個別記事のページです

2017年12月20日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

尊敬し合える関係。人はすべて平等で1の権利を持つ。人は全員優秀です。

今、書いている6作目の書籍です。


尊敬し合える関係。人はすべて平等で1の権利を持つ。人は全員優秀です。


自分がされて嫌なことをすれば、今は良いかもしれないが、人生の先々で同じ運命が来る。
人には良い所が必ずあるものです。そして、悪いことを無意識にすることもあります。
それは、気が付いたらしっかりと注意をすればよいだけです。
見てみぬふりをしていると、後で自分の心も傷つき、後で自分に必ず返ってきます。


どんな人でも尊敬できる箇所があります。
その尊敬できる箇所にだけフォーカスしてみてあげてください。
居るだけで助かる存在になります。
そして、人として意地悪な部分を見つけたら、
そんなことをしていたら自分にいつか帰ってくるのでやめましょう。と注意をしてあげてください。
その人が傷つくことを止めてあげましょう。
誰も傷つかないでよいのに、傷つくようにしている行動にストップをかけて、
迷惑をかけないように生きていかせてください。


そういった、尊敬できる仲間を社員全員で創っていくと、誰のことも嫌いにはなりません。
それはそうですよね。人に迷惑をかける人がいないのですから、嫌いになる理由がありません。
迷惑をかけなければ、その人のことを嫌いになる理由がない事を知っていますでしょうか。
何て単純なことなのでしょうか。
人に迷惑をかけなければ、嫌いになれない。
人に迷惑をかけずに、喜ばれることをすると好かれる。
この単純な人間関係をご存知でしょうか。
人に好かれることってとっても簡単なことなのです。


私の会社では人として皆さんを尊重しており、
だれ1人欠けても私の人生においてマイナスしかないので、
人として迷惑をかけないようにすべて平等で扱っています。
何か決めごとをするに対しても、私が権力をもって10の決定権を持っていることもありません。
全員が1の決定権しか持っていなくて、私の決定権も1だけです。
多数決で物事を決める時も私も多数決の輪に入れてもらいたいのですが、
結局は1の権利しか持っていないので社員で多数決をしてもらい。
その結果の多い方に従うようにしております。
尊敬できる人たちが集い。良識人が集うと人は優秀になります。


人の存在自体は最初から完全体で、人は自分自身が神である。
というくらい尊い存在です。
そんな人たちが多数決をして決めたことは、最初は違うと思っても、
最終的には正解だと思うような出来事が多くあります。
無能な経営者が1人で決めた決定より尊い人が集まって決めた結果の方が
正解の確率は多くなります。
自分が人だと思う人を全員平等に扱ってください。
人だと思わない人を入れると間違った選択をしてしまいます。
誰が偉いとかはありません。人はすべて平等です。


あなたも私も人であれば、人の中では権利を1しか持っていません。
独裁経営を辞めて人を信じて立場をわきまえて、
優秀な人に引導を渡していきましょう。
独裁者がそういうことをしてくれたら、何倍にも社員は喜んでくれるようになります。
人を喜ばせて、嫌われることをしなければ、愛される経営者になっていきます。
そんな愛される経営者が困ったら、誰が助けてくれるって、
社長を好きな社員たちが助けてくれるようになります。
これが伝説にある社員が会社のことを好き。社長のことも好き。
という伝説の裏のからくりです。
どうやって達成できるのかと、どこにも載っていないのですが、
こんな簡単なことで達成することができます。案外簡単にできるものです。

尊敬し合える関係。人はすべて平等で1の権利を持つ。人は全員優秀です。

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ