個別記事のページです

2017年12月11日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

オンオフの切り替えの大切さ

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。

先週、2日間、はるばる遠方よりお越し頂いたお客様の
ヒアリングをさせて頂き、お客様のお人柄であったり、
会社様の良いところであったり、たっぷりとお伺いすることが出来たので
これからホームページの中で出していくことがたくさんあるぞ、と
いう心持ちなのですが、ホームページに載せていく内容とは
少し離れますが大変感激したお話があったので
ブログにも書きたいと思います。

それは、お客様の勤務体系について聞いていた時に出た

『以前は休日出勤もしていたし、残業もしていたけれど
やっぱり早く帰れた方がいい、と気持ちに変化が起こったところから
営業時間を短くし(8時間にして)、残業時間をなくし、
オンタイム中で仕事を効率よくやり遂げる働き方にシフトをした』

というお話なのですが、
私は残業時間をいかに減らしていくかをいつも念頭に置いて
仕事にあたっているので、残業をなくすという意思と
効率を追求して行った結果、きっかりオンタイムの中で
業務を終わらせることが出来るようになった、という
お話が聞けたことは大感激ものでした。

その上『プライベートの時間と仕事の時間を切り離したことで、
休日はゆっくり趣味などを楽しめるようになり、
その分、平日は業務に集中できている』

というお話まで聞いて、なんて素晴らしいのだろうかと更に感激
してしまいました。

仕事はメリハリがあった方が、捗るし
良い成果にもつながっていくと私は考えています。

ITの~、デザインの~、というと
業種的に残業は仕方ない、とか、そんな言葉が出てきがちですが
残業をした分、その分、仕事が本当に進んでいるのか、
働いている"フリ"になってはいないか、甘えになっていないか、業種的にとか、そういう言葉を
言い訳の盾として使っているのではないか
と個人的に来る日も来る日もぐるぐると悩み
実際にチャレンジしてみるしかない、と時間に対して自分なりの挑戦をしていた時期がありました。
なかなかすぐに結果は見えてくるものではありませんでしたが
数ヶ月経って、同じ作業ボリュームのもので
全力で集中して取り組んで21:30までかかっていたものが
19:30に終わることが出来た時に、自分の中で大きな手応えを感じたのを
今でも覚えています。

もっと作業を凝縮させて、ムダを削って、効率を考えて、集中して...
私は、残業時間が減っていく=煩雑になる、ということではなく、
洗練されていく、という表現が近いと感じているので
品質を保ったままで、残業時間を削っていけることに意味があると考えています。
それは難しく、時間も要しますが、不可能ではないと信じているので
これからも少しでも残業時間削減、できるよう頑張りたいです...。

お客様から、働き方のモデルケースのようなお話を聞くことができて
やっぱり、残業が少ないって良いことしかない、と改めて確信が持てました

また、お休みの日に仕事のことを忘れる、というのも
平日集中して仕事に取り組むためには非常に重要なこと、と感じているので
休むときには休んで、集中するべき時に集中する、の切り替えも
これからも意識していきたいことだなと再確認しました。
メリハリ、大切にしたい...。

先日、友人達ともつ鍋を食べてきたのですが
寒い中、食べる冬のお鍋はやはり最高でした。
スマホに入っているのが食べかけの汚いお鍋の写真しかなかったので
イメージ写真でよろしくお願いします。
61225cb2a36068e62d1872b6729071ba_s.jpg
それでは、今週も一週間がんばりましょう!!!
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ