個別記事のページです

2017年10月27日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

積み重ねてきたものにしか出せないもの

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。


先日おばあちゃんが亡くなり、急遽実家に帰ることになりました。
そのため2日間お休みをいただいておりました。
対応や進捗などありがとうございます。


親戚一同が実家に集まり、子どもたちも10人ほどいたので、
終始賑やかな明るい雰囲気がありました。


通夜は実家で行われたのですが、
親戚や子どもたちから贈られたたくさんのお花が飾られていて、
とてもいい空間だなあと思いました。


通夜が終わりおばあちゃんを棺に納める納棺が別れの時間となります。


顔を優しく拭いてあげたり、おばあちゃんが大切にしてきた想い出の品も一緒に納めました。
子どもたちが書いた絵も入れ、最後にみんなでお花を添えてあげます。


それまでおばあちゃんが亡くなった実感は本当になかったんですが、
おじいちゃんの別れの言葉を聞いて色々な想いが込み上げてきました。


棺に蓋をする前にとても優しい笑顔でおばあちゃんの頭をなでながら
「お前は幸せ者や。こんなにもたくさんの花で囲まれて、たくさんの人に見守られ幸せ者や。」
その言葉とおじいちゃんの優しい笑顔にみんなで泣いていました。


その時の空気感はどう表して良いのかわからないんですが、
悲しい気持ちよりもとてもあたたかい気持ちのほうが大きかったです。


60年以上寄り添ってきた二人にしか出せないものというか、
本当に幸せな愛があふれる空間でした。


積み重ねてきたものには、なにものもかなわないなと。



今回は父が喪主でその下の副喪主みたいな立ち位置だったんですが、
礼儀作法に関しては無知だなあと改めて実感しました。


色々と考えさせられた3日間でした。


171027_sougi.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ