個別記事のページです

2017年6月23日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

不安材料が消える大分出張

こんにちは!ホームページ制作Fの花宮です。


先日、庭師からエクステリアへ方向転換しようとしているお客様が
三日間という長時間に渡り、いらっしゃいました。
私が担当になり、フルに対応させて頂きました。


最近は、望月が打ち合わせにめっきり入らなくなり、
スタッフが初めから終わりまでお話をするようになりました。


思い返せば、つい一年前ぐらいは、
文章を書く時になったらスタッフの出番!という感じだったのですが、
時の流れとともに変わるものですね。
離職率が減って、スタッフ全員が成長してきたこともあるのかなと思いました。


基本、私たちはヒアリングに特化していて、
お話を聞くことからまずは始めます。


今回のお客様も初日はヒアリングにすべて当てました。
午後からでしたので6時間ぐらいでしょうか。


なぜ庭師をやろうと思ったのか、
エクステリアに方向転換した理由は、
信頼を得るためにしていることは、
いちばん重要な現地調査はどのレベルまでするのか、


といった事などを永遠と聞きました。
そこからお客様の良いと思った部分をメモしていき、
理解を深めていきます。
お客様を好きになっていく。といった方が的確かもしれません。


好きになってしまえば、このお客様の力になりたいという気持ちが湧いてきて、
制作物もより良いものになります。
辛い状況でも最終的に喜んでほしいから絶対に妥協なんてしません。


そんな想いを作るためにも、この時間をFでは本当に大切にしています。


今回のお客様の良い所は、どこまでも人が良いところ。
この人になら、自分が毎日見る庭でも
精一杯頑張って作ってくれそうというところでした。


技術的な部分も、もちろんあるに越したことはないですが、
ここまで親身な雰囲気はなかなかあるものじゃないと感じました。


二日目からは、私がトップページのラフを書いて、
さっそく文章の作成に入りました。


ここで、エクステリアの事例がないという弱点を
どうカバーしようかなと必死に考えていました。
そこで、望月が見ていたように入ってきて、


庭師の経験がせっかくあるんだから、
剪定とかもするって事をページで出して、
エクステリアとかの仕事に繋げてもいいんじゃない?
庭のことなら何でも任せられる。そんな人になれれば良くない?


という話をしてくれました。
お客様もそれだ!と言わんばかりに納得されていました。


考えれば当たり前のことだったのですが、
エクステリアに囚われすぎていた気がしました。


需要が多い所から拾った方が絶対に良いし、
何より今まで培ってきたことを無駄にしないで済みます。
こういう要所要所の方向性を決める大事な時には入ってきて、
10分ぐらいサラッと解決していくから、さすがだな...と感じました。


その夜は、私もご飯を一緒に食べにいき、
不安材料が減っていくことに感激されていて、
とても楽しそうでした。よかった...。


そして、三日目も鬼のような文章作成が続きました。笑
帰り際に、とても充実した三日間だと言って頂き、とても嬉しかったです!


喜んで頂けると本当に疲れもふっとびます。
せっかく大分に来て頂けるのですから、
何か一つでも不安材料が解決できるといいな~と、
そんなお手伝いをこれからもしていきたいと思います!

庭師のお客様

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ