個別記事のページです

2017年12月20日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

言いたいことを言いたい社員

今、望月が書いている6作目の書籍です。

言いたいことを言いたい社員

社員の思っていることというのは、
ほとんどが正解で社長が諦めているから、言うことを聞けないだけです。
同じ人間が思うことを解消してあげなければよい会社とはなりません。
仕事だから、そんな言うことを聞けるはずないというのは、ただの逃げです。
逃げというか、知恵不足なだけです。知恵と情報不足なだけです。
知恵と情報と行動する勇気さえあれば、何でもできます。

週休3日でうまくいっている会社もあれば、
電話が一切ない会社でうまくいっている会社もあります。
営業をしないで、リピートと紹介だけで私の会社は
毎年20%アップの売り上げを上げ続けています。

いいなぁ。うちの業種じゃーと言っているのは、社長だけで。
部下に関しては、何で営業しないといけないのですか。
営業を無くしてください。有休をとらせてください。残業したくないです。
給料をもっとください。ボーナスをください。
このわがままは全部正解なのです。
しっかりとした会社を運営すれば、必ず達成できるのです。
どの業種でも達成ができて、利益を生めるようになっているのです。
そして、これを全部達成できた方が、実際は利益が上がるようになっているのです。
仕事だから仕方ない。と言えば言うほどお金は減っていき、
利益が残らないようになっているのです。

それは、人財がいなくなるからです。人財がいなくなれば、お金は消えていきます。
人財を育てるのか、お金を先に取るのか。
私は、人は技術を付けさせると、その能力はずっと消えませんので
能力を先に取ります。あとで、利益を回収すればよいだけです。
言いたいことを言いたいのです。

社員はしかし、それは根拠がない事ではなく、
労働基準法に乗っ取ったことを言ってきます。
日本の労働基準法はすごいですよ。
誰があんなのを守れるのだ。
無理だろ。お役所は、と思っていた創業時から7年間。
今は12年目ですが、あの労働基準法を守れば守るほど、
社内の業績が上がるのですから。話としてはめちゃくちゃですよ。
とても優秀な経営の指南があそこにはあり、人が働く上での
働きやすいことで定めているのです。
日本のそういうところは、本当にすごいなぁと思います。
国なんて現場なんて知らないだろ。と思ったら大間違いでした。

とはいえ、労働基準法を的確に守れる会社というのは、
中々無いと思いますが、守るほど業績が上がったのは私の事実です。
守るためには、業務の改革をどんどんしていかないと、守ることはできません。
ただ単純に守るだけでしたら、倒産するのではないでしょうか。
基準からはみ出た部分を妥協せずに、法に合わせていく知恵と情報と行動が必要となります。
その業務内容のまま、不可能と思える。
有給消化や残業削減や給料アップやボーナスなどを
社員が言う労働基準法に基づくわがままを叶えることで
社内は活き活きとしていきます。
それ以上のわがままに関しても、叶えてあげれば叶えるだけ会社のことを好きになり、
モチベーションを上げてくれます。
社員はほんの些細なことを解消してあげるだけで、喜んでくれて、
その新しい労働基準が全員の社員のスタンダートになりますので、
全員が活き活きと働くようになり、沿いう会社にはまだ見たことのない
優秀な人材が入りたいと思うようになっていきます。
社会人になった社員の言うことは全力で聞いてみて、
会社の保身よりも、社員の願いを聞くようにすると人財となるのですから、
間違った方向にはいきません。

会社はまずは、人財を作る事。社員にこびずに、
目標を達成してあげて良い環境を作り、
社長のことを好きになってもらうことが重要だと感じます。
社員のわがままをすべて聞いて、表にしてみましょう。
その表が20個あればもっともっとすごい稼ぎができるということです。
1つずつ無くしていくことが、企業としての楽しみで
会社としての成長になると考えます。

社員のわがままは今はもう無く。
残念に思いますが、18時までに全員が帰るようにするという
残業を無くす挑戦をしているので、それが一番大きな問題です。
20171220_iitai.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ