個別記事のページです

2017年3月10日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

目指すべき場所と逃げない心の強さ

戦国時代
こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。


最近本の中でも特に大好きなキングダムを1巻から読み直して昨日全巻読み終わりました。
まさにこの1ヶ月ほどは頭の中がキングダムに溢れていました。
空き時間が少しでもあればキングダムを読みすすめるのが日課でした。


昼休みにも読んでいたんですが眠気も吹き飛ぶほどその熱さに興奮しました。


特に秦が滅ぶ寸前までいった蕞(さい)での戦いは鳥肌が止まらなかったです。
政の檄はキングダムの中でも最高に熱くなった一幕でした。
あの当時の王はあれほどまでに民に対して影響力があったのか、
民は死ぬこともいとわずにあれほど士気を高めて戦えるのか、
今の日本では考えられないことですが、戦争の怖さを知る漫画でもあります。


そして、キングダムの中で一番おもしろいなと思ったのは、
政と信の誰も成し遂げたことがないほどの高すぎる目指すべき場所と、
バカでかい大きな軸がブレない芯の強さです。


政と信はどんな困難が起きてもそれは目指すべき場所に行くための試練だと考えています。
だからこそ絶対に諦めないし、どんどん乗り越え急激に強くなっているんではないかと思ったんです。


でもだからといってどんな手段を使ってでも目的を達成しようとは考えていません。
政も信も理想の世界がはっきりとしています。
その目指すべき理想の世界とそこに行くためのブレない強さに共感して
人々は命を投げ出してでも応援したい力になりたいと集まり、
国単位で世界が動いていくんだと思いました。


尾平の言葉を借りると「飛信隊はどの隊よりも心が潤っている」
盗みや陵辱をする必要がなくて、欲に負けない高いエネルギーで満ち溢れています。
※飛信隊は信を隊長として構成された軍隊みたいなものですかね。


私自身仕事で困難にぶち当たったとき逃げたい気持ちが出てきます。
戦うことを恐れてしまうことも多いです。


でも何もせずに逃げた時点で成長はできません。
それを教えてくれたのがFという会社です。
Fは社員一人ひとりが成長していける世界をつくっています。


逆に成長を止めている部分を無くす努力もしています。
例えば、残業が代表的ですかね。
私もいつも時間から逃げていました。


残業すれば進捗の遅れを回収できる。
土日出ればなんとかなる。
とっても大切な時間を何も考えずに捨てていたんです。


そのことに気付いてから時間を意識するようになりました。
前回の記事でも書きましたが時間をもっと大切にすることが必要なんだと思います。
時間を犠牲にしても成長はありませんでした。


時間で解決しようとしない。


Fの社員にも時間をとても意識している優秀な方がいます。
その方たちは残業が本当に少ないです。
でも仕事はしっかりと回していました。


私自身が成長するためにも時間を意識して残業をしないことが、
次のステージに上る重要な試練なのではないかと思います。


理想の世界を明確にする。目指すべき場所を明確にする。
そこに行くための試練からは絶対に逃げない。
Fという会社はとてもストイックだと思います。


キングダムで政と信が歩んでいるストーリーも、
Fの一員として歩んでいるストーリーも、
繋がっている部分は沢山ありました。


いまのFはとても優秀な社員が集まっています。
目指している場所は間違ってはいないのだと思います。
逃げなければ成長できる会社です。


尾平的に言うのなら特に欲がないのも心が潤ってる証拠なんですかね。笑
どうなんでしょうか。笑


政と信みたいに迷いなく目指すべき場所に走り続ける。
そんなエネルギーあふれる人生を送りたいですね。
キングダムを読んで色々と感化されてしまいました。


でも、ゆっくり少しづつ成長していければ良いのかなと思います。


それでは、本日はここまで!
ありがとうございました!

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ