個別記事のページです

2017年12月20日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

苦手な社員にこそ正面から聞く(上司の方が結局強い)

今、書いている6作目の書籍です。

苦手な社員にこそ正面から聞く(上司の方が結局強い)

強がる社員もそうなのですが、心を開かない社員に対して放置をしていませんでしょうか。
諦めていませんでしょうか。
同じ会社で働くのに、めんどくさい社員や性格の悪い社員を野放しにしていませんでしょうか。
野放しにすればするほど、もっと悪いことをして構ってもらおうと思い。さらに、激しいことをしてきます。
とにかくめんどくさいです。学校にいるヤンキーたちと同じかもしれません。
先生に構ってもらおうと、髪を染めてきますが、先生がめんどくさいと思い、
相手にしなければ、どんどんクラスは崩壊していきます。
熱心に構っていれば、クラスの崩壊はせずに、非行も髪を染めるくらいで終わるかもしれません。
ヤンキーも家庭が裕福ではなく、愛がかけられない家庭の多くが非行に走る傾向にあります。
勝手にぐれさせておけ、将来困るのは自分だから。と無責任なことを言うと、
将来親の面倒を見てくれる人がいなく、結局は自分が困ります。非行に走り、逮捕されたり。
ろくな職に就かなければ、親が頑張らなければいけなくなります。
最終的に自分が野放しした結果が返ってくるのです。
自分のクラスなのに、責任放棄をしたからクラスが崩壊した。会社でも同じです。


嫌な社員がいるのをわかっている。性格の悪い人がいるのを分かっているのに、放置する。
それは、社内を崩壊させていることと同じで、最終的には自分が損をするだけです。
上司の方が強いのに、強く言う勇気がない。私も最初は、言えない社員がいました。放置していました。
社長の悪口を陰で言っていても、言うのが嫌なので放置していました。
すると、どんどん汚染していき、会社の社員全員対社長というところまで行きました。
結局面と向かってしゃべることはできなくて、会社を辞めてもらいましたが、やめた時から、決心をしました。
苦手な社員ほど、面と向かって勇気をもって話に行く。
全社員が私の陰口を聞いていましたので、全社員と向き合っていきました。
すると、私に言いたいこともあるので、聞くだけ自分が傷ついていきます。
しかし、思っていることを話しているだけなので、私の心が苦しむだけです。
向き合うということは、自分が悪いことをしていると、すべてその時に返ってくるということも経験しました。
それからは、社員に対して優しくして、何も言われないような社長になって生きました。
すると、社員が話を聞いてくれるようになりました。注意をしても、すぐに直してくれるようになりました。
自分自身が、キレイになればなるほど、相手には伝わる。


嫌な社員が社内には居ると思います。そういう時は、あなたのこういうことが嫌い。と面と向かって言います。
すると、相手も分かってくれます。私も社長のこういうところが嫌いと返り血を浴びることがあります。
それは、それでよいのです。そして、お互いに理解した時に、
全社員を呼んで、今までこの子はこういう性格の悪いことをしていました。
今から謝らせるので、聞いてくださいと言って全員の前で謝らせます。
すると、他の社員たちも私もここが悪かったです。
これからは、こうやって気を付けていきます。教え方を変えていきます。
そういう時は、もっと早めに注意します。と協力をして性格をなおしてくれるようになります。
その時に、私も社員から言われた悪い所を全社員の前で、こういう悪い所があり、
皆には我慢をさせてしまった。申し訳ない。
頼むから我慢をせずに、そこが嫌いと言ってください。と謝ります。
すると、社員は黙って何も言いません。黙っていますが、ほっとして許してくれます。
そこから、また1つ悪い性格の癖がなくなり、良い環境になっていきます。
単純にやっていることは、幼稚園です。悪いことをしたら、全員に謝りましょう。
ごめんなさい。許してください。わかった。許す。また一緒にあそぼ。わーい。ただそれだけです。
単純に簡単なことを社内でもしてください。幼稚園児のように誰も仲間外れのない会社は出来上がります。
私の会社はそうやって誰も悪い人がいない。派閥など一切ない。愚痴もない。
みんな良い人だけの最高の会社が出来上がっています。

20171220s3.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ