個別記事のページです

2016年11月 1日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

違和感を解決してデザインをする!

こんにちは!ホームページ制作Fの花宮です。
だんだんと冷え込んできましたね。
暑くなったり寒くなったりは、毎年こんなに寒かったっけ?暑かったっけ?
と思いますが、大抵毎年そんなに変わっていないことが多いです。笑
人間の記憶力ってそんなものですよね。


さて、今日はデザインでやってしまったことを書いて行こうと思います。
「うまく行っていない時に無理やりデザインをしてしまうこと」
についてです。


今回の制作では、トップページ・セカンドページと
珍しくズレずに上手く行っていたこともあり、
完全に高をくくっていました。


ページの下書きのラフも最初に書いていて、
社長からもOKを頂いていたので、
この調子ならいける!!と...。


しかし、ラフの通り、制作を進めていく中で、


なんかこのページはやりにくいな...。
なんか見にくいな...。


という思いがずっと付きまとっていました。


この原因をはっきりとすること無く、制作を進めてしまい、
出来たページを社長に見せたら、一瞬で見にくいと言われました。
そこで、他の人達に見てもらって問題点が浮き上がってきました。


それは、
「1カラムのデザインを今までしたことがなかった」
ということです。
(1カラム...サイドメニュー等が無くコンテンツだけのページ)


Fのデザインは、大体が2カラムで左右にサイドメニューがある形が多く、
私もそのデザインしかしたことがありませんでした。
他の人達に見てもらった時に、


「2カラムのまま大きくした感じがする」


という事を言われました。
ここは写真をもっと大きく出した方がいいし、
左右の余白は開けた方が見やすいなど、色々とアドバイスをもらいました。


いま、修正を行っている最中なのですが、
今回最初の違和感を解決せずに、そのまま進めてしまったことが
とても問題でした。
今では、気付いていたはずなのに何故そのままにしてしまったのか、
という思いが強くあります。


悪かったことや怒られてしまったことは、
「やってしまったシリーズ」でメモを残しているのですが、
また新たに追加します。
冒頭の話ではないですが、記憶より記録が大事ですね。


では、寒さで指が動かなくなって来ましたので、失礼します!!!
違和感を解決したデザイン

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ