個別記事のページです

2017年12月20日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様との約束はすべて守るとブランドとなる

今、書いている6作目の書籍です。

お客様との約束はすべて守るとブランドとなる

会社のブランド力を上げたいと思ったことはないでしょうか。
ブランド力を上げると、お客様がファンになり、高単価でも仕事をくれて、
老舗企業となり、業界をリードすることができる。ブランド力を作る本を何冊も読みました。
デザインでもブランド力を持たせようと考えてブランド力を作るデザインも
勉強をしていきました。しかし、いろいろなブランド力を作ることをしたのですが、
結局ブランド力ができたという認識になったのは、地道にお客様に嘘をつかずに
仕事でずっと結果を出してきた結果だと思います。
ある日を境にホームページ制作で順位が落ちてアクセスがないはずなのに、
注文が絶えなく入ってきていました。
どうしたのだろうかと思い。アクセス解析を見ると、
ホームページ制作F。望月聡。ホームページ制作F評判。など、
社名での検索がとにかく多い状態でびっくりしました。
こんなに広いインターネットの中で私の社名なんて、誰が知っているのだろうと
今でも思うのですが、年数を重ねていくほどに、社名でのアクセスが上がっていきました。
少しずつ認知が広がり、間違いない会社と思われていく。
この時点で検索上位の魅力に取りつかれることはやめました。

お客様に対して、ミスをしたらすみませーん。ちょっと待ってくださいね。
これくらいのこと許してくださいよ~!ということは私の大得意で簡単なことです。

しかし、これを一切言いません。
10年後の自分のブランドに傷が付く恐れがあるからです。
千里の道も一歩からです。一歩一歩をまっすぐ歩けば、最短距離で到着します。
しかし、まがった道を行くと、一生たどり着きません。
私はブランド力のある会社になりたい。それは、ブランド力がある会社の方は信頼があり、
楽な方法を取ることができるからです。たかが、謝ること1つですが、その謝り方で
今後の私自身の扱い方が変わります。
10年間後にブランド力を持つという目標を掲げていますので、
下手な嘘をつきたくありません。今日という日を乗り切っても、
同じお客様から3年後に実はこんなことがあって、と他のお客様に言われたら
ブランド力が落ちてしまいます。そんなことがあるなら、この大切な仕事は
渡せないというかもしれません。私は大きな仕事が欲しくて、仕事を一生懸命にしています。

お客様となぁなぁになり、付き合うことはかなり得意な方です。
しかし、それは、お金をもらってすることではなく、仕事ではありません。
ブランドを持つということは、そういうことの積み重ねで、
ブランドができるということを知りました。お客様と素晴らしい付き合いを
ずっとしていくことで、こちら側がお客様を選べる立場になり、
お客様と一緒に肩を並べて、仕事をすることができ、どんな時でも頼れる。
そばにいてほしい存在となります。そういう企業がそばにいるだけで、
お客様の品やステータスも上がる。付き合っている会社が、ダメな会社だと
お客様の品までも落として迷惑をかけてしまいます。迷惑をかけないように、
いつでも綺麗な会社で頼ってもらえる。
世間体の良い会社を作ることが重要だと感じます。
約束は守り続ける理由です。
6205.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ