになり、迷惑がかかると、
自分の今の豊かで楽なポジションがなくなるという恐怖や不安も隣り合わせに持たせることができます。
いつも背水の陣となりますが、繁栄して伸びていく会社とは、
いつも真剣勝負であり、いつでも最良の選択ができる状態にしておかなければいけません。

いつも仕事を一生懸命に人に迷惑をかけずに、無駄な愛を注がずに、
純真に愛を注ぐだけ、自分の道にも純真に愛が返ってくる。
まがった愛ではないからこそ、横から取られる愛ではないからこそ、
自分にやっただけ成果や喜びが返ってきます。
正しい道こそ、正しい愛が返ってくる。そして、心に響く愛のある道をたどることができます。
13019.jpg
 

2018年1月 5日(金)
お金に縛られないとお客様には愛しか与えられない

今、書いている6作目の書籍です。

お金に縛られないとお客様には愛しか与えられない。

お金を稼ぐというのは信用をお金に変えるということです。
商品を提供するのも、信用をお客様が購入する行為だと感じます。
中国製品より日本製品。信用を購入した分だけ高い価格が付いているのです。
人件費も中国人より、日本人の方が正確であるという部分で賃金の差があるのかもしれません。

信用を創るとその信用がお客様を呼び、仕事が入ってくるのでお金に困らなくなります。
この書籍も6作目となりましたが、
多くの会社が繁栄する会社になって楽な生活をしてほしい。と願うことで書いておりますが、
もしかしたら私を信用してほしいということで書いているのかもしれません。
信用がたくさんできると仕事が途切れなく入ってきますので、
お金に困ることがなくなっていきます。
お金とは何が怖いのかというと、来月お金が入ってくるのかどうか。という恐怖が怖いのです。
人件費払えるかな。来月は赤字にならないのかな。
そういう恐怖がお客様を不幸にして、自分も不幸にしていきます。
政府が全国民に毎月20万円ずつ支払う。
ベーシックインカム制度を導入するとこういう恐怖が消えると思うのですが、
別の問題が浮上してくるのでそれはまた問題です。
お金も必要ですが、人を信じる力も重要です。
餓鬼にお金を渡しても、もっとくれというだけなので、
結局は資本主義社会の経済で頭のいいやつがお金持ちになるだけです。
政府が配ったものを頭のいい人が集めて、それを餓鬼に貸して金利でさらに格差が広がるだけです。
人間社会はいつまで経ってもこの格差があるので、お金持ちは楽だなと感じます。
永久的にお金持ちです。そんな愚かな人になってもらいたくないので、
この書籍を書いているのもあります。
人を信じてお金に縛られないと後は何をするのかというと、人でいるために、
人に対して愛しか与えることができなくなります。
そうしないと、自分が成長しないので暇になります。
人間は成長をする動物であり、成長をしないといけない性質なのです。
成長に喜びを感じ、達成感と生きがいを感じるのです。

人に愛しか与えられなくなるとどうなりますかね。ただ単純にお金持ちになるだけです。
だから、お金持ちはさらにお金持ちになるのです。
愛を与えない人は貧乏に拍車がかかるのです。貧乏人もお金持ちも誰もが、
愛しか与えない人のことが好きですよね。
好きな人の所にお金が集まるのですから仕方がないです。
貧乏から脱出するためには、人と付き合うことです。
その人という存在が、お客様も人となり。毎日8時間以上一緒に居る社員も
人となった時にはお金持ちになるしかなく。
付き合う人の誰もがお金持ちになるだけです。やはり人とは凄い存在だと感じます。

損をして愛しか与えないような人生は結果的に幸せにしかなれないことです。
愛を与えた分だけ愛が人生の後半からどんどん複利で金利が付いて帰ってきます。
その満期までは、我慢して損をしてください。
いきなり、ビコーン。ビコーン。ビコーン。ビコーン。フィーバーです。
というような状態が訪れます。それはいつ来るのかわかりませんが、
必ず愛を与える人生をしだした瞬間から数えて、人生の半分を過ぎると幸せがのしかかってきます。
人はやはり色々なことを見ているものです。
その、満期になることを早めたり、複利をたくさんつけて見返りが欲しい時は、
相手に今までの頑張りをそれとなく教えていなければいけません。
頑張ってきたことと、相手に伝えるとことは二人三脚で進んでいかないとバランスが悪くなります。
片方の頑張りだけが、前に行くと又が割けてしまいます。
進んだ分だけ片方の外に出す力も一緒に前に進まないと損をします。
そういったことをするのには、ホームページというものが一番適していると私は感じます。
複利で受け取る金利を多くするためにも、
お客様にはそれとなく今までの愛を伝えるようなホームページを持ってほしいと思います。
苦労を伝えるホームページを持つことはやめてください。
この方法は、ただの同情となり、繁栄しません。
愛のある行動を分かってもらえると自ずと相手のシックスセンスに響いて
豊かな複利と金利をもらえる人生が歩めるようになっています。
いきなり、満期は来ます。
13020.jpg

2018年1月 5日(金)
意識さえ認識が合えば崩れない

今、望月が書いている6作目の書籍です。

意識さえ認識が合えば崩れない

各々が人として行動をしていくと、会社組織として独立国家が生まれてきます。
どういう独立国家と言いますと会社の中が聖地と化してきます。
社内は居心地が良くて、Fとしての強さが生まれてきて、
Fとしてはだれ一人欠けてはいけないワンネスの存在となります。
全体で1つの感覚です。
誰かが汚れても、大きな雲の塊のような集合体で戻れば浄化してくれる。
そういった意識の統一が生まれていきます。
その中には、わざわざ聖地を汚すような人はいなく、
常にきれいな存在でいようとする組織です。
全員で一つの会社だからこそ、この中の誰一人辞めさせたくないので、
誰にも迷惑をかけないように仕事をして欲しいと言います。
社員自体も誰1人として辞めてほしくないので、
人としてずっと付き合いたいのでそういう気持ちになります。
そんな人だけが集まった空間だと、無意識のうちに意識があっていきます。
会社のルールの上で、そういった組織になっているので、常識とか関係なく、
Fでずっと居られる為にルールを進化して守るようになっていきます。
守るというか、憲法や法律になり、それが自然となり調和されて、
その中でどうやってもっと活躍しようかと考えるようになります。
これが、私が思う日本という国がなくなっても、このメンバーとなら、
どこでもやっていけると思う所以です。
ルールは会社の中にあり、日本に属していないのです。
意識が合えば、自ずと同じ方向を全員が向きます。
弊社ではよく同じ方向に向かって一生懸命に走っていますねと言われますが、
走ってもいなく。歩いているスピードが速いだけであり、
その方向を向いているのは、人としてあるべき姿を常に目指しているからです。
人が集まっているので、人としての道を目指せば同じ方向を向きます。
これを、社会人の多い会社に伝えると宗教と言われます。
望月の宗教色が強い会社と言われました。今考えると、人になりたかった。
人として自由に仕事をしたかったのですから、おかしいと思われても仕方がなく。
社会人に対して、人として働けと言っていたのですから、
宗教と思われても仕方がありません。
4章だから言えることですが、0章から3章にいる。奴隷や社会人や
人間や王様が聞くとおかしく聞こえると思います。
人になった人が聞くと、そんな当たり前のことをなぜ、堂々と書いているのか。
と言われるくらい当たり前のことです。
欲望ではなく、仕事とは人の為に人がすることです。
この簡単な理論を理解できれば簡単に認識が合います。
何度も言いますが、人と付き合えれば、あなた本来の人を出すことができます。
まずは、人を育てることも重要ですが、人になることも重要です。
13021.jpg

2018年1月 5日(金)
自然界の法則を凌駕できるとき。

今、望月が書いている6作目の書籍です。

自然界の法則を凌駕できるとき。

蜂には働き蜂と働かない蜂がいて、2対6対2の割合でよく働く蜂が20%、普通に働く蜂が60%、
働きが悪い蜂が20%の割合となっております。単純に働く蜂が8割。
働かない蜂が2割のパレートの法則で自然界は成り立っています。
どの企業にも当てはまる2割の働かない人たちです。自然界の法則なので、
仕方がない事だと思っていたのですが、繁栄する会社になると全員(10割)がよく働く蜂になります。
働かない人は性格が悪いだけなので、性格がよくなり働いてくれます。
働いた方が、自分自身がどんどん楽になり、人に近づいて尊い存在になるからです。
落ちこぼれができてもサポートして乗り越えていくので、自発的に感謝をして働く蜂になります。
人として自由な意思をもって働いているので、良く働く蜂になるのです。
良く働かせているのではなく、良く働くので辞める人もいなくなります。自発的に自分の意思をもって、
人として楽になる方法で自分の為に働くという損得勘定も入れているので、働かない蜂は無意味なことであり、
自分が傷つくことを知っているので、働いてくれます。また、普通に働くと働かされている。
という自分に落ちるのも経験しているから、どうせ働くなら、自発的に働いている方が楽しいから、
指図されるのが人間本来嫌いな動物なので、指図されて怒られるのも嫌なので、
自由に働く方をとれるようにしております。繁栄する企業とはすべて自分の意思で物事が決められて、
自分が責任をとらなければいけない世界です。しかし、失敗しても良いのです。
みんなでサポートすればよいだけであり、その失敗は他の誰かがいずれ失敗する出来事であり、
その人がたまたましただけです。なぜ失敗したのかは、会社が未熟であり、
そこにルールや規則がなかったからです。失敗して規則やルールができれば、2度と同じ過ちが起きなく、
抑制できるのでとても小さな被害で済んで良かった。今までにもしかしたら、
こういう失敗が自然と起きていて、お客様はかすかにでも、不安や不信感を頂いていたかもしれません。
そういった不安や不信感が今回の失敗を通したルール設定で消えるのであれば、安い失敗だと感じます。

人は神です。神は自然界のルールを無視することができます。
人間という動物のままだと自然界のルールを凌駕することはできません。しかし、神はルールを創る側です。
自然界を超越できる存在になれば、ビジネスの常識を覆すことができます。
やはり、人の存在とはとても尊い存在だと感じます。
S__4710408.jpg

2018年1月 5日(金)
会社から出たら会社のメールを見ない。電話も出ない。

今、望月が書いている6作目の書籍です。

会社から出たら会社のメールを見ない。電話も出ない。

さて、これはまた難しい内容が来ました。これに気が付くのに10年ほどかかりました。
人として生きているのか、社会人として生きているのか。お金の奴隷になっているのか。
私のこの文章の書き方で多くの人が幸せな時間を人生で多くとれるのか決まってくる大切な項目と考えます。
文章書くだけで、人の人生の幸せを創れるのですから気合が入りますね。
まず、仕事とはどういったものでしょうかあなたが思う仕事とは。お金を稼ぎ。人に貢献して。
自分が楽になる事。という概念で間違ってはいないと思います。4章の項目まで来ている人であれば、
人を裏切らずに、迷惑をかけない事というのも取り入れられると思います。
そして、仕事というものは、オンタイムで終わらせることが重要です。
オンタイム以外も仕事をして、多くのお金を稼いだところでそれはただの凡人です。
社会人としてのルールを破り稼いでいるのですから、稼げて当然です。そんなダサいことをしていては、
面白くもなく人生を無駄にしています。私は土日祝日休みで、土日祝日にお客様と会うことや、
飲み会などは創業してから1回もなかったといっても良いです。仕事はすべて平日で行っていました。
今でも土日に誘われても休みなのでビジネスは平日にお願いします。と断ります。
社外的なことはそうなのですが、ホームページとは24時間365日休まずに、
インターネット上に公開をされていますので、メールでの問い合わせは何時も来ます。
このメールをスマホに転送して、1日に何度も起きている時間は、1時間に1回必ず見ていました。
朝起きて。寝る前にも。夜中起きても会社のメールを見る。気になって仕方がありませんでした。
そういう生活を10年ほどさせて頂き、やっと気が付きました。今見ても明日見ても大して変わらない。

会社にお問合せのメールが来るとうれしいです。
仕掛けた罠に魚がかかっている状態を体験できるので、嬉しいです。
その為にビジネスをしているのですから、そういうことを生きがいにしているのですから楽しいです。
しかし、人生で大切なことはビジネスとの両立です。仕事ばかりしていても、本当に楽しい人生は歩めません。
夜しっかりと寝る。会社を出たら会社のことを考えない。身体や脳に掛かるストレスを、
仕事が終わった時に解除できる体になっていなければ作業効率も発想もかなり落ちます。
仕事のことを1日16時間考えて、強引に酒を飲み、脳を麻痺させて寝て、
夜中に酒が切れて仕事のことを考えて睡眠する日々。
 
一方は会社を出たら仕事のことを忘れて、楽しいことをして自由に生活をして心配せずに睡眠寝る日々。
脳の回復とストレスの回復状態はどちらが上だと思いますでしょうか。後者の方が確実に上です。
脳の考える力が100%から10%まで復活して考えることと、
脳の考える力が100%から60%に回復して考える力はどちらが良いことを考えられるでしょうか。
ずっと考えていた方が良いアイデアがあるというのは、キツイ人の考え方です。
脳をスッキリさせた方が遥かに良いアイデアが生まれます。
忙しいビジネスマンで考え事の多い人がお金持ちそうでしょうか。ゆったりと考えている人の方が、
豊かな発想を生み出せると思いませんでしょうか。会社のことを考えないようにするには、
色々なことを排除していかなければいけません。
社員(仲間)を信じる力。土日や営業終わりにくるお客様に対して、
その都度にオンタイムにメールを送ってください。土日に送るのでしたら、
金曜日に送ってくれれば対処できます。結局対処できないので、月曜日に送ってください。
携帯に電話かかる人には、会社で働いている社員に電話をしてください。
会社や社員にメールをしてから、私にアポを取ってください。社員の方がゆっくりと話を聞いてくれて、
しっかりと私に報告をくれますので、提案もじっくりと考えて提案できます。
お客様の為になりますので、正しい手続きで私に連絡をお願いします。
というと、みなさん分かってくれるようになります。

あとは、自分の断捨離の心だけです。家に帰ってでもスマホで会社のメールを見ることができます。
それは、もう受信しないでください。
会社で見ても、会社外でいつでも見ても結局は一緒のことだと理解してください。
緊急事態なんて起こりません。素早い対応をして喜ぶのは、年収の低い人たちだけです。
素早い対応ではなく、的確な対応を的確な提案をお客様は待っています。
そもそも、年収の高い人は相手のことを考えて、緊急の連絡とか、非常識な時間でしてきません。
ましてや、メールのタイトルに緊急とかつけてきません。
この緊急とか土日にメールが来る人というのは、辛い会社様が多いです。
付き合わなくても大丈夫と思う会社様が多いです。しかし、それは自分がそういったことをしないでください。
と言っていない状態で送ってくるのは、無知なだけで全然大丈夫です。
しかし、伝えているのに自分の都合でメールをしてくる。
FACEBOOKやLINEでプライベートの時間をつぶしてくる。
そういう人とは付き合わなくてよいと思います。自分の成長に伴い、離れていく人種だと感じています。
 
会社を出たら会社のことを気にしないようにすることは、人となった今だからこそ、
とてもビジネスをするうえで伸びていくこととなります。社会人の時はしなければいけないと思います。
しかし、人となった時は人とビジネスをするので必要ありません。
自分の今までの行動を変えることなので、大変ですが、それはもっと脳がすっきりとして、
最高の提案とアイデアがお客様の為に湧く為には必要なことです。
大切なお客様に大切な提案をするためにこそ、ビジネスで最高の結果を出すために、
座禅や悟りやマインドフルネスをする前に、そんな心を鍛える前に、
スマホやお客様への理解などの外的要因と社員の成長の内的要因をすべて綺麗にしてください。
そうすれば、自ずと楽に仕事が終わると仕事のことを考えないようにできます。
仕事をしているときでさえ、仕事のことを考えないで良い状態となり、そんなスッキリとした頭で、
仕事のことを考えるからこそ、私が物を実行するときは100%に近い数字で成功をします。
短絡的に原因を追究してスマホをもう見ないぞ。と決めても見てしまいます。
仕事のことを考えないぞと思えば思うほど、考えてしまうのが人です。だからこそ、目標を達成する時ほど、
その周りのことを綺麗にして行けば行くほど人としての癖がなくなっていきます。
すべての原因は直接的原因ではなく、要因から生まれます。
S__4710407.jpg

2018年1月 5日(金)
仲間としての助け合い。愚痴の一切ない会社。

今、望月が書いている6作目の書籍です。

仲間としての助け合い。愚痴の一切ない会社。

全ては自分の為に人を助ける。なぜ仲間を助けなければいけないのか。
相手が心地よいと思うことをすると、自分自身にも心地よい空間が出来てきます。
相手が居心地悪いと思うと、自分自身も居心地が悪い空間ができてきます。人は鏡の法則で生きています。
相手が思うことは、自分も思う。自分が思うことは、相手も思っているということです。
この法則を利用していくと、社員(仲間・人)が困っているときに助けてあげると、
必ず自分が困っているときには2倍以上の親切さで返ってきます。困っている社員がいて、
助けない場合は私がその社員を道徳的に投げかけます。
その

2018年1月 5日(金)
次期社長候補は勝手に何人もできる。

今、望月が書いている6作目の書籍です。

次期社長候補は勝手に何人もできる。

さて、社員を人として扱っていくと気が付いたら、
社長の代わりができる人が4人も勝手にできていました。
それも、個性の強い社長が得意としていた部分が、社員のやり方に変わりマイルドになる、
お客様の受けがよくなり、仕事がさらに確率高く取れるようになりました。
人として扱うと当然ですが、尊い存在ですので、私にはできないことができる神が生まれます。
神対神の仕事となりますので、色々と自分で考えた結果を報告してくれるようになります。
私も相手が人だからこそ、意見を聞くようになり、自由と権利を与えていきました。
すると、各々が得意な分野をさらに伸ばしていき、基礎ができている人が応用で
どんどん市化する状態となって行きました。

奴隷から社会人に、そして人間にしているから基礎はマニュアルができております。
基礎ができた状態での人になると、応用しかありません。人として何をするのかというだけです。
この状態になるとそれは強くて、私の能力を遥かに越していきます。
社長は基礎を教えるだけで、後は人を育てるだけで会社は良いのだと気が付いた時でもあります。
創業者の仕事は生い茂った草木が生える場所で、人が通れる道を創ることが
創業者の仕事だと感じています。その道を創ったのならば、誰もが通れるようにして地固めして、
平坦な道にしてあげる。そうすると、離職率が減り、仕事の効率が上がる。

これをせずに、道ばかりを創ると経営者も社員も死ぬほど苦労します。
多くの中小企業はそれしかしません。だから後継者が育たないのです。
道ができれば、その道を幼稚園児まで歩けるように創ってあげると、
どんな人でも仕事ができるようになります。これが創業者の仕事だと思います。
そこからは、社員たちがその道を通り、基礎を身に着けてその道を深く強固にしていく。
刈り取る社員が前を走り、経営者はそこちょっと右。その先は崖がありそうだから、左に少し。
いえ、社長あの崖は私たちにとっての最大の宝となります。このまま進みましょう。
なんて話をしながら、航海士が何人もいる状態で道を創ることができるようになります。

社員が基礎を身に着けて、人に進化すると社長になる。創業者の役目は大きく減ります。
あとは、守りながら進められる社長に交代するべきです。
攻めしか知らない社長は創業から数年で十分なのです。

そうこうしているうちに4人の社長候補ができた時には、4倍ものスピードで
会社の中がきれいになりました。進捗を管理する社長。お客様のお見積りをする社長。
デザインのチェックができる社長。お客様に対して提案をする社長。
全部大切な部分の城を私と同じ考えの基礎をもって、社長が守ってくれているのです。

こんなにすごいことはないですよ。どこも独自のセンスで伸ばしてくれているのです。
そして、4人が支え合って次の会社のことを一緒に相談しているのです。
私が知らないで決定することが多くあり、
後で聞くと社長に聞くまでの事ではなかったので聞きませんでした。というだけです。
素晴らしすぎる。そして、聞かないといけない時には、
4人で話して意見が割れた時なので私にしっかりと聞いてくれるようになっています。
とにかく、人に対して基礎を教えると伸び率が社長本人を越していきます。
私自身も迷ったときは、社内の社長に聞いてどうすればよいのか、
判断を仰ぎその内容を鵜呑みにすることばかりです。

当然ですが、社長が1人より2人になる方が、利益は上がりますよね。
あなたが2人欲しいと願ったときはないでしょうか。
その状態より、レベルの高い人が4人できるのですから、稼がないわけがありません。
1つ書いていて思うのは、こんなに会社があり、それぞれの社長がそこそこ稼いでいるのに、
なぜ社員だったら稼げないのでしょうか。

日本には会社が個人事業も入れると600万社ほどあるようです。
600万社の社長がまぁ稼いでいます。社長ですよ。起業した社長ですよ。
一番我慢ができなくて、社員ができなくて、人として駄目な社長ですよ。
日本には600万人は社長がいるということです。
社長になると稼ぐのに、社員になると稼がない。どこかの企業の社員より、
儲かっていない会社の素行の悪い知恵不足な社長の方が稼いでいることは多くあります。

そんな社長でさえ稼げるのに、なぜ御社にいる社員は稼げないのでしょうか。
ただ単純に社員の使い方が悪いからです。人を使うのが下手だからです。
人を使う素質がないのであれば、社長をする権利はありません。
人を不幸にする権利を振りかざしているだけです。

世間には優秀な人なんていないですよ。私の会社には落ちこぼれしか入ってきませんよ。
どの企業でも別に使えない人が入ってくるだけです。
それはなぜかというと、全職では、そこの上司や社長が育てることができなかったからです。
ただ単に、育てられなかっただけです。
私のところに入ってくれば育てられるので、社長以上に稼げるだけです。
ダイヤの原石を磨かずに使っているだけです。優秀な人材なんていませんよ。
優秀な人材を育てる会社とそれを活かせる会社があるだけです。
優秀な人材がいても、意見が通る環境がなければ、その人の優秀さは発揮できません。
人になることができません。

このことからわかるのは、今いる社員を人に変えた方がとにかく成長が早いということです。
その原因は、社長がブレーキを踏んでいるだけです。
とにかくもったいない企業が多くあり、人を殺している企業ばかりです。

人は輝ける場所にいくと、誰もが輝ける状態となります。
だって、それは日本の600万社の社長を見ればわかるでしょう。
大したことない人が、大したことのある人になる。ただ人になっているだけです。

20180104_syacho.jpg

2018年1月 5日(金)
2000万円の退職金について

今、望月が書いている6作目の書籍です。

2000万円の退職金について

会社を経営していて、退職金に対してどうするか考えることがありませんでしょうか。
大手企業を30年間務めると退職金は2000万円。
そんなお金があれば老後の生活は楽ができて、サラリーマンも幸せでしょう。
中小企業に勤めて30年間働き退職の時に2000万円の退職金が出るでしょうか。

もし退職者が2人いれば4000万円。
毎年退職者が1人出たとして、毎年2000万円が消えていく。
私の会社は16人で年齢がみんな近いです。
このまま辞めずに60歳まで行くと退職金の用意をしていなければ難しいです。
2000万円を払うとすると、退職金の積み立ては30年間で換算すると、年間66万円。
月間で5.5万円の積み立てです。このお積み立てる金には税金がかかりますので、
実際の数字ではもう少し多く現金を残さなければ悪い場合もあります。
給料も払っているのに、さらに5.5万のプラスの金額です。それも1人の社員に対してです。
16人いたら毎月88万円です。何じゃこの数字は。

退職金をどうやって捻出するのか、みんな企業はどうやっているのか。
不安で仕方がありませんでした。社員も不安ですよね。老後の生活はどうすればよいのか。
そう思うに決まっています。そこで私は考えました。
退職金に関して2000万を払う方法です。

それはやめる1年前に、社長をその人にやってもらうことにしました。
社長をしてくれれば、私の給料をすべて渡すことができます。
1年働くだけで、大手企業の退職金の倍くらいのお金はもらえるでしょう。
もっと欲しければ2年すればよい。同期が多い場合は、一緒に社長を何年かすればよい。
私の仕事がなくなるのですから、社員はもらう対価があります。

今でも社長の仕事は、ほとんどありません。いつでも交代できるのに、交代させてくれません。
私自身は十分稼がせてもらったので、もう必要ないのです。

この退職金制度を社員に話したらそれは良いですね。と喜んでくれました。
これで一安心です。人として当たり前のことを考えていくと、自ずと答えが出てくるものです。
社長交代と退職金制度については、大きな課題でしたが簡単に解決できました。
 
20180104_2000.jpg

2018年1月 5日(金)
人間から人へ

今、望月が書いている6作目の書籍です。

人間から人へ

神は居ると思いますでしょうか。先日面白い人と出会いました。
狭い世界で生きる人だと感じた人です。とはいえ、1000万円以上の年収をもらっている。
世間ではギリギリ成功している人の話です。
この世のエネルギーは宇宙から出ており、1つ1つに命があり、その中に仏がいる。という話です。
どんなところにも、仏がいるんだ。その生命をつないでいくと多くの物が見えてくる。
それをつなぐものが、水である。水が元気になれば多くの物が元気になる。
水には情報が入っている。それを生命に与えれば、命が生き返る。
その命の中全てに仏がいるということを言うのです。
いやいや、それ仏教の話でしょ。仏は居ませんって。いや違う。仏教の話ではない。
大いなる宇宙の法則の話である。という押し問答で喧嘩をしました。
まぁ、宗教的な話は喧嘩になり、どちらが正しいのかわからないので、
論ずるつもりはありませんが、私はそこをすべて体験しているからこそ、
真っ向勝負から論破することができます。とにかく、知識と経験量では負けない自信があります。

まず、どこにでも仏がいるという話はよく聞く話で、死んだ人のことを仏さんって呼ぶし、
お前の心の中の仏さんに聞いてみろ。どんな心にも善意の心がある。その仏心を出してみろ。
という話は、良く小さいころから聞かされるのではないでしょうか。
また、刑事ドラマなどでもよく見るのではないでしょうか。
日本は仏教と慣れ親しんでいるのですが、無宗教な国ですが、
仏教の話がどうも最高に感じるようです。座禅や悟り。
どちらも必要なく、とにかくネガティブになります。仏教はネガティブです。
それはなぜかと言いますと、仏がいるのではなく、そこに人がいるのです。
人になっていない人が言うと、そこには餓鬼がいますので、最悪です。
餓鬼から社会人になり、そして人間になり、次に人になり、最後は神となり、完全体となる。
この流れを理解しなければいけません。

餓鬼の心の中には、仏様がいるので、仏教でも習って人間になってほしいともいます。
その中での教えは良いと思います。
しかし、このままいくといつまで経ってもどこへ行っても、
仏がいるということになりますので、仏教から抜けることができません。
宇宙の始まり、ビックバンが起こってといっても、仏教から始まっていれば
最後の出口は仏さんがという話になります。菩薩が最後の砦となってしまいます。
菩薩を超えられない考え方になってしまいます。
これを何というのかやっとわかりました。
いつまで経っても、お釈迦様の手のひらで踊らされている。そういうことですよね。
どこに行っても仏があるということは、仏教の世界から出ていないのです。
お釈迦様の手のひらをずっと歩いているのです。仏がいる。はい!行き止まり。
反対方向に行って仏がいる。宇宙にも大気にも。草にも花にも仏が宿る。
この考え方は非常に綺麗なのですよ。私も凄くハマったからよくわかります。
居心地が良いのです。しかし、色即是空、空即是色、諸行無常。
一切は空である。この世は苦行である。とネガティブになるだけなのです。

こんなネガティブなことを教えるから、自殺者が増える。人生は楽しいのです。
この世は天国なのです。それを知らせないように、仏教は蓋をしています。
人になった時の感覚を教えておきます。それは、私の中には私がいます。
人の中には人がいるのです。人を超えることはできません。人自体が神です。
人は尊い存在で誰からも侵されない存在です。この概念を理解できると、花があります。
そこには綺麗な花がただあるだけです。
ただの綺麗な花を尊重してみると、あぁ花は綺麗だな。やっぱり花はいいな。
花を大切にしよう。一緒に共存していこう。という考え方になり、
すべてに対して侵せない領域だと理解して、愛があふれてきます。

私の中には私がいる。私はいつも望月聡を感じています。
世間が思う俗にいう神でもなく仏でもなく自分自身の人という存在です。
その中の自分は誰にも左右されない。侵されない存在である神である。
この考え方ができると、相手の中には、その人がいることとなり、尊い存在となります。
生まれてきて、ここに一緒に居るんだな。ありがたいな。人(神)として尊い存在にしよう。
この考え方になると、お釈迦様の小さな掌の上なんて話はなくなります。
人の世界となります。まぁいうなれば、神々の世界となります。
どちらが、人生を謳歌できますでしょうか。私たちは人なのです。
人=完全体=神なのです。その存在自体が、かけがえのない物なのです。

このことに気が付けていない人がいます。
人になれば、多くの幸せを勝手に手にすることができます。
生き詰まった考え方をしなくてよくなります。
神として生きると、世界は一切は空でしょうか。何も実体はない物でしょうか。
自身が神となれば、願うものは何でも手に入る身体になります。
神と神が出合えば、とても凄い物ができて、それは楽しい生活があります。

私たちの会社の社員は全員が人です。人になれない人は会社を辞めてもらっています。
全員なれるように仕組み作りができていますので、
全員が純真な人になれるようになっています。
そういう尊い人(神々)と仕事ができる環境だととにかく毎日が楽しくて仕方がありません。
人生を抑えられていたものが飛び、いつも自由に人としての行動をすることができます。

私はビジネスをしていません。ビジネスマンのくせに態度が悪いと言われますが、
だから、ビジネスをしていないのです。あなたは社会人。
私は人間より上の、人です。人として仕事をしているだけです。

4章ではお金に頭を下げないことが多く出てきます。
人間から人へ進化して伸びていきましょう。


20180104_ningen.jpg

2018年1月 4日(木)
挑戦せずに苦手と決めつけるのはもったいない

こんにちは!ホームページ制作Fの薬師寺です。

少し出遅れましたが、あけましておめでとうございます。
今年も何卒、よろしくお願いいたします。

薬師寺家はなぜか、初詣に行こうとする人がおらず私もあまり行ったことが
ないのですが、今年は行ってきました。宇佐神宮。

小学生から仲の良い友人といったのですが、普段は沖縄に住んでいて
車がないので私の運転で行ってきました。
初めてあんなに長距離運転したかもしれません・・・

行きは下道で行ったのですが、帰りはすごく混んでそう・・・な予感がしたので
高速道路を通って帰りました。高速道路は免許を取って2度目でした!

実は今年の目標を「高速道路に慣れる」にしようとしていたのですが、
なんか怖い・・・無理・・・と思い躊躇ってしまっていました。
まさかこんな形で高速道路を運転すると思ってませんでしたが、
運転してみると意外と余裕で安全運転で帰ってこれました!!!

この調子で少しずつ慣らしていって、今年中には鳥栖まで運転したいです。

やらずに苦手と決めつけてしまうのはすごくもったいないなあと感じた年末年始でした。
一緒に行った友人とは幼い頃からの仲なだけあり、すごく居心地のいいドライブでした。

20180104.jpeg
いつもブログに載せる写真が愛犬か甥っ子しかパターンが
ないのでは・・?と自分の中で不安になったのでたまには違う写真を載せます。

いつも一緒にサッカー観戦をする大切な小さい友だちです。
5年くらい前の知り合った頃は「大きくなったらまゆちゃんと結婚する~!」と
言ってくれていたのに最近いってくれくなりました。寂しい。

選手の契約更新のお知らせも待ち遠しいですが、Jリーグ開幕がもっと待ち遠しい。
開幕まで待てそうにないのでが開幕前のキャンプを見に、今年も鹿児島に行こうと思います。

年始早々、いろんなことがありましたが重くなり過ぎないよう・・・と考えながら
かいた結果、仕事に全く関係のないブログですみません。

2018年1月 3日(水)
今年もよろしくお願いします

こんにちは、ホームページ制作Fの成松です。
あっという間に2018年になってしまいました。

なかぞのもブログに書いていましたが、Fは1日1日で見ると、
とても時間が長く感じるのですが、
1ヶ月・1年間単位で見ると、あったのかな?と思うほどにいつの間にか時間が経っています。
毎日密度の濃い時間を過ごせていると思うのですが、過ぎていく時間の早さに焦ります。

昨年は、技術的なところというよりは、
気持ち的な面で大きく成長できたのではないかと思います。
昨年までは、新入社員でまだ右も左もわからない状態の中で、
周りの人と比べては、自分は何もできていない、何をしてもダメだと思っていました。
ただ自分が今持っている案件は終わらせないと。次の人が定着するまではいさせてもらおう。
という感覚が常にうっすらとありました。

今年に入ってからは、自分を見直す機会も頂いて、少しずつキャパも増えていき、
周りのことが前よりずっと見えるようになったと思います。
そして大きな視野で見ていくと、
あれ、そんなにダメじゃなかった気がする。と思えてきました。
作業の抜けが多い、というのはあったのですが、(徐々に直していきます)
しっかり対応していたな、ということもあり、
今1年前のデザインを見ても、このデザインすごくいい...。と思うこともあり、
必死過ぎて見えていなかったことに気づけた、そんな年になりました。
リラックスもできるようになってきて、いろんなことが少しずつですが良くなった気がします。

そうやって気持ちが変わっていくのって、すごいことだなぁと思います。
本当に周りの方に支えられたおかげだと思います、
ありがとうございます。

今年は以前のブログにも書きましたが、基本を大切にしていきたいです。
人と比べるほど無意味なことはありません。
まずは自分が安定しなければ、他の人や先輩の重荷にも耐えられないと思い、
私はできることを徐々に増やしていき、抜けが無い様にしていきたいと思います。

...というブログを書きながら、昨日にあげるはずだったブログを
長い休みに日付の感覚が徐々に薄れてしまい、今書いておりますが...申し訳ありません。


今年もよろしくお願いいたします。

2018.01.04-n.jpg





2018年1月 2日(火)
2017→2018

新年あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
本年も宜しくお願い致します!更新管理担当のオカベです。

2017年、全体的に仕事の濃度がめちゃくちゃ濃くて
やったことない仕事をかなりこなしたおかげで個人的にスキルアップしたなあと
しみじみしています。
社内の更新管理が2人になったというのもあるんですが、
お客様からの依頼内容が本当に初めて聞いた!というような内容が多くて
1から調べていく作業が本当に多かったです。
とくにSSLやサーバー移管系の対応が多い一年になりまして
大規模なサーバー移管を3件ほどしましたが来年はやりたくない!というくらい
大変でしたがその分、身につくことと達成感は大きかったです。
SSLについてはほんと年末の最後の最後まで調べ物をしたりしてたのもあって
また1つ興味が湧く分野が増えたのでSSLが更に普及するであろう2018年、
もっと知識を付けていけたら良いなあと思いました。
色々とご依頼・ご相談頂きありがとうございました!
また何かありましたらお気軽にご連絡頂ければと思います。

2018年の目標はいい加減WordPressを覚える・・・・が目標です。
入社して早々にEC CUBE担当になったのでECは大好きなんですが
WordPressはほんとに何年やっても理解できなくて長山に投げてる状態なので
今年は覚えたいですし構築できるようになりたいです・・・・

あとは健康・・・本当に体調が悪い・どこか痛いが毎日で薬漬けだったので
まず病院に行ってみて何が悪いのか把握したいですね。
とりあえず冬はインフルエンザにならないように気をつけて過ごしたいと思います。

2018年も宜しくお願いします!
画像はいつぞやの海ぶどうみたいなイルミネーションです・・・・
クリスマスイブに神楽坂でおしゃれなイルミネーションに興奮したんですが
写真を撮りわすれました・・・・

IMG_8357.JPG

2018年1月 1日(月)
新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。新入社員のあべです。
本年もホームページ制作Fをよろしくお願いいたします。

入社して4ヶ月が経ちました。前回のブログの時はまだ試行錯誤中な時期でした。
とても自信がなくFのみなさんに申し訳なくて、劣等感に押しつぶされそうなそんな日々の中
今日辞めようか、と毎日思っていました。
でも前回のブログに書いた、望月や先輩方が作ってくれたルールで私は救われました。
そしてそのルールのおかげで仕事もとてもやりやすくなりました。
今は毎日が本当に楽しくて、仕事なのにこんなに楽しんでていいのかな?って思うくらいです。
心底辞めなくて良かったと思っています。本当にみなさんには感謝しかありません。

いつも書いていることですが、Fの社員はみなさんは本当に優しい方ばかりです。
でもその優しさは馴れ合いとか表面上とかではなく、心地よい距離が保たれた仲の良い関係です。
今までは賑やかな職場でしか働いた事がなかったので、最初は静かな環境になれるか心配していましたが、
今ではこのFの空間と雰囲気が大好きです。
半月でこんなに心境が変化するってすごいですよね。でも本当にFは日々進化していて、
成長スピードもとても速いです。今までしてきた仕事は3年目でやっと一人前になる感じでしたが、
Fでは3年目の社員が社長クラスの仕事をしています。
みなさん真面目で素直で誰もさぼるとか手を抜くとかそんな事をしようとする人はいないので、
どんどん成長し続けているんだろうなといつも感心しています。

私もFの一員としてお客様や社員に認めてもらえるよう2018年もがんばります。

S__4603965-2.jpg

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容