個別記事のページです

2016年12月14日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

頭も体も健康に

こんにちは。ホームページ制作Fの足立です。
最近、仕事の中で調べる機会があったこともあるのですが、
身体を壊して病院でお薬をもらうことが多くなり、その中でも漢方薬に
興味がわいてきております。

名前がかっこよかったり飲むのがつらかったりする漢方ですが、
症状を抑えるのが目的の薬とは違って、飲んだ人の
身体を症状の原因から治していくものなのだそうです。
根本的な部分から治していくため、使うためにはまずしっかり原因を突き止め、
良く効くものを選んでいるそうです。


悪いところの原因を突き止めることは何においても大事です。
とくに、失敗したこと、悪い方へ転がっていっていることに関しては
早急にしっかりと見つけて、治さないといけません。

Fではお客様としっかりと向き合い、その魅力や想いを伝えるために
把握という過程があります。
ちゃんと呑み込めているか、伝えることがわかっているか、
手書きでシートを作成し、お客様にもご確認いただいております。

しっかり把握をしたあとに制作に入るのですが、私は特に、
どうしても文章やデザインがなかなか出てこなかったり、出てきたとしても
しっくりこなかったり、先輩方に見ていただいてもずっと同じ部分で苦戦して
しまったりと、制作でつまづくくことがとても多いです。
なにがダメなのか、どこを治せばいいのか、ぐるぐる回って時間ばかりすぎる
ようなことが続くこともあります。

そういうとき、少し落ち着いて自分の書いた把握シートを見返すと、あっさり
こうすればいい、という答えが見つかることが多いのです。

原因を見つける、ということ自体はきっとそんなに難しいことではないのだと思います。
ただ、自分の中で整理できていたつもりでも、進めていくうちにほどけて
表面的になっていって、ちょっとした間違いの原因すら奥に入っていってしまって
わからなくなってしまいます。

20161214.jpg

とはいえ、そのたび毎回毎回悠長に原因探しの旅などしているような時間の余裕もありません。
そこに他の方の力をお借りし続けてしまっているのもいけません。

ぐるぐるしていない、常に「健康」な頭でいられるように、
深い部分の原因にまで目を光らせつつ制作ができるようにつとめていきます。


身体のほうの原因根絶(服薬)生活は、そろそろしんどくなってきました...
早く身体も健康にして、年末を迎えたいです。

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ