個別記事のページです

2017年10月30日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

見た目ではない言葉の重要さ

こんにちは。ホームページ制作Fのなかぞのです。
車を運転するときに音楽をかけて運転するのが私の小さなリフレッシュ方法の一つです。
気分によってこの曲が聴きたいというのがあってコロコロ変わるのですが、
何かが特別聴きたい気分ではないときもあります。
そんなときは、Nakamura Emiさんの曲に戻ってきます。
一通り聴きたい曲を聴いて、また戻ってくるのが最近ではえみさんなんです。

ヒップホップベースのえみさんの曲はメロディーにのせた歌詞、というよりは
韻を踏んでいるので言葉に曲をつけたといった感じで、
訴えるというか語りかけるというような、そんな曲が多いです。
歌詞から考えると、恐らくえみさん自身の想い、体験談がほぼです。
自分のことを歌ってるのにとてもぐっとくる。

メインがメロディーではなく、言葉が引き立つように楽曲作成をしているらしく
それを知って「あぁ、だから歌詞や想いがスッと入ってくるんだなぁ」と気づきました。

飾らない言葉で想いや考えを伝えているので、ありきたりではなく
えみさんだからこその曲だなと聴いててよく思います。

言葉ってとても大事で、いいことを言おうとして言葉を並べるとありきたりになってしまうけど、
思ったことそのまま述べると自然と自分らしい言葉になってくると思います。

ちょっと強引に話をつなげますが、これはデザインで見出しを考えているときも同じで
いいことを言おうとするとありきたりな見出しになってしまう。
この会社さんだからこそのことをそのまま書くと会社らしさがでる。
そうすることで、「ここはなんだか他とは違う」と良い意味で捉えられるような気がします。
また、共感してくれる人もでてきます。
見出しを考えていると、考えすぎてありきたりになってきてしまうことがありますが
その人らしさを理解して、迷ったときこそ深く考えすぎずに感じたことを出していけたらと思います。

最近音楽を聴いていて、「あ、そういえば言葉って大事だな」と改めて気づいたので
今回ブログで書かせていただきました。

音楽繋がりで、最近「音とアート」の小さな美術館にいきました。
クラシックが流れていて、中には楽譜でできたアートが数点ありました。
その中でも目を惹くのがクリアボードに書かれた楽譜が幾層にも重なったオブジェです。
遠目から見ると何が何だかわかりませんが近くで見ると音符だらけ!(下の写真↓)
171030.jpg
不思議な世界へ入りこんだような感覚でした。
癒やしを求めている時にはピッタリの空間なのでおすすめです。
さて、先週末に今話題のマリオオデッセイを衝動買いしてしまって、
これが想像以上に面白いのでやること終えたらさっと帰ってやりこもうと思います。
3Dマリオにハズレはありませんね。間違いない。
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ