個別記事のページです

2017年4月 5日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

教えること、伝えることができるようにする

こんにちは、ホームページ制作の足立です
がったんがったんと落ち着かなかった気温が、
よくやく春らしく暖かくつづくようになりました。
そのせいか、最近は時たまがくんと凄まじい眠気に襲われています。
恐らくこれからまだまだ心地よい暖かさが続くので、
集中力が途切れないよう、一層気合を入れて仕事に臨みます...!

私も3月で入社してようやく半年がすぎ、
その間に新入社員の方も入社されました。

そういうことでもちろん、私も新入社員の方に色々教えたり、
デザインを見るという立場になりはじめました。
ただ、そういった立場になって初めて、
自分が今までやってきた仕事や教わってきたことを、いかに
身につけられていないのかを実感させられました。

デザインや文章、把握シートやSEOなどを見せてもらって
「どうすればよくなるのか」「何が悪いのか」「どういう理由でそうするのか」
自分でつくるとき、頭でわかっていても、それを誰かにわかるように伝えないといけない、
となるとなかなか言葉が出てきません。
学んだことは人に教えられるようになって初めて、しっかり身についたとわかる
とは良く聞きますが、私はまさにそこで引っかかってしまっていました。

中々自信を持てず人に何かを指摘したり、教えたり、
そういった責任をもつことがとても苦手でした。
今こうして、改めて直面して考えてみれば、ただしっかり自分の力にできていない、
そうするための努力から逃げている自覚があったからこそ、
そんな自分に自信が持てなかったのだろうなと...
ちょっと考えてみれば当たり前のことなのですが...。

20170405.jpg


まだまだ勉強も経験も不足していること、自分が確実に身につけていくべきこと、
改めて気づくことができました。
当然のことですが、制作はお客様と直接お話をしながらデザインを作り上げていくので、
説明ができるという能力が低いのはあまりに致命的です。
自分の知識にも能力にも、もっと自信と責任を持って向き合えるよう、
そして頼りなさをどうにかなくしてちゃんとFの中で少しだけでも「先輩」ができるよう、
自分をしっかり鍛えなおすためのスタートを改めて切っていきたいです。
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ