個別記事のページです

2017年12月27日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

稼ぐ方法でストレスで使うお金のありがたみも変わる。同じ100万円の違い。

今、望月が書いている6作目の書籍です。

稼ぐ方法でストレスで使うお金のありがたみも変わる。同じ100万円の違い。

お金の稼ぎ方というのは、裏の顔をもって稼ぐとイライラして、そのストレスで使ってしまいます。
私も人から紹介された仕事を受けてしまい。結果的に、その人を立てるために、
頭を下げた仕事があり、大きな仕事でしたが、そのお金はすぐに無くなっていきました。
あれくらい頑張ったから、これくらい使っていいよね。あの頑張りの対価にはこれくらい必要だよね。
収入が上がっていくにつれて使うお金がストレスで増えていきます。
身体のストレスと引き換えに収入が増えても仕方がないのです。残るお金が重要なのです。
ストレスをかけて収入を増やしても、税金も一緒に増えるのです。身体は酷使されていくのです。
けど、税金は取られていくのです。なんだか、損をしていませんか?

人としてのビジネスを全うしていくために、嫌なお客様に頭を下げないようにしてください。
頭を下げた分だけ、自分の心は傷ついてストレスがたまり、身体に負担が大きくなります。
そして、その三分の一はお国の為に働く結果となります。自分を大切にしましょう。
税金払うより、ストレスを消して働きましょう。自分の身体と寿命の為に、
まずは嫌なことをしないでよい環境作りをしていきましょう。人として仕事をすれば、
必ず嫌なことはしなくて済みます。嫌なことをする場合は、高いお金をもらうことが必ずできます。
ストレスを小さい時から消して、大きくしていけば、身体の負担は消えているのに、
大きく稼ぐことができます。

そんな楽な状態で稼いだお金は社員に還元しましょう。そして、社員の還元が終わったら、
ストレスもないのですから、みんなで稼いでお国に還元しましょう。まずは自分が幸せになり、
社員が幸せになり、1人1人が幸せになり、国が幸せになるものです。国民1人1人が輝かなければ、
良き会社も良き国家もできません。まずは、自身が心身ともに健康でなければ、
お金を稼いでもザルの様に残ることがありません。ストレスが消えてから、稼ぐお金は倍稼げます。
そうなってから、今までの税金を払うことの方が健全です。仕事をがむしゃらにするのも良いですが、
ストレスを消さないと、一向にお金が貯まりません。ストレスで稼いだお金はすぐに、消えるのです。
ブランド品。クルーザー。高いお酒。夜のお店。高い新車。無駄な自社ビル。などなど
消える誘惑ばかりです。全部いらないものですよ。ストレスがなければ、購入することがないものです。
お客様や社員にその分還元した方が幸せは何倍にもなって返ってきます。そうやって、
使い道がなくなった時に購入すればよいものです。自分のストレスが高い時にそういったものを
買うことは、おかしいことです。また、身体とストレスを使い。
お金と引き換えにその分働かなければいけなくなるのですから、働き方がおかしいですよね。
使うために働く。贅沢するために働く。おかしいですよ。そのお金はあなたが贅沢をする為に、
お客様が払ったものでしょうか。俺クルーザー買いたいから仕事頂戴。なんてことは言わないでしょうが、
結局は同じ出来事です。私はそういったお金の使い方は、さすがにできません。
お客様が一生懸命働いて、私も好きな仕事しかしない状態で信じてくれたお金です。
さすがに、飲み屋で使いたいから。風俗行きたいから。なんてお金は使うことができません。
会社で稼いだお金は社員の物です。私は贅沢をする権利はありません。
宝くじが当たったとか、予期せぬ収入が入った時は使いますよ。めったにないですが、私のお金なので
好きなものが気兼ねなく購入できます。けど、お客様からもらったお金は使えません。
私の時給は1000円だといつも思っています。
今は36歳なので、月給を28万円くらいで考えています。それを超えるような生活はやり切りません。
贅沢するなら、ホームページの制作費用をもっと下げることができないのかと、先に考えます。
贅沢をすればするほど、自分が追いつめられることがわかっているからです。年収2000万円以上を
もらっても同じ生活を貫いています。ストレスなく働けば、そんな生活で満足できるものです。
まずは、ストレスを消す職場改善をしていきましょう。ストレスが消えると、社員の給料も今の金額で
すごく満足をしてくれるようになります。そうなった状態で給料をどんどん上げてあげると、
とにかく幸せに感じてくれます。仕事のストレスを軽減することが重要です。
それは、残るお金が変わるからです。売上げを競っているわけではないですよね。
貯金額を残るお金を競っているのですよね?粗利益を競っているのではなく、財布の中に残ったお金を
競っているのですよね。あぶく銭を競って、自社ビル。ブランド。クルーザー。みたいなものを
競っているわけではないですよね。起きて半畳寝て一畳これは絶対的に誰もが変わりません。
あと、一日の食事は腹八分で2食がよいです。5食は食べれません。
この事実を見ると、どうやってお金を使えというのでしょうか。すっきりとした生活ほど、稼ぎやすい。
身軽なことはありません。いつでも捨て身でどこまでも冒険できます。
だからこそ、楽しい見返りが多くあります。抱えるものがあると、頭を下げなければいけないことも
多く出てきます。抱えない状態で勝負ができることが一番早いお金持ちになる方法だと感じます。
20171227_ya.jpeg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ