個別記事のページです

2017年7月12日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「過保護のカホコ」で気付いた大切なこと

170712_nakayoku.jpg
こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。


最近メールをする時でも電話をする時でもとにかく相手と「仲良くなる」というのを意識するようになりました。
それは馴れ合いとかではなく、表面的ではないもっと深い信頼に近いイメージです。
仕事とか普段の人間関係もすべて信頼の上で成り立っているものだと思います。


私の妻は、ドラマであればとりあえず何でも録画するとういう習慣があります。
その習慣のお陰で昨日「過保護のカホコ」というドラマを見ることができました。
ストーリー的には、名前の通り最初は過保護に育てられた社会の厳しさも知らない甘々なカホコなのですが、
大学である男性と出会い、その男性との出会いをきっかけにどんどん成長していくというものです。


途中ユーチューブで音楽を聞きながら見てたのであまり覚えてないのですが、
カホコが一生懸命ティッシュ配りをしていたところから気になり、
イヤホンしたままちょっと真剣に見始めました。


そこにたまたま?現れたのが、さっきの男性で、その真剣さが伝わり一緒にティッシュ配りをはじめます。
すべてが終わると疲労と空腹で倒れそうになったカホコを放ってはおけずファミレスに連れて行ってあげました。
カホコはお腹がいっぱいになると眠ってしまうという習性があります。


全然起きないカホコを放っておくことができず、
突然眠っているカホコの絵を描き始めました。


朝になって起きたカホコがその絵を見て、
仕事とはこれ!!!という悟った!!という感じでひらめたいのです。


で、何を悟ったのかというと「誰かを幸せにする仕事がしたい」というものです。
このセリフを聞いて鳥肌が立ったというか、このカホコのその後を見てみたいと思ってしまいました。


「誰かを幸せにする仕事がしたい」というのはとても抽象的な言葉ではあるのですが、
最も大切な部分であり、仕事の原点でもあるのではないかと思います。
これが抜けてしまうと、仕事をする意義が見つからず、全然楽しくないものになるんではないかと思ったんです。


僕が意識するようになった「仲良くなる」というのもここに通じるものがあるのかなあと。
だから「過保護のカホコ」の話を取り上げてみました。仲良くなればその人を助けたいと思います。その人を楽しませたいと思います。
その人を幸せにしたいと思います。お互いがそう思うようになる関係が理想なのではないかと思いました。
(なんか思うが多いなあ・・・)


抽象的な大きな想いがあり、それを達成するために具体的な手法というか手段というか行動につながる。
最近特にそう思うようになりました。


仕事では意識できるようになったんですが、
中々プライベートでは上手く行かないようなきもします。


「仲良くなる」が前提にあれば、妻とも家族とも友達とも、もっと楽しく、楽に過ごせるのかなあと笑
話す言葉も変わってきますし、行動も変わってくる。


仕事だけではなくプライベートも充実させていこうーーー。


書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ