個別記事のページです

2017年12月15日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

グーグルマップで店舗情報を上位に表示されるようにするとっても簡単な4つの対策法

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。


先日、お客様よりグーグルマップでの対策について、ご相談がありました。
営業の方よりメールをいただいたそうで、内容を拝見したのですが、
たしかに地域で事業をされている方にとっては、
絶対にやったほうが良い内容だと思いました。


グーグルマップでの店舗情報は、検索結果でも上位に表示されるので、
比較的見られやすいですし、検索者も購買意欲や、その地域でサービスを探している方なので、
お問い合わせにも繋がりやすいと思います。


登録も簡単ですので、まだの方はこちらよりどうぞ。



対策もとても簡単です。


1.店舗情報をしっかりと登録する

営業時間や住所、電話番号など、必要な情報はすべて入力していきます。
入力していない箇所などがあると、
グーグルマップで表示されている店舗の中でも下の方になってしまう可能性があります。
しっかりと入力しましょう。


2.印象の良い店舗写真を何枚か登録する

店舗内や外観、スタッフや、接客している写真など、
検索者が見て「この店いい雰囲気やなあ」と思ってもらえるように
印象の良い写真を登録します。

こだわりたい方は、四季で写真を変えてみたり、
定期的に新しい写真に差し替えたりするといいですね。


3.口コミをしてもらう

既存のお客様に口コミをお願いしてみましょう。
素直な意見で口コミをしてもらうのが一番いいと思います。
実際に検討しているお客様も見たいコンテンツになりますね。


4.360度パノラマ画像を登録する

専門の機材が必要なのかなと思ってしまうんですが、
お手持ちのiPhoneや、スマホで簡単に撮影することができます。

appストアなどで、「ストリートビュー」と検索してみてください。


私もiPhoneで撮影してみましたが、
とても簡単に撮ることができました。

171218_map.jpg

ただ、専用の機材ではありませんので、
きれいに撮影することは難しかったのですが、
店舗内を見てもらう写真としましては、
十分なものだと思いました。

とてもきれいな360度パノラマ画像を撮りたい場合などは、
専門の業者にお願いするか、
機材を揃え自分で撮影するのどちらかになります。


以上がグーグルマップでの対策となります。


地域での検索アクセスを増やすことに繋がりますので、
ぜひお試しください。


書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ