個別記事のページです

2017年9月 4日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

何故ありのままが良いのか

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。
この頃、Googleの検索窓にリフレッシュする方法、疲れの取り方、
安眠、快眠など無意識にそんな言葉ばかりを入れてしまうので
体が暗に何かを訴えているのかもしれません。

2da811ee4814f8954f0fa605975628fb_s.jpg


お客様に写真撮影をお願いすることがあるのですが
必ず、「自然に、ありのままに、普段の様子を撮って下さい」と
お願いをします。

出来ればプロのカメラマンさんに頼んで撮って頂くよりも
お客様自身で撮って頂いた方が良いです。

プロのカメラマンさんが撮った写真は
やはり、プロが撮影するだけあって綺麗なのですが
撮られている、という意識が色濃く働くからか
被写体になっているお客様の表情やポーズがキメキメな
ものになってしまっていたり、固くぎこちなくなってしまっていることが多く
そうすると、作られた感じのする写真・わざとらしく不自然な印象を与える写真に
なってしまうため、プロの方に依頼して撮って頂く、というのは
あまりオススメをしていません。

Fの作るホームページはお客様自身、ありのままを
出していく泥くさいホームページなので
あまりに綺麗過ぎる写真だと嵌らない、ということがよくあります。

1枚だけで見るととてもきれいなのですが
ホームページのデザインとして
入れ込もうとすると素材写真のように感じてしまって
浮いてしまう...という具合にです。

お客様自身に撮って頂いた方が、適度に肩の力が抜けるからか
表情やしぐさもより自然なものになりますし
お客様らしさ、会社様らしさが引き出されていて
良いなあと感じる写真が多いです。

例えですが
いつもばっちりキメ顔の自撮りを撮っている女の子の
素になって笑っているくしゃくしゃの笑顔を見たらキュンときた、とか
余所行きの顔ですまし顔の愛犬よりも、おなかを出して
リラックスして寝ている方が何だか愛しかったとか
そういった感覚に、近しいものがあるのかなと感じます。

表面的な良さも勿論魅力ではあるのですが
深い場所にある魅力が見えた時に、人はより惹きつけられるのではないでしょうか。

と、またとりとめのないブログを書いてしまいましたがまた次回...。
本日もお疲れ様でした。
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ