個別記事のページです

2016年10月25日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

人に伝わる話し方を考える

こんにちは、ホームページ制作Fの成松です。
最近体があまりに固いので、「どんなに体が固い人でもペターッと開脚できるようになる」という、
メディアで話題の本を買ってしまいました。
実践し始めてから早4日目(今日も帰ってから実践します!)
初日よりは軟くなっているような気もしますが、元が固いので少しだけ伸びるようになっただけのような・・・
果たして4週間後に開脚できるようになっているのでしょうか・・・

さて、ここからが本題です。
Fに入社して半年も過ぎ、最近は新人さんに「どうしたらいいですか?」
と意見を求められることも増えてきました。
前も書いたことがあるかもしれませんが、私は人に物を伝えるのがとっても苦手です!

自分ならこうするけどなぁという手順はあるのですが、
相手にどう話したら伝わるかなぁと、うんうん悩んでしまいます。
結局「これではお互いに時間が無くなる!」となり、
マウスを渡してもらい「見て学べ」精神で進めてしまうことが多いです。

また、報告ごとがあるときに、伝えるべき話の主語が上手く言えておらず、
相手が「ん?・・・あそういうことか」と困惑してしまう場合も多々あります。
Fのスタッフは、皆さん読解力と理解力があるので救われていますが、このままでは問題です。

改善するにはどうしたらいいのか・・・とまたもんもんとしていましたが、
自分自身が上手く話を伝えられない原因を発見しました。
ずばり私は、あまり物の固有名詞を覚えていません!
イメージとして物を捕らえていることがとても多く、
名前を言葉にしようとするとなかなか出てこず、曖昧な表現になりがちです。(なぜか文章では書けるのですが・・・;)

分かりやすい伝え方を調べると、まず最初に「相手の理解度に合わせることが一番」とあります。
また当たり前ですが、主語は必ず入れて話すこと。
主語を交えずに話てしまうと、相手の理解と自分の離していることが大きずれていく結果になり、
伝えたつもりになっていたことで、聞いてないよと相手も自分も憤ることに。
などなど・・・

伝え下手の特徴が全て私に当てはまっています!
私の場合、主語の固有名詞をしっかり伝えられていないことがこの根本にありそう。
今までどれだけ伝える努力をサボってきていたのか・・・。
これからは人に話しを伝えられる努力をします。
やっぱり伝えるのが上手い人はかっこいいですしね。

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s.jpg



書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ