個別記事のページです

2017年12月19日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ルール作り

入社してもうすぐ4ヶ月になります。新入社員のあべです。
もう4ヶ月かぁという気持ちととても濃い4ヶ月だったなぁと感じています。

デザインの仕事は初めてで何もわからない状態からのスタートでした。何もかもが新鮮で、日々学ぶことがたくさんあります。そんな中で私には大きな壁が2回訪れました。先輩が作っているホームページのセカンドページの作成で自分で考えてもうまくいかず、先輩にアドバイスをいただいてもうまくいかず、1つのページを作成するのに半月かかりました。どうすれば良いのかわからずとても苦しい期間でした。
そんな時、私が退社した後社員のみなさんで私についての対応をどうしていくかという会議を行ってくれました。貴重な時間を割いてみんなで私を救う方法を考えてくれたのです。それを聞いた時は申し訳ない気持ちとありがたい気持ちで涙があふれました。
そして話し合った結果、私はアドバイスをもらったらそのまま受け取ってしまい、自分のデザインではなくなる傾向がある為、自分をしっかり持った先輩が付き、気になる点のみ伝え、あとは自分で考え抜くというルールが出来ました。そして「明日からがスタート、自分らしく自由にやってください」と言われました。「自由」「自分らしく」が私にはその時わかりませんでした。
そして今日またミーティングがあり、ルールが守られていない点で話しがありました。3ケ月かかってみんなでやっと見つけたルールなんだからしっかり守ろう。わからないならちゃんと聞こう。そして、このルールは私だけではなく社員全体にもいえることで、とっても良いページが出来た時は、みんなそれぞれが「自分がやりたいようにやった」「自分が頼みたいと思うデザインで作った」「自分が心地よいと思うページを意識した」等、思うとおりに作った結果、とても素敵なページが出来ていた。1人ひとりこだわる所が違い、それぞれに違う魅力があるからこそおもしろく、自由に表現していこうということになりました。あっ、それが「自由」ってことなんだとわかりました。

デザインする上で、スペースの取り方やフォントの大きさ、色合い等ももちろん大切ですが、そこにばかり気を取られ、失敗を恐れるがあまり、「心地良いと思うデザイン」「自分が頼みたいと思うページ」という概念が薄れていたのだと思います。

先輩方が見つけてくれた大切なルールをしっかり守りこん経験を忘れず、自分らしく自由なデザインを楽しめるようこれからも日々学んでいきたいと思います。

S__4521994.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ