個別記事のページです

2017年12月 6日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな会社に誰が入りたい。こんな上司の部下につきたいのか。

今、書いている6作目の書籍です。



こんな会社に誰が入りたい。こんな上司の部下につきたいのか。



もしかしたら、もうこの内容書いているかもしれませんが、何百回でも言いたいので書いていきます。

今の自分だったら、今働いている会社で働きたいでしょうか。今の自分の部下につきたいでしょうか。

最近の若者は、管理職になりたがりません。出世欲がなくなりました。

それはなぜでしょうか。単純になりたい上司がいないからです。

上司に夢を持てないからです。ただそれだけです。


私もFの社長になりたい人~。と社員に聞くと11年間誰も手を上げませんでした。

絶対になりたくない職業でした。

そんな社員が社長になりたくない会社に、誰が入りたいのでしょうか。

私が、いまFに入りたいかと言ったら入りたくありません。

自分が入りたくない会社になぜ、人が集まると思うのか。

人手不足と嘆く前に、自分が入りたいと思える会社にして、上司の性格も直してほしい。

人が集まる会社というのは、自分でも入りたいなと思える会社です。

管理職になりたいと思わせるのなら、管理職になりたいなと思わせる上司を作っておかなければいけません。


そんな会社がないから、若者は出世を選ばないだけです。

ただ単純に性格の悪い会社だからこそ、人が集まらないだけです。

それを棚に上げて、人が集まらないと嘆いたところで永久的に人は入ってきません。

この事実を胸に焼き付け、人が欲しければ、人が入りたい。

自分が入りたいと思うことを全力ですればよいだけです。そうすれば、おのずと毎年人が入ってくるようになります。



最近やっと社長になっても良いかなぁ。と思ってくれる社員が増えてきました。

4章の退職金制度のところでお話をさせて頂きます。

社員に尽くして、幸せな社員を作っていけば行くほど、友達を会社に入れようと思ってくれて、

上司になってもいいかなと思ってもらえるようになっていきます。

犠牲者は私だけで、十分と思っている社員は、友達を連れてくるはずはなく、

今まで苦しめられた分、後輩をいじめてやろうと考えるのも確かです。

そうやって、悪のスパイラルからずっと抜け出せない環境にするのか、人材が枯渇している今こそ、

良い環境を構築して、おのずと人が寄ってくる環境を作るのかは、

今後の中小企業には死活問題まで発展する内容です。

人材不足で会社は本当につぶれていっています。

12716.jpg


書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ