個別記事のページです

2017年12月20日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

間違った所まで戻れる勇気。

今、望月が書いている6作目の書籍です。

間違った所まで戻れる勇気。
戻っても人生に無意味なことはないのですぐに立て直せる。
1人のときから正しい会社をできなければずっと出来ない。


奴隷として、社員を扱ってきたなぁ。と思いますでしょうか。
思い当たる節があるとすると、いつの時期でしょうか。
創業からというのであれば、そこまで戻らなければいけません。
道を外したところまで戻り、そこからスタートをすることが重要です。
売上げが10億行ったら、貯金が1億貯まったらなどではなく、欲が達成されても、欲はまた出てきます。
欲の枯渇を体験するには、1度死ぬしかない。バカは死ななきゃ治らない。
ということわざのように、苦しい思いをしなければ、本当のありがたみを感じないものです。
しかし、欲にまみれて、1億貯めても、10億の売り上げを立てて、
ずっと安心して暮らせるような生活は来ません。
欲を無くして、10億の売り上げや、1億貯めるということを達成すると、
次の年も自然と達成できるようになっています。
結局は、繁栄する会社を早く創った方が安定した生活になるのです。

社員が10人になったら、多くのことが変わる。
良い社員が入ったら、社員の数が2倍になったら。何か変わる。正直何も変わりません。
1人の時から、会社はきれいにしておかなければ、どんどん改革が難しくなっていきます。
私も改革を本気でやりだしたのは、もう限界だ。会社をやめようと思った。3年前からです。
3年間で古参の社員は多く抜けていき、1からの会社設立となったと言っても過言ではありません。
現在の社員の8割が3年未満の社員となっております。
逆に言うと、離職率が大幅に減り、繁栄する会社に変わってからの離職率はほぼなくなったということです。
自分の恐れだけで、改革ができなくて、多くの遠回りをしてきました。
しかし、ブラック企業時代が無駄というわけではありません。
そういう世界を体験しているからこそ、繁栄する会社になっていく過程は、スムーズに事が運びました。
今までの経験は無駄ではなかったと思える瞬間が多くありました。

ブラック企業を運営している。借金を抱えている。年収が1000万円を行かない。
こういった会社は、間違った方法で人を使っているだけです。人はみんな優秀です。
有名な企業の社長があなたの会社の社長になったら、絶対に大きな利益を上げると思いませんでしょうか。
足を引っ張っているのは、経営者なのです。
私がホームページを作ると、今まで一度も売れていなかったホームページが
リニューアル後に96%以上の確率で売れるようになっていくのを、12年間以上しています。
売れているサイトのリニューアルをすると、何倍にも変化していきます。

ホームページなんて、だれが作るのかで売れるか売れないのかが決まるのです。
優秀な人が作れば売れて、優秀じゃない人が作れば売れないだけです。
同じ商品をホームページ上で売るのに、結果が違うのは、創る人が違うからです。経営も同じです。
優秀な人が、社員を使えば必ず繁栄する組織になり、
利益もたくさん上がる誰からも愛されるストレスが低いホワイト企業になっていきます。
どこで、利益が減っていったのか。どこで残業が増えたのか。どこで売り上げが落ちたのか。
どこでブラック企業となっていったのか。
目をつぶらずに、直視してみてください。ここで怖くて直視しない人が多くいます。
直視しても、時代のせいにする人も多くいます。
時代のせいでは決してありません。経営者のせいなだけです。どんな時代でも裕福な人と貧乏な人はいます。
繁盛している店がなければ、時代のせいにしてよいですが、繁盛している店は必ずあります。
人が喜ぶものを提供していれば受けるのですから。
どこで間違ったのかを、的確に判断できて、そこまで戻れると必ず問題があり、結果が付いてきます。
その問題は、必ず経営者の人格の問題や判断ミスです。
結局は自分が変われば、すべてが変わるということです。
目をつぶっていても、今後も闇です。闇を抜けるためには、
大きな川を渡らなければいけない時もありますが、正しい川ならすぐに渡れます。
不安に思うことなんてありません。失敗すれば、またブラックに戻ればよいだけです。

171220_hon1.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ