個別記事のページです

2017年12月20日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

強がらせない環境を作る。心の侘しさ


今、書いている6作目の書籍です。

強がらせない環境を作る。心の侘しさ

強がることに何の意味もありません。
できないものをできるといっても意味がなく、できるといわせても意味がありません。
助けてあげようかと、仕事を手伝ってあげようかと言っても、いいです。結構ですと言われて、強がられても、
最終的に損をするのは、その人でもあり、最後にケリをつけないといけないのは、上司の仕事となります。
最終的に、面倒を見る人に対して、強がられると迷惑です。


不機嫌そうなので、どうして不機嫌なのですかと聞くと、別に不機嫌ではありません。と普通に返してきます。
不機嫌と感じているから、心配して聞いているのに、強がって不機嫌ではないという。
こちらも、何度も不機嫌ですかと聞くわけにもいかずに、
ずっと気まずい雰囲気のまま仕事をしなければいけなくなる。
結局は、何日か経ち、あの時の件で腹が立っていたのです。と、ここぞとばかりに言ってくる。
なぜ、声をかけた時に言ってくれないのか。それは、強がらせていた環境であり、
どうせ言っても無駄と思われている上司がいるからです。
そして、そんな環境に身を置いてきた社会を送ってきたからです。


強がらなくても良いといっても、信じてもどうせ裏切られる。意味がない。と思っている人が多くいます。
今までの、恨みやツラミが人に対して溜まっているので仕方がないことです。
人は裏切られると、何歩も後退して、自分の殻に入っていきます。殻が固まってから、壊せなくなる。
自分が傷つきたくない。期待もしなければ、期待されたくもない状況まで殻にこもるようになっています。
そういった人に対して、心を開いてもらうのは正直とても大変なことです。
陰口をたたくのに、面と向かっては言ってくれません。どうすればよいのかといいますと、
幼少のころから親の愛を受けていないことも関わってきますので、
そういう人だと認識をして、今は強がっているな。
強がっているけど、本当は苦しんでいる。という認識に変えて、付き合っていくしかありません。
少しずつですが、強がる行為をやめてくれて、心の開き方がわかりませんが、
心を開いてくれるような状況が少しずつ出てきます。
そもそも、人に頼るということが苦手なので、頼り方も不器用です。
その頼り方が、不器用だからこそ、相手に悪い印象を与えて、さらに性格の悪い人と誤解されてしまいます。
心を開きそうになって、相手にかかわると、臆病さが出てしまい誤解される。
そのうち殻から抜け出せなくなり、また心を閉ざしてしまう。
強がるには強がる何かがあるので、それを理解して、そういう人間だから仕方がない。
と少しでも理解をすると、少しはことが前に進みます。
結局は幸せでいてほしくて、不機嫌になってほしくないので、
相手が強がっているときに、じゃーそれが普通ということだね。
と突き放しても、あとで結局、実はあの時・・・。と返ってくるので、全く自分は得をしません。
強がっていると感じたら、どうにかして強がりを消すような動きをして、相手を殻から出して、
フォローしていくしかありません。幼少のころに受けた。愛情不足で起こることが多いと私は感じていますが、
幼少のころの愛情不足を埋めるには、本当に大きな時間がかかると感じます。
誰もが、人に頼って生きたいのですが、その頼り方も分からないのです。
強がっていると感じたら、何とかして強がりを解消させてあげることがおすすめです。

20171220s2.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ