個別記事のページです

2017年12月 6日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

全ては自分が損をしない人生のために

今、書いている6作目の書籍です。

全ては自分が損をしない人生のために


 私は損をすることがとにかく嫌で、損をしない人生をいつも歩んできました。
その道を歩みすぎて、ケチと言われ続けました。ケチじゃない。節約と考えていたのですが、
単純にお金を持ってない時はケチと言われ、お金を持っていると、お金の使い方が綺麗と言われます。
金銭感覚は大学生のときと同じで、使う金額も殆ど変わっていません。
極論ですが、自分が損をしなければ良いのです。

 お金を何千万も人に貸して、返ってくれば大きな徳となりますし、貸すだけで、損はしません。
しかし、その人からの厚い信頼が付いてきます。貸す人を間違えるから損をするのです。
損をしない道をいつも考えて、いくと結果的に良い道がひらけていきます。

 今の私のステージは大きく変わり、10年後に損をしなければ良いなと思うようになりました。
以前は、3日後に損をしなければ良いなと思っていたケチな野郎です。
ステージと人格が上がるに連れて、どこまでを考えて損と取るのかを考えられるようになりました。
一生付き合いたい人も多く出てきました。一生付き合いたい人に対しては、一生で徳をすればよいので、
一生損をしても文句が出ません。

 全ては自分が損をしない道を選んで下さい。社員に優しくするのも、自分が楽をしたいからです。
社員に給料を多く上げるのも、私の仕事を減らしたいからです。私の行動すべて、1つ1つ全部、
自分が損をしないためにこういう考え方になり、過ごしているだけです。
相手の幸せを達成すると、その先には私の幸せが必ずあります。社員にミスを無くすように教えるのも、
私がお客様から怒られないためです。そして、Fの会社のブランド力を落とさないためです。
社員も怒られなくなりますし、早く帰れます。その結果、1番楽になるのは私です。
回りが楽になればなるだけ、1番見返りが来るのは私なのです。

 怒る回数が減れば、健康的な生活が送られて、離職率が減り、
求人にお金をかけなくて会社に利益がたまります。
相手の幸せの先に、必ず私が楽になる部分があります。その損得勘定だけで動くだけでも、
多くの人が幸せになれる繁栄する人生が出来上がり、最終的に中心にいる人が幸せになれる権利を持つのです。
私は良い人ではなく、ただ単に損をした人生を歩みたくないだけなのかもしれません。
極のケチなのかもしれません。


170928_0010.jpg


書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ