個別記事のページです

2017年8月30日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声をどうやって出すか

こんにちは、ホームページ制作Fの成松です。

つい最近までは「とにかく暑い」と社内の温度と戦いながら、頭が茹りつつ仕事をしていたのですが、

ここ2・3日でだんだん涼しくなってきた気がします。

昨日19時の社内ヨガが終わったときも、

先週までまだ明るかった窓の外が薄暗くて、夏が終わってしまったのを感じました。


ところで、私は最近大きな案件にようやく決着を着けることができて、

他案件のサポートや、実績ページを手伝っており、連日実績ページ三昧の日々でした。

ブログのネタがとにかく無いので、実績ページについて書こうと思います。


実績ページは、作るのは簡単そうに見えるのですが、

実はホームページを構成する上でとても大切な要素の一つだと思います。


自分がお客側になって改めて考えると分かるのですが、

例えば予約サイトなどを見ると、

どの部屋もきれいな写真が並んでいて、値段も同じくらい・・・となると、

キャッチコピーを見るよりも、
レビューや口コミを見て判断することがあると思います。


お客様の声、というのは実際に先に体験した方の言葉なので、

客観的な意見であり、飾った言葉を使わないありのままの会社が見えてきます。

さらに、ビフォーアフターの写真がそろっていたり、

直筆のアンケートが載っていたりすると、信頼度がぐっと上がり、

最終決定の大きなポイントになると思います。


お客様の声は、とにかく出さないともったいない!

というほど大切なページだと思いますが、

見せていく順番や配置はもちろん、その会社の業種もしっかり考えないと、

まとまりがなく単調なページになったり、せっかくのお客様の声を活かせなかったり、

大げさに出しすぎると、「やらせ」ではないかと疑われてしまうこともあるのではないかと、

言葉一つ考えるときもけっこう気を遣っています。


個人的には、普通のページを制作する時の「どんなデザインにしようか」と頭を悩ませる時とは、

また別の頭で考えている感覚です。

ちょっと苦手意識もあるのですが、

このページがすごく重要なところになるんだ!

と自分を鼓舞しながら、まだまだ頑張っていきます。


2030-n.jpg


書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ