個別記事のページです

2017年1月26日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

もらいたい声をしっかり貰うとその気になる(お客様の声)-売れる戦略会議

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F望月聡です。

毎週お送りしている内容は、
私自身が長年悩み解消したことをお送りしております。

本日の悩み解消までかかった時間は7年間です。
やっと解決した問題をお伝えします。

弊社のサービスを素晴らしいと喜んでもらっているのに、
なぜか。紹介が少ない。

リピートされるけど。
もう少し単価の高いものにしたい。

サービスは良いと言われるのだが、
なぜか。思った以上に伸びてこない。

あんなに喜んでくれているのに。。。おかしい。

このようなことを考える時期がありました。

多くの会社様でも悩む問題だと思います。
この問題を試行錯誤して解決するのにかかった時間が先程お伝えした7年間です。

喜ばれているけれど、
他の業者さんと一緒にされたりすることが多い。

業界の枠(HPは安い)を抜けれない時の話です。

正直、この悩み自体は、地道に成果を出していけば、
15年経ったときには本物となり、
ブランド力となり老舗企業力となり自然と解決する問題でもあります。

なんとしても、すぐに結果がほしい。
15年後も結果を出し続ける苦悩と理解されない苦労をしたくない。

「知恵さえあれば、時間で解決するという無駄を省くことが出来ます。」

では、どのようにすれば
リピートは増え。単価が高くなり。唯一のブランドとなるのか。

それは、
貰いたい声をしっかりと貰うようにすれば解決していくと考えました。

お客様の心は中身は「なんとなく良いんだよね。」

「Fって凄いけど。社長の礼儀がなってないから紹介できないんだよね。」

「とっても良いんだけど、社長の癖がねぇ。。。」

良いんだけど、、、、悪いところが目立つ。多くのお客様の心にあるべきことです。

良いほうが90%としましょう。
悪いほうが10%としておきましょう。

Fで売上を上げたけど、、社長がねぇ。。。

この言葉の結果は。
プラスマイナス0。。。いや、もうきっとマイナスになってる。

「-1」くらいになっている。

お客様の心がマイナスになってる。

結果的に可もなく負荷もなく。
新しい営業マンが来たら私達のことを忘れているんです。

良かったんじゃなかったんですか。
いやいや、おかしくないですか。。。

と言っても無駄なんです。

そう。人は良くない印象の方が100倍残る。

そして、最大の罠は。
社長の礼儀を正しても変わらないんです。

売上はあげたけどねぇ。最後の爪がなんとかかんとか。

に変わるだけなんです。

結局。
ブランド威力や老舗大砲がないと。
他の人が喜んでるから流石。というわけには行かないんです。

そこで考えつくことは、
大衆論理を巻き込むということです。

だからこそ、
老舗企業はずっと繁栄できるのです。

なんか良かった。周りの人も良いっていってるし。
行列ができるところはなんか。美味しく感じる。

行列を作る理論もしてみましたが、
これは一過性の物で意味ないのでスルーします。(ここでも悩み。実践しました)

弱者企業が皆さんから愛されるためには何をするのか。

それは良かったものを心に刷り込む事です。

自分から自発的に、思ってもらうには、
自分の口から出た言葉や書いたことに責任がついて
心の底からそう思うようになりやすくなってきます。

記録に残るものは、責任がつきまとう。
曖昧な記憶を整理したシャープな記憶に根付かせる。

そのために、
お客様がなんとなく考えている部分にフォーカスした
お客様シートを作ることも重要となります。

お客様シートの作り方だけで、かなり悩み実践をした結果。
お客様のもやもやを確信に変えることができる。

良いお客様シートが貰えれば、
そうそう。そういう会社が欲しかった。

やっぱり頼んで正解だった。
そうだ。満足を。私はとっても満足しているんだ。

漠然としていた満足の悩みが、
解消されてお客様の声シートを書いた本人も口コミをしやすくなり、
これでお客様からリピートが増えてきます。

(あくまでも誘導尋問ではなく、ただのお客様の心の整理です。)
(偽物のサービスにはこの方法は通用しません。)

そうすると、
お客様から何気ない一言が書かれたりします。

その一言が、
私達が探していた本当のサービスであり。

おぉぉ。。
こんなことを思っていたのか。
だったらこのサービスを強みにしたら、
単価の高い商品が出来てもっと喜ばれる。

もしくは、
スタッフが読むと私達は良いことをしていると
モチベーションが上がります。間違っていなかった私達の道は。という感じです。

これをあまり不執拗にスタッフにすると、
キラキラした良くない社内が出来上がる傾向になります。
もっとお客様のために!!そうではなく、自分のために働かせたい。

(正直。単価を上げなければもっと繁栄します。)
(しかし、要求されるレベルも上がるため)
(スタッフの給料も上げなければ人材不足になります。)
(スタッフの給料を上げたくないとキラキラさせるのが楽です。)
(そのような環境で働いている方は自分のために仕事をして下さい。)

と・・・・・少し余談すみません。

お客様と私達のボタンの掛け違いを正すと、
お互いにかけ合いで良い方向に行っていく。

この流れができてくると。
ご自身のサービスが「市場の価値」と一緒になり。

無駄な説明や泥水を飲むような仕事が減ってきます。

会社は益々お客様と仲が良くなり、
より良い方向性の合ったお客様が寄ってくるようになります。

市場の価値と今の自分の価値を合わせられるように、
すると無駄がないといつも感じます。

お客様の声シートを読んでくれるお客様はもういませんので、
その声シートを元に情報発信をしていくと、繁栄していく会社に変わっていきます。

その情報発信で1番簡単なのが、
ホームページだったので私はホームページで
ブランド力を構築するように動いて今があります。

伝え不足を解消すると、物事は大きく変わります。

長年悩み続けたことで、
僕の礼儀のなさを直さずに見つけた方法です。
人はみんな自由が良いと感じます。突き止めると道があるものです。

本物こそ人に伝えないと損だと感じます。

少しでも参考にして頂けると幸いです。

■3年前のブラック企業さがよく出ている日記です。
https://www.web-f.net/2017/01/post-35484.html


■我慢をしない会社の生の声を発表
https://www.web-f.net/2017/01/-f-.html


■2016年の戦績結果↓
https://www.web-f.net/news/2016.html


■1月の手書きニュースレター
https://www.web-f.net/news/2017-01.html

今週は2件。
神戸と福岡の方とスカイプをして依頼されました。
https://www.facebook.com/house0529

Fの最終トップページラフは、3日間書かせても完成しなく。
スタッフが本日も書いております。来週お見せしたいと思います。

今後とも長いお付き合いをよろしくお願いします。

2017-01-26 09.34.08.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ