個別記事のページです

2017年12月20日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

服装は自由で良い(人生に気を使わずに30年後に自分の得する道を行く)

今、書いている6作目の書籍です。


服装は自由で良い(人生に気を使わずに30年後に自分の得する道を行く)


夏はタンクトップで、短パンを吐いて仕事をして、
初対面のお客様にもその格好で会い。打ち合わせをします。
冬はスエットパンツでトレーナーを着て打ち合わせをします。
創業から6年くらいはスーツを着ていました。
しかし、限界にチャンレンジしてみたくなりました。
そもそも、スーツを着なければ会ってくれない人と仕事をする意味があるのか。
なぜ、スーツを着なければいけないのか。
見た目で判断されるというのは、今後の付き合いに嘘をついていると感じました。
そもそも、打ち合わせの時だけスーツを着ていて、打ち合わせが終わればスーツを脱いで仕事しているのです。
なんだこの見かけ倒しの格好は意味があるのか。
あんな堅苦しいものを着ていたら、堅苦しい話しかできずに、
つまらないビジネスの会話をしなければいけなくなります。
1流の営業は、5時間あったら4時間50分は雑談ですよ。残りの10分で商談です。
そして、決まります。もう、仕事の話なんてしたくないのです。
スーツをお互いに来て会っているという打ち合わせってもう、お互いに騙す気満々ということでしょうか。
タンクトップでも必要と思われるような仕事をしていればよいだけです。
相手にとって失礼かもしれませんが、失礼と思うなら仕事しなくてよいです。
私にとっては、かなり不利な状態からスタートしますよ。
打ち合わせ言ってもみんなが、スーツで私はタンクトップなのですから。絶対に仕事はもらえません。
しかし、結果を返すことができるのは、私が一番結果を返せると思っています。
結果を返しているからこそ、この格好でも何も言わないお客様ばかりでリピートが多くあります。
新規のお客様は年間1割もいません。9割が既存のお客様です。
自分の実力を分かってもらえる人に対して、正直に伝えて、
見かけで判断しない人ばかりが集まるから気持ちの良いお付き合いができます。
失敗すれば、スーツを着ても、タンクトップを着ても言われることは一つです。
タンクトップを着ているから。あんなダサいスーツを着ているから怪しいと思った。
どっちにしろ、失敗すれば同じことを言われるのですから、どちらでもよいのです。
単純に最初から気持ちよく付き合える環境を作れればよくて、
1年付き合うと分かる性格を初日から出していた方が楽です。初日スーツで2日目タンクトップ。
契約取ったらばれるのですから、最初からばらしておけばよいのです。
そこまでして、身を着飾ってまで仕事を取るなんて、詐欺師じゃないんですから必要ありません。
 
スーツ着ていてもタンクトップ着ていても、1分ほど喋ればどれくらいの人格者かわかります。
どうせ隠せないのですから、必要ないのです。
スーツの着こなしを勉強するより、人格を上げる勉強をした方がよっぽど良い仕事が取れます。
常識を破り、自分らしいありのままでどこまで通じるのかを見極めるのが、いつも挑戦のやりがいがあります。
さすがに、紹介の時は先方の顔を立てるためにスーツで行きますが、
結局はその場で脱いでタンクトップになって話すのですから一緒です。
人は第一印象で判断されるといいますが、第一印象をスーツで判断する人に1流はいません。
出会った人と一生付き合う。その覚悟で人と会っていますので、最初からすべてさらけ出して受け入れてもらうようにしています。
遠慮すればするほど、相手に失礼になるかなと思っています。
自分らしい服装で、自分らしい語りができるリラックスした状態を作ることの方が大切です。
外見より中身で判断をしてもらう方が、相手の期待を裏切らないので後々無理をしなくて済みます。
自分の道を自由に生きるために服装は関係ないと考えます。
たちばなさんけっこんしき用_170928_0011.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ