個別記事のページです

2017年10月25日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

全体像を捉える時期

こんにちは、ホームページ制作Fの植木です。

先日久しぶりに席替えがありました。
今私は新人が4人並んだ席の端に座っています。
今回の席替えは、新人の成長を進めさせたいという意図があってのこと。
「新人4人」といっても、入社時期が違うため、私が4人の中で一番経験が浅いです。

入社して半年経ちました。振り返ってみると、色々な経験をさせていただいたと思います。
まだまだ勉強の日々ですが、このところ強く思うのは、
そろそろ体系的に物事を整理していかないといけないということです。
個人的な性格というか、性質としてわたしは
俯瞰的に物事を捉えるのが下手で、ミクロ的視点は人並みだと思うのですが、
マクロ的視点が足りない傾向だと思います。
物事の点ばかりを見つめて、点と点がつながっている線の状態や、
線の支点、力点がどこなのかまで考え至っていない。
ややもすれば点ばかりに集中しすぎている。

今日も実は注意を受けたのですが、
目の前のことを作業的にただ進めるだけで、もっと広い視点を持ったら結果が違っていたとおもいました。
どうしたら俯瞰的に物事が見れるかは、正直まだ良く分かっていないのですが、
ほかの方のメール一つ見るのにも、次にどのように進むか考えてみたり、
最終的な形を前より意識してみたり、
関係ないかもしれませんが俯瞰的視点として日本地図を買って休みの日ずっと見ています・・。
d8f978cefe3e3e3d3ca7ad78487a2b23_s.jpg

あと2ヵ月後には年を越えるわけですが、
来年今よりももっと全体像を捉えてもっとしっかりと色々なことを任せてもらえるようになりたいです。

最近、ふと気が付いたのですが、週に一度のヨガのおかげだと思いますが、
前は足を投げ出して座ると足の裏がびりびりして、すぐに手を付かないといけないほど体が硬かったのですが、
何気なく足を前に投げ出して座ってテレビを見ていました。
「座れている!!!」と気が付いたとき、凄く嬉しかったです。
体もすこしずつ柔らかくなるように、何事も少しずつでも良くなるものだなとおもうので、急に大きな視点は持てずとも注意を受けながらアドバイスを頂きながら、
やはり毎日頑張って生きたいです。

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ