個別記事のページです

2017年12月20日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様に対して社員に対して全て嘘無く伝える。

今、書いている6作目の書籍です。

お客様に対して社員に対して全て嘘無く伝える。

思ったことを全て言う。なぜ、思ったことをすべて言う事が悪いのでしょうか。
思ったことをすべて言うと争いが生まれます。しかし、争いの後には必ず平和が来ます。
怒りのパラメーターが0~10とした場合。
相手の怒りが3で止めても、10で止めても怒りは怒りですから、同じ現象だと感じます。
怒らせている人は、3で止めといたほうが良いと思い。3の所で謝りますが、
私の場合は10の先の0に戻る所まで戦うことが多いです。
怒りを通り越して、決着をして納得をすると0に戻ります。


1番危険なところですが、最後には必ず着地して、一番早い解決策となります。
相手が、8のところで怒って帰ってしまった場合は、一番めんどくさいことになりますが、
火に油を注ぎまくって突き抜けた方が、私は楽だと感じます。
それは、怒りの件は、怒りが起こってしまったときに解決をしておかないと、
また同じ相手と同じ出来事が起きて、お互いに学習する機会がないからです。
また、同じ人種に出会ったときに、同じ過ちをしてしまう可能性が高くなるからです。
嫌な物事は、極力1回で勉強をして終わらせたいと私はいつも思っています。


相手が怒らないように、伝えるようにいつもしているのですが、
相手が怒ってしまう出来事が起きると、非常に何日も反省をして、
なぜ怒らないような伝え方ができなかったのかと、反省をしています。
伝え方を変えれば、相手が怒らなくなる方法も何通りもあります。
伝え方が悪いから、相手が怒ってしまうのです。
正しいことを言って、相手が怒るということは、伝え方が悪いだけです。
または、そこまで相手との関係性ができていないだけです。
正しく、自分に正直に生きるためには、相手との関係性と相手に伝わる伝え方をしなければいけません。
それができていれば、どれほど正直に、思ったことを話しても許してくれると感じます。


正直に生きるということは、つらいことだと思いますが、
人生を正直に生きていない方も私からみたらつらいことだと感じます。
お客様に対して、社員に対して、正直に話す。相手が不快に思えば、伝え方と関係性のあり方を疑い。
違う方法でチャレンジをして、また正直に話します。難解なクイズを解いているような状態です。
クイズは解けると、ずっと同じ正解を使うことができます。
ということは、ずっと正直でいられるということです。
このクイズに正解をしなければ、ずっと正直に生きられないということです。
正直に生きることをあきらめる前に、正直でいられる。
関係性と伝え方を勉強して、自分の人格を変えずに、人に愛されていく。
結果を変えずに、手段を変えていくような考え方が私は楽に生きていけると感じます。


正直に生きれば生きるほど、相手も正直にいろいろなことを話してくれるので、
頭の中で次はどういう会話など、思い浮かべなくてよくなります。
ただ単純に、無言でも一緒に居れるような関係になると、自然と会話が出てくるものです。

20171220s4.jpg


書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ