個別記事のページです

2017年12月20日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

怒ることがあるということは企業が未完成。

今、望月が書いている6作目の書籍です。

怒ることがあるということは企業が未完成。

企業していたら怒ることしかないという人も多くいると思います。
私もそういう環境が懐かしくもあり、うらやましくもあります。怒ることがあるということは、
改善することがたくさんあるということです。その改善をするだけで、社員は伸び伸びと働き、
自由に勝手にお金を稼いできてくれるようになり、社員にも給料を多く払えるようになり、
業績も伸びて、離職率も減り、自分がもっとお金持ちになり、社員からも愛されていく、
そして暇になり、自由を謳歌できるようになるのですから、
私からすると、海の中に眠った財宝を引き上げるだけの状態です。

そのような会社を運営しているのですから、うらやましいと思いますよね。
そして、そんな劣悪な環境なのに、社員は働いてくれているのです。
その社員の能力を、20%くらいしか引き出せていない経営者なのですから、
どこまで宝の持ち腐れをしているのか。人生で損をしているのかを一度考えてみてください。
どう考えても、莫大な資産を持っているのに、垂れ流して生きているのと同じです。
縄文時代の人に、金貨を渡すことと同じです。

怒ることを無くすことが重要で。怒ることを起きなくする選択を用意しておくことが重要です。
怒ることが起きると、あぁぁ・・なぜルールを守らなかったのか。と感じることも多くあり。
ルールから脱線することで、怒ることが起きていると感じます。
逆に言うと、ルールを守ることができていると、怒ることは起きないということです。
怒ると不安になり、相手を負かせると結局は後で自分が負けせられることと同じことが起きます。
怒ると最終的には負けなんです。負けたくない気持ちで、怒るのに、怒った時点で負けている。
負けないためには、怒らない方がよいのに、怒ってしまう。
なんて、怒りは無駄と分かっているのに、怒るのでしょうか。

負けない企業を作るためには、怒らないことを徹底していった方がよいです。
人がやめる時はチャンスとも書きましたが、怒るときは超チャンスです。
お金につながる。人徳を上げる。大きな功績を作れるチャンスです。
一番簡単な選択肢は、怒りです。そうはいっても、怒るんですよね。

ただ、思うのは、怒ることが起きる状態が悪いだけです。
起こらないように、することができるのはその人次第であると思います。
それは、私はがぜん短気ですが、怒ることが減ったからです。
人格は変わりません。無駄な行動を変えて、スムーズな道を歩いていきましょう。

怒ることで問題を解消している。企業の穴を怒らない解決方法を作り、
罰則ではなく、そのことが起きない状態の道を作り、穴の開いてない道を歩いていきましょう。
171220_zono4.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ