個別記事のページです

2017年4月 6日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

チームであって個、個であってチーム

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。


もうすぐ趣味でやっているダンスの
発表の本番があるので
この頃はダンス友達と土日集まってせっせと練習に励んでいます。
皆、職種も年齢も性別も違う社会人同士なんですが
ちょっとした部活動のようです。
はたから見たら何してるんだよ...って感じだと思いますが、
本人達は至って真面目に趣味を楽しんでいます...(笑)


今日はその趣味のお話をしたいと思います。


私の行っているダンスは数人のグループで行うものです。
基礎も無く、見様見真似で始めた人が大半です。私もそうです。
超高難易度!のような曲は踊れませんが
練習をしなければ踊れないレベルではあると思うので
踊っている曲の難易度的には低中高とあったら、中といったところでしょうか...。
ちなみに今、数曲練習中のものがあるのですが
一番動くもので、体力の無い私は1分半で息が切れます(笑)


趣味なので、楽しいことが大前提なのですが
最終的に人前で発表をするという目的があるので
練習の際は、ただ集まって楽しく踊る、と
いうだけではなく素人なりに
完成度を高めるための練習をしています。


具体的には、動きや立ち位置の間隔を揃える、もっと映えて見えるように
振りにアレンジを加える、実際のステージ幅に合わせて踊る~とか
そんな感じのことをしています。


1.スタートは振り入れから

完成度を高めていくためには
まず大前提として『振りが入っていること』
これがなければ話が始まりません。
基本的には誰か教えてくれる人がいるわけではないので各自、自力で覚えます。
なので、振りの入りが遅ければ遅いほど、皆の足をひっぱります。
振りを入れるのが早い人もいれば、遅い人もいて
出来る振り、出来ない振り(得意・不得意)が出てくるので
自分に出来る限りのチャレンジをして難しかったところは出来る人に要相談する、
というスタイルを取っています。
最大限努力して、最大限にフォローし合う、これが大切です。
ここでやっとスタートラインとなります。


2.動きを合わせる重要性

振りが入っていると言っても
一人一人、踊り方に癖があります。
同じ振りで同じ動きをしているつもりでも、
角度や、タイミングなど人によって微妙に違っていますし
間違えた振りを覚えていることもあります。
複数人で踊る時にはこれを合わせて修正していきます。
バラバラよりも揃っていた方が綺麗だし、格好良いからです。


その修正時に大切なことがこの3つ、だと私は思っています。


・気付いた時に、正直な意見を出すこと
・指摘を受けた時に素直に「ありがとう」と言えること
・癖をなおそうとする意識を強く持つこと


言い出しづらい、と思って口ごもってしまえば、その人の癖や間違いは
よくなりません。本人が気づいていないからです。
気付いた時に、こうじゃない?と伝えてあげることこそ
相手のためとなり、チームのためにもなります。
そして、指摘してもらった時は素直に受け入れることが大切です。
この人は自分の事を想ってくれたんだな、ありがとう、と感謝の気持ちを
持つことでお互いの信頼度も増していきます。
また癖というのはやっかいで染みついた振りの変更はすぐには出来なかったりします。
まわりがどんなに声をかけても、最終的には本人の強い意識づけがなければ
癖の修正は難しいです。


3.第三者目線でダメ出しをもらう

そして、自分達以外の視点の力を借りる。
これも大切です。


ある程度、振りも入り、合わせて踊れるようになると
自分達で、良いか悪いか判断がつかなくなる時期がきます。
そんな時は第三者に見てもらうのが刺激にもなり、良いところや改善点も見つかりやすいです。
出来れば経験者に見てもらうのが良いです◎
ビシバシ厳しく指摘してくれる人だとなお良いと思います。


私は一人だったらこの趣味は続けていないと思います。
一人でやっても楽しくないからです。
私は自分を人に見て欲しいという気持ちはあまりありません。
本番前はいつも吐きそうなほど緊張しますし、人前に出るのも大の苦手です。
それでも続けているのは、合わない時間を調整し合って
数分間の一瞬の本番の為だけに何ヶ月も前からコツコツと準備を重ねる
皆と作り上げる時間と終わった後の達成感が好きだからなのだろうなと思っています。


この趣味のいくつかのポイントの中には
改めて振り返ってみると
普段やっている業務に通じるものがあるなと思いました。
複数人でダンスをすることもホームページ制作もチームで動きます。
そして、チームで動きながらも個の動きが大事、個でありながらチームである、
ここが共通している、と感じました。


例えば例として...
沢山いるしわかんないでしょ、と誰か一人がサボったとします。
実は沢山いるからこそ、サボった人というのはとても目立ちます。
ダンスで言うと、一人だけ共通の振りを間違ったり揃っていなかったりすると目立ちます、本当に。


逆に誰か一人だけが頑張っても良い物にはなりません。チグハグで中途半端なものになります。
全員が同じだけの気持ちで、同じクオリティを目指した時に
本当に良い物、良い結果に結びついていくのです。


チームであって個、個であってチーム
この意識を忘れずに趣味にも仕事にも真剣に!向かっていきたいと思います!!


これ、という写真が無かったので、ここ最近一番リラックスしていたのではないかと思われる愛猫の寝姿を載せておきます。お疲れ様でした。
BeautyPlus_20170404232725_save.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ