ホームページ制作Fの業務を月ごとにご紹介

2016年10月28日(金)
ホームページはひとりでは作れない

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。
先日、私生活でとても悲しいことがあり
元気を出すための活力を探し求めています。
元気募集中です。

↓彼女はささやかに私を慰めてくれる実家の飼い猫
DSC_1532.JPG
意外に、というか、動物って人の感情の変化に敏感でよく気づいてくれたりします。

今日は、確認不足と気づき不足についてのお話をしたいと思います。
私が関わっていた公開間近のお客様の案件で
公開準備に入るまでに確認していなければいけない事項や
作業する中で気付くべきだったことに気付けず
結果としてその案件に関わった自分以外の人達に迷惑をかけてしまった、という
ことがありました。
迷惑をかけてしまった方達には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

なぜそうなってしまったんだろうか。

・要所要所での確認が足りていなかった。
・複数の人の手が入ったところで把握しきれていない部分が出てきていた。
・公開日までの日程の流れを自分の中に落とし込みきれていない部分があった。

私はデザインを担当していますが
ホームページはデザイン・コーディング・SEO・・・など複数の要素が
合わさって出来ています。
それら全てを一人で行うという方ももちろんいると思いますが
Fでは分業化しているため、専門の担当に分かれて各々の担当に責任を持ち業務にあたっています。
私は今回、確認が出来ていなかったせいで、気づけなかったせいで
連携が取れませんでした。

ホウレンソウ、は基本ですが
何をやるべきか、知っておくべきか、常にアンテナを張って
確認する・気づく、ということにもっともっと意識を置いて行かないといけないと感じました。

この反省を学びとして
・ホームページは沢山の人達が関わって成り立つものだということ、
・どの場面でどんな情報が必要なのか、自分のとるべき行動は何か
道筋を立てて整理し周りの状況も把握しておかなければならないこと、

を忘れないよう肝に銘じてまた月曜日から業務に取り組んでいきます。

2016年10月28日(金)
自分らしく生きて行くために起業した生い立ちと結果-売れる戦略会議

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F望月聡です。


今週は起業した私の生い立ちから導き出された現状です。


私自身の起業の目的は社会的人間性が無かったからです。


社会で生きていけるような人格者であれば、
起業はしなかったと考えます。


その反動の1つに、
起業を失敗したら社会で生きていけないので、
死に物狂いで勉強をしてきました。


社会の中で働きたくない。サラリーマンは絶対無理。
死ぬまで働きたくない。もっとお金がほしい。


自分というわがままを貫き通した結果、今の会社があるだけです。
まったく大した理由はありません。


わがままな性格でなければ、
自分を抑えることができれば、社会で働けたと思います。


わがままを貫いたことが、
自分らしいと言えば聞こえは良いですが、
そもそも我慢の出来ない社会不適合者なので、褒められたものでありません。


自分らしさを突き止めて仕事をするとどうなるのだろうか。


その探究心と社会に戻れない怖さで、
一生懸命仕事をした結果が今につながりました。


11月のニュースレターに社内の現状を書いております。
https://www.web-f.net/news/2016-11.html


無借金経営も、会社を倒産すると
社会人に戻らなければいけない恐怖心で無借金経営にしているだけかもしれません。


親とはだいぶ会っていませんが、
最後に言われたのが、どこまで「要領の良い子供なんだ」と言われました。


ずっと、胸の中に引っかかっていたのですが、
よくよく考えると、家庭では兄弟や親に何か言うと、
すぐに暴力や威圧で返ってきていました。


反抗せずに、ただ、耐える。


どうにか怒られずに過ごそう。
殴られるのが嫌だから、気を使って生きよう。
象が鎖を幼少からつながれて矯正されるような状態。


そんな生活をしていたら、要領良くなったんだ。
最近気が付きました。


全ては自分のせいで世界はある。


・親から見れば要領の良い子供を作ったのも自分のせい。
・私から見れば要領の良い性格だから今の自分がある。


全ては自分が世界を作っている。


自分らしい生活をしていますでしょうか。
我慢するのも、常識に流されるのも自分らしい生活と考えています。


自分の周りに優しくすれば、必ず周りが変わってきます。
昨日お客様の会社の社員教育をした手書きの感想文です。
3人共号泣していました↓
https://www.web-f.net/2016/10/post-35432.html


今の瞬間が自分を作っている。


私がいつも考えることは、


名誉は人に譲り、恩は返し続けて、
技術や情報は自分で止めない。
自分がいなくても回っていく環境を作る。


名を残さずして死んでいくことが一番良いと考えています。


人に使われるのが、一番キライだからこそ、
他の人にも。人に使われるという体験をさせたくない。


人に迷惑をかけなければ、弱みも無くなり好かれていく。
人を幸せにしていれば、幸せに勝手になる。


アタリマエのことに気が付きました。


今だったら、社会で働ける。多くの人のためになれる。


困った人がいたらすぐに助けられるように、
身軽にいつもしている生活です。


気負わずに周囲と調和した。周囲と理解を深めた。
周囲を仲間と思い。仕事をしていくことで多くのことは解消されていきます。


人は小さなズレで、不満や不安が起きてると感じてます。


今の行動で、人生を作っていると感じております。


他愛もないことですが、なにか参考にして頂けると幸いです。


スタッフ達は凄い文章を書いております↓


■デザイナー4年半での自分と向き合う怖さと葛藤
https://www.web-f.net/2016/10/post-35429.html


■人に伝わる話し方を考える
https://www.web-f.net/2016/10/post-35430.html


■芸術大学では学べなかった。
 アートとデザインの違いを社内で学ぶ
https://www.web-f.net/2016/10/post-35431.html

■新人は考えすぎて運動していないのに足がつる。
https://www.web-f.net/2016/10/post-35426.html

■信頼が生まれ勝手にファンが増える?改めて気付かされた大切なこと
https://www.web-f.net/2016/10/post-35422.html


■効率のよいSSL作業手順
https://www.web-f.net/2016/10/ssl-2.html

社員が勝手に学び成長してくれる環境を、
とても感謝しております。


創業以来12年ぶりに進捗表が守られました。
やっと残業がすごく減りました。
この話はまた、来週したいと思います。


お力添えさせて頂きますので、
今後とも長いお付き合いをお願いします。


2016-10-27 10.09.24.jpg

2016年10月28日(金)
こんな会社で働いてみたい。

弊社の環境がとても整っているので、
お客様の社員教育も協力させて頂いております。


こんな会社で働けたら幸せになる。という感想をいただきました。
離職率も少ない。人間関係のトラブルもないクリーンな会社です。


自分自身が情けない。愛がある。今までの行動が恥ずかしい。
昨日泣いた社員さんから感想文をいただきました。
やっぱりみんな良い人ですよね。


3時間で全員号泣。
やっぱりどこの社員もみんな良い人。

小さな心の曇りが相手を失望させて
小さなズレを生んでいく。


ほどけば楽になり泣くんです。


これで最高のチームが出来上がりました。


人はみんな素晴らしい。


経営者に泣きながら電話して、
経営者も泣きながら聞いてました。


いやーこんなことで、
みんなが幸せに働けるのですから嬉しいことです。

下記にリアルな感想をいただきました。

img02300.jpg
img02299.jpg
img02301.jpg

2016年10月27日(木)
正解をつくろうとする

こんにちは、ホームページ制作Fの足立です。

本当に今年はなかなか寒くなってくれないので、
週末にまとめて片付けようとしていた夏秋ものがしまえず、コタツも出せず、
本日も冷たい飲み物を片手に長袖を腕まくりしてパソコンに向かっております。
私は今年コタツ布団を新調したのでわくわくしながら冬を待っているのですが、
いついらっしゃるのでしょうか。

そうやって季節がまごまごしている間、
私がwebデザイナーとして働き始めて一か月と半分ほどが経過しました。

以前初めてのブログでも書きましたが、私はFへの入社にあたって、
本当に0からデザインの世界へと足を踏み入れました。

実は私はそれまでにファインアート制作を主にした美術を学んできました。
制作物は主に油画をはじめとする絵画で、上手くなる練習のためにひたすら描き続けていました。
この場合の上手い、つまり「正解」というのは、どれだけ現実にあるモチーフに近づけるか、
というものです。
ただ、美術の全ての正解がそうなのかというともちろんそれは全く違うのですが...。

しかしそうだとしても、ひとまずの目標として、
一つの正解となる指針がある世界だったように思います。
ここをこう直せばよりモチーフという正解に近づける、という具合です。


8b7f7e4e909a8f2d21c6aec876ed03c3_s.jpg


私がFに入り、初めて自分でデザインをしてページを作ることになったとき、
その正解と不正解がわからず、暗中模索の日々でした。

今までのものづくりとは違い、0からの状態で正解すらわからないでつくるという不安は、
私にとって、はじめほんとうに恐ろしく感じました。

でもそうした暗い道を、いま先輩方に先を照らしていただきながら進んでおります。
色の使い方、フォントの使い方、そういった基本的なことから、
こういうことを伝えたいときはこういう工夫をするといい、
こうすればもっと伝わるんじゃないかなと、
私の「こうしたい!」をくみ取ったアドバイスまでしてくださります。

以前作業が詰まってしまったとき、つい、「正解がわからないんです」と
先輩に聞いてしまったことがありました。
「これが正解だっていうものはないのだと思うけど、自分はここの部分いいと思うよ」
そう言って私の作ったページを指さして下さり、
その時なんだかすごく嬉しくてほっとしたのを覚えています。

よく考えてみれば、お客様それぞれが求めるもの、それぞれが持っている魅力、
それぞれが伝えたいこと、その数だけお客様が求める正解があるのですから、
目の前のものを見たまま写し出す、というような
はっきりした一つの答えにならないのは当然の事です。

そのために、私たちはお客様と実際にお会いしてたくさんのお話を聞き、
体験して、ぐるぐると様々な角度から深く深く知って行って、
知ったことを伝えるためにどんな方法が一番なのか考えます。
文字ひとつ、文章ひとつ、画像ひとつ、空白ひとつすべてを、
何度もやり直してお客様のための正解を作り上げていきます。

ただきっとこういったことは本当に基本的な話で、
そういう部分でも私はまだまだ未熟なデザイナーなのだと思い知らされてしまいます。
今は経験も技術も知識も不足していて、
「こうできたらもっとわかりやすくなるのに」「こうしたらきっと、伝わると思うのに」
と気持ちばかり先走ってしまう私ですが、少しでも自分のデザインが一番の形で
お客様の正解に近づいていけるよう、努力していかなければと思います。

 

2016年10月26日(水)
挑戦者か防衛者か、デザインに闘いを挑むときの心持ち

こんにちは、ホームページ制作Fのたちばなです。
今年は日本の四季から秋が消えたということで、
かわいい秋服を買い込んだ私にとっては予想外の悲報でした。
季節がまるっとひとつ来ないなんて一体誰が予想できたのでしょうか・・・・・


最近は友達の子どもに会いに行くことに本当に幸せを感じています。
一週間に一度は会っているペースですかね。
いつまででも見ていられます。かわいい。食べたい。
赤ちゃん
泣くのも体動かすのも顔を真っ赤にするほど毎回全力投球のベイビーを見ながら
大人はいつ手を抜くことを覚え、感情を丸裸にすることを封印してしまったんだろう...
なんて思ってしまいました。子どもはいろんな意味で本当に宝ですね!!!!


そんなこんなを糧にして、力と癒やしをふんだんに頂きながらデザインと向き合っています。


最近思うのが、私も4年半?くらいデザイナー集団の一員として勤めているからこそ生じる壁。
チャレンジャーとしてデザインに挑むのか、防衛戦として挑むのかで心の持ちようが
全く変わってくるということです。


このブログにも何度も書きましたが入社した当初は120%チャレンジャー。
「守るべきものがない」という、強さがありました。
ダメ出しされても必死に作ったものが却下でもそんなの想定内だから大丈夫、
心が変幻自在で超柔軟なので折れるような硬さがありませんでした。
だからノーダメージで無傷で何度でも立ち上がることができました。


ただそんな毎日を重ねること4年半、少なからずそれなりに評価もいただくようになり、
今は、「守るべきものがある」という強さがあるように思えます。
後輩も出来、同僚のデザインをチェックさせてもらい、皆の進捗を管理して遅れている人をつつく。
そんな大それたことをさせてもらっている自分はいつしか常に
「出来て当然、昨日より良いデザインが出来て当たり前、ヘマをするわけない」
というプレッシャーというか、緊張感がつきまとうようになりました。
この要素がたぶん私に探究心と自信と誇りと根性とを与えてくれました 笑


しかしそれで強くなった部分がある分、実は弱くなった部分もあります。


うまく行っている時には全くと言っていいほど顔を出さない感情なのですが、
躓いた時にここぞとばかりに厄介なものが現れます。


・柔軟で負けベースが故、折れることなかった心に芯が通ったおかげで
 「心が折れる」ということが可能になる
・負けを恐れ、評価をもらうことから逃げたいと思ってしまう
・出来なかった時、だめだった時に立ち上がるまで時間が必要
・出来ない自分をかっこ悪いと思う


こういった変なプライドが邪魔してきて、うまくいかない時に無意味なしがらみに囚われてしまいます。


失敗と成功を繰り返してなんだか私も成長したな~~~~~~~、と思う瞬間であり
入社時の無色透明なチャレンジャー時代に戻りたいな~~~~~~、なんて思うこともあり、
まだまだひよっこのくせに何どうでもいいことに縛られているんだ・・・と呆れる気持ちもあります。


でも湧き上がってしまった思いに嘘はつけないので、
こういう時こそ、周りを一切遮断して自分と向き合うことが重要なんだな、と最近やっと気付きました。
こういう感情に囚われた時はいつも以上に無意識に周りと比べがちですが、(私だけですかね?)
それをやめて、自分を正面から見つめた時にしか本質は見えてこないんだと思いました。


すると、自分のそういった変なプライドやストイックさや負の感情を受け入れた先に、
チャレンジャーに戻れるスイッチがあることに気付きました!!
自分の感情に蓋をして背を向けるから更にダメになるのであり、
そういうものを自分自身が許した先に更なる強さと自由があるのだと思います。


知らず知らずのうちに、学校のように日々学んでいるものなんですね~、
しかも学校と違って外部からの知識ではなく内部の学びなのでキリがないです。

今日は雨だし時間もそんなにないので終始ライトな文章を書こうと思っていたのですが
予想外に重たい?文章になってしまって己が暑苦しいです。すみません。


最近は社内が怖いくらい完璧に回っています。
その周りの素晴らしさと高い意識を良い刺激にしながら味方につけて、
あと友達のベイビーの底抜けの可愛さに力をもらいながら、明日もマイペースに頑張ろうと思います!

2016年10月25日(火)
人に伝わる話し方を考える

こんにちは、ホームページ制作Fの成松です。
最近体があまりに固いので、「どんなに体が固い人でもペターッと開脚できるようになる」という、
メディアで話題の本を買ってしまいました。
実践し始めてから早4日目(今日も帰ってから実践します!)
初日よりは軟くなっているような気もしますが、元が固いので少しだけ伸びるようになっただけのような・・・
果たして4週間後に開脚できるようになっているのでしょうか・・・

さて、ここからが本題です。
Fに入社して半年も過ぎ、最近は新人さんに「どうしたらいいですか?」
と意見を求められることも増えてきました。
前も書いたことがあるかもしれませんが、私は人に物を伝えるのがとっても苦手です!

自分ならこうするけどなぁという手順はあるのですが、
相手にどう話したら伝わるかなぁと、うんうん悩んでしまいます。
結局「これではお互いに時間が無くなる!」となり、
マウスを渡してもらい「見て学べ」精神で進めてしまうことが多いです。

また、報告ごとがあるときに、伝えるべき話の主語が上手く言えておらず、
相手が「ん?・・・あそういうことか」と困惑してしまう場合も多々あります。
Fのスタッフは、皆さん読解力と理解力があるので救われていますが、このままでは問題です。

改善するにはどうしたらいいのか・・・とまたもんもんとしていましたが、
自分自身が上手く話を伝えられない原因を発見しました。
ずばり私は、あまり物の固有名詞を覚えていません!
イメージとして物を捕らえていることがとても多く、
名前を言葉にしようとするとなかなか出てこず、曖昧な表現になりがちです。(なぜか文章では書けるのですが・・・;)

分かりやすい伝え方を調べると、まず最初に「相手の理解度に合わせることが一番」とあります。
また当たり前ですが、主語は必ず入れて話すこと。
主語を交えずに話てしまうと、相手の理解と自分の離していることが大きずれていく結果になり、
伝えたつもりになっていたことで、聞いてないよと相手も自分も憤ることに。
などなど・・・

伝え下手の特徴が全て私に当てはまっています!
私の場合、主語の固有名詞をしっかり伝えられていないことがこの根本にありそう。
今までどれだけ伝える努力をサボってきていたのか・・・。
これからは人に話しを伝えられる努力をします。
やっぱり伝えるのが上手い人はかっこいいですしね。

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s.jpg



2016年10月24日(月)
効率のよいSSL作業手順

161024.jpg こんにちは。更新管理担当のオカベです。
もう10月か~とおもっていたのに気がついたら下旬でびっくりしています。
気温差が激しかったり週末は朝から夜まで同じような外の暗さだったのに
今日はすごい晴天で毎日の変化がすごいです。
あと久しぶりに大きな地震もあり、、今後も注意していかないとなあと思いました。

今月もSSLの導入作業を3件担当させて頂きましたが、
SSL作業もだいぶなれて来たので変更作業自体は
大体1~2時間で完了できるようになりました。
WordPressやECの場合は確認作業のほうが時間がかかるので
変更作業自体はスムーズにおこないたいところです!

SSLはヘテムルなど契約自体は数分で完了するものでも
浸透時間に時間がかかってすべての作業を当日行うのはなかなか難しいです。
(HOSTOSで関係なく作業することも出来ますが・・!)
なので作業日の前日までにSSLの契約・浸透は完了させておくのが良いです。

WordPress・ECなど構築システムファイルの場合は下記の流れで行っています

1.FTPから最新ファイルをDLする
弊社の場合はお客様のご依頼での対応がメインで、
ご自身でファイルの変更などをされている方も多くいらっしゃるので必ず
最新ファイルを取得して作業・またSSL作業中は更新作業をストップして頂いております。

2.データベースのダウンロード
データベースの全テーブルファイルをエクスポートします。
完了したらそのファイルを複製してバックアップを作成します。
もうひとつのファイルを開き、http://○○.comhttps://○○.comに置換します。
保存したらデータベースの準備は完了です。

3.FTPから落としたファイルのURLの書き換え
落としたファイル無いをグレープ置換できる秀丸やサクラエディタを使用するのがよいです。
データベース同様に.html、.php、ECの場合は.tplを開き、
http://○○.comhttps://○○.comに置換を行います。
ホームページ全体を相対パスで作成している場合は良いのですが、
絶対パスで作成している場合、SSL化してもhttp://の記述があると鍵がつきません。
WPやECは構築ファイルが多いので目視確認よりもグレープ置換で全体の一括変換が早いです。

4.変更ファイルの上書き
FTPでファイルのアップとデータベースの管理画面からインクルードを行います。
ちなみにこの段階ではhttp://とhttps://が共存しているので、httpsの方は入力しないと見れないことが多いです。
基本的にはグレープ置換とデータベースの書き換えで緑の鍵マークが表示されますが
外部リンクなどでhttp://がある場合もあるので手動変更で対応してください。

5..htaccessで記述設定をする
https://でアクセスして問題がなければ.htaccessに記述をして完了です。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

以上です!
少しでも不具合や表示崩れを少なくするためにSSL化は作業効率を考えてすすめるのが
お客様のためにもよいかとおもいますので参考になれば幸いです。
以降作業の後には、Googleへの申請やSEOの変更やリンク切れなどのチェック。
フォームのテストなどサイト運営に伴うテストや申請をして完成となります。

2016年10月21日(金)
自分が伝えたいことを相手にもうまく伝わるような説明

こんにちは、ホームページ制作Fのなかぞのです。
だんだん涼しくなってきてそろそろ衣替えをしないといけないな~と思っています。
Fでは私服で出勤して良くて、私は毎朝何着るかウキウキしながら着替えてます。
ま、悩みすぎて遅刻寸前とかあるんですけどね・・・
でもそれがあるおかげで少しテンションが上った状態で仕事に打ち込めます。
上がっているうちは・・ですけどね・・気の持ちようって本当左右されますよね。
私も最近痛感しました。
何か一つの良いことがあるだけでその日が良い一日だったかって
決まってくるような気がするくらいです。
いつも何か良いことを一つ見つけてその日を過ごしたいな、と思っています。

さて、制作の話とは少し違うのですが
私はお客様にお願いをする時、自分なら何と言われたら理解できるだろうかと
考えながらメールしています。
なんかすごそうに書いてしまいましたが、よく考えなくても当たり前のことですね。
ただお願いするのではなく何故それが必要なのか、ではどうすればいいのかも聞きたいところです。
お客様もきっとそれが分かるだけで、どういったものを送ればよいのか
明確にイメージすることができるはずです。

例えば、写真をお願いする時、「お客様と笑顔の写真をください。」とお願いするとします。
これではどの程度の笑顔でいればいいのかは分かりません。
こちらとしては「自然な笑顔」がほしいのですが、
それが伝わっていないため表情がかたかったり少し笑いすぎてたりと
思い通りの写真が撮れません。
自然な笑顔ってすごく撮るのが難しく「はい、撮りますよー!」って言ってできるものではないです。
普段通りを写してもらうには、やはり普段通りお話されている最中を撮るのが良いのではないでしょうか?
その方が緊張もほぐれていいですよね。
と、こういう事をお願いに添えてあげれば一度の説明とお願いで
思ったのと近い写真が撮れると思いませんか?
このようにお願いする際には一旦自分がお願いされる時はどうされたら分かるだろうと
考えてからするように心がけています。

ただ、専門的なことなど自分はこれでも分かるけど相手にとってはこれでも分からない・・
という場合もございます。
自分自身がわからない場合は自分がまず理解してからお願いするのですが、
自分がわかってても相手がわからない場合は少々説明を考えるのに時間がかかってしまいます・・
誰が見ても分かる説明を心がけてるのですが、たまにご指摘をいただくので
専門用語を当たり前に使っていないかなど注意を払っています。

そこまでしなくても・・と言われることも稀にありましたが
それでも自分の考えてることがどこも削れること無く相手に伝わるなら惜しみません。
ただ、もう少し早い時間でその説明ができるようには努力して行かなければと思っています・・!

今週もあっという間に終わってしまいますが、来週は10月最後の週ですね。
悔いのない10月を過ごしたいと思います。
mail.jpg

2016年10月20日(木)
初心を忘れずに

初めまして。ホームページ制作Fの新人その3、タカノです。

私は他の二人に比べて2週間遅く、10月のはじめに少し遅く入社しました。
19日のブログで山口がとても良い記事を書いていて、プレッシャーを感じております。
私は、他の二人に比べて年齢も上ですし、社会人として働いている期間も長いのですが、
それこそ社会人一年目の気持ちに立ち戻り、先輩方から学び、自分で考え、早くFで一人前になりたいと考えております。


まず、日々のブログを読んでいて凄いとおもったのは、文章力の高いことに驚いています。
伝える力が強いのはFならでは。私もその力をつけ、磨いていきたいと思います。


他の記事が良すぎて、どのような内容で記載したら良いのか悩んだのですが、少しだけ近況を書きたいと思います。

私は、入社してからの2週間の間に、足が3回つりました。
ここに入社する前は事務職でしたが、FAXを頻繁に配ったり、別館への移動等があったので、それなりに歩いていました。
ですが、こちらに入社してからはデスクワークが主で、ほとんど歩くことがありません。
これはいけない!と思い休み時間は外を歩いたりしています。
Fでは休み時間が長く、きちんと取ることができるので、良い気分転換にもなります。


私が社会人として、大切だと思ったのことの一つは体調管理です。
これから、季節はだんだんと寒くなっていきますが、まずは健康であること。
これから学ぶことのために、頭の中を柔軟にしておくこと。(これは昨日社長から言われたばかりですが)
素直に物事を学び、一つずつしっかりと仕事ができるようになりたいです。


buj0148-001.jpg

2016年10月20日(木)
売上は枯渇するその先に見るもの-売れる戦略会議

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F望月聡です。


今週は多くの企業様にある法則でいつも考えていることを書かせて頂きます。


どんなに良い業種でも、必ず売上は枯渇していきます。
現状維持はどんどんジリ貧になっていきます。
素晴らしい経営状態を作る適切な方法を書いております。


売れるホームページばかりを作ると、
お客様が売れても全然喜べない事実があります。


望月さん。
ホームページで当たりすぎです。来すぎです。
僕より凄いところ無いでしょ。


いえ、全然あります。弊社で作ったところは、それくらいが普通です。


えっそうなんですか。なんで、そんなに喜ばないんですか。


日常的なことでもあるのですが、
そもそも、売上が下がったときに、
売上を上げてほしいと必ず言ってくるので、
さらなる、施策を考えておかないと、こっちが首を絞められるからです。


どんな業種でも売上は枯渇する。30年の経営を考える。


流れを知っているからこそ、
全然喜べなく、結果を出し続けることが私の仕事なので当たり前です。


今のまま行けば、
今のお客様の層は食い尽くします。


この層というのは、面白く。
お客様が頼む業者がいなくて、そこにずっと貯まっていた人なんです。


その貯まっていた人に向けて、
新しいホームページを公開すると、新しいお客様が来ます。


やっと頼めるところが出来た!!
良い業者見つけた!!


今まで動かなかった人なので、
結構、質の良いお客様が来ます。


当然、利益も良い感です。


3年くらいすると、
今のお客様の層は食い尽くします。


自然界で言うところの長年で培ってきた石油のようなものです。


しかし、その先には用心深いけど、
もっと素晴らしい情に厚い簡単には動かないお客様がいます。


御社を5年間見たけど、やっと頼むことができる。
ずっと頼みたかったけど、8年かかった。


全然動かない層のお客様が動いてくるようになります。


だからこそ、
その先に待ち構えてる人たちの信用を掴むようにしなければいけません。


最初のお客様の層でも、
大きな売上と利益をもたらしてくる。


という事は、その先のもっと動かない質の良いお客様は、
もっと素晴らしく。情に厚い簡単には動かないお客様が奥にいます。


その人たちと仕事をすると、ステージがまた全く変わります。


同じ売り上げをあげるのも、
今のお客様を100人相手するより、
動かないお客様を20人相手する方が利益と売上は多くなります。


当然。
20名のお客様のほうが幸せにする事ができます。


先週お送りしました、銀行と立てる売上計画書には、
顧客の質はカウントされていません。


そう考えると、
売り上げ目標はいかに意味がなく、
どういった顧客の質で売上を達成しているかということが重要となります。


30年企業を目指していくためには、
お金の不安が少なくなる。売上を立てなければいけません。


質の高い売り上げを伸ばさなければ、
毎日頑張っている意味は無いと考えます。


売上が下がったときに考える事は、
業界が悪いのではなく。今のお客様の層の売上が枯渇しただけであり、
その先の層には、凄い会社を楽にしてくれる売上の層があります。


それは、信頼であったり、ブランド力で左右されていきます。


楽に経営をするために、毎日一生懸命頑張る。


5年後に楽になっているためには、
層の違いを意識して、値段とサービスの展開をすることをお勧めしております。


会社を10年すれば、
最初に相手をしていたお客様の層とは違うお客様の層もあるはずです。


利益をいつも持ってきてくれる人はどういったお客様なのか。
顧客のパラダイムシフト(常識の革命)も重要と感じます。


抱えないで良い重荷を持っている会社様が多いです。


売上は顧客の質と営業の取り方で、
良質な売上かを判断することが重要です。


会社の成長は、
お客様の層で決まり。


その層に受け入れられるのかで、
会社の実力が決まると私は常に考えます。


本物であれば、必ず次の層までたどり着けるようになります。


幸せな経営をするために、
毎日頑張っているからこそ、人生は楽になっていく法則です。


参考にして頂けると幸いです。


本当に自分の会社なのかと思うほど。
読んで感動するスタッフのブログです。
良いスタッフに恵まれております。ありがとうございます。


■信頼が生まれ勝手にファンが増える?改めて気付かされた大切なこと
https://www.web-f.net/2016/10/post-35422.html


■心の状態で頭の回転も変わる
https://www.web-f.net/2016/10/post-35424.html


■web会社に営業社員は必要なのか?
https://www.web-f.net/2016/10/f-64.html


■物忘れが多くても時間を有効的に
https://www.web-f.net/2016/10/post-35421.html


多くの難題に向き合いながら丁寧に仕事をしています。望月聡の近況↓
https://www.facebook.com/house0529


お力添えさせて頂きますので、
今後とも長いお付き合いをお願いします。

2016-10-17-10.01.47-2.jpg

2016年10月19日(水)
心の状態で頭の回転も変わる

初めまして!ホームページ制作Fの新人その2、山口です。


Webデザインについて無知な私が求人票でFと出会い、内容に心打たれ、Fに入社して早一ヶ月が経ちました。
内定が決まった時、こんなに素敵な空間で、(もうちょっと先になるかもしれないけれど)自分がデザインしたもので人を助けることが出来るんだ、なにより、社長の思想はなんて素敵なんだろう!
と喜びで胸がいっぱいになり、面接中にも関わらず、思わず泣いてしまったのを覚えています。


入社したのはよいものの、時間が経つのが早すぎて、自分自身が成長できているかどうか分からないでいます。
そんな中、日々周りの先輩方に助けられ、もう二人の新人と共に何とか生きています。ありがとうございます。
私自身、もう、一ヶ月が経つというのに!周りの方々も優しく接してくださるというのに!!
まだまだ緊張してしまい、変なタイミングで全く関係ないことを言ってしまったり、緊張で固まって、頭が働かないことがよくあります。


どうも頭が働かない...物覚えが悪い...。


入社したての頃はもっとガチガチに緊張し、声も「まるで死神の様だ」と社長に揶揄されるくらい暗かったのですが、その頃はもっと頭が働きませんでした。


先輩方は皆、テキパキ仕事を進めて、お客様への対応も丁寧かつ分かりやすい言葉でまとめてお話しされていて...時折笑い声や話す声、リラックスして、ありのままの姿でいる。


「心持ちと頭の回転は比例している」


と、ふと思いました。


それは、周りの人からも何度も話を聞きましたし、テレビでも同じようなことを聞いたことがありましたし、面接のときにも話してくださった。


人から話を聞いて、納得できればよかったのですが、百聞は一見にしかず。身をもって体験したことによってやっと気づくことができたのです。


心が緊張してしまっては、体も固まって、脳自体の動きも鈍くなってしまう。


心の状態と体の状態が密接に関係していることはわかっていたのですが、まさか頭にまで回ってくるとは思いませんでした。


私は感動しました。


まさか社会人になってこんな気づきができるとは...Fでは仕事の事だけでなくまだまだ学ぶことがたくさんありそうです。


ボキャブラリーに乏しい私ですが、ここで成長できるよう、自分を責めすぎない程度に頑張ります!


自分語りばかりになってしまってお恥ずかしい限りですが、初めてのブログとさせていただきます。


考えた人

2016年10月18日(火)
信頼が生まれ勝手にファンが増える?改めて気付かされた大切なこと

最高のお店


こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。


ただ今、「心地いい!洋楽メドレー」をユーチューブで流しながらこのブログを書き始めました。
最近は何気にブログを書くのが楽しみで、会社から車に乗って帰っている途中とかに、
今週はなにを書こうかなあ。とか考えながら運転しています。


ひとつ前のブログで書こうかどうか迷ったのですが、
やはりあの記事はあのタイミングで書きたかったので、
本日は「上り調子なお客様と飲んだ時の話」を書こうと決めました。


その前に、ホームページで信頼をつくるというのは本当に難しいことですよね。
さらにファンを増やしていくとなるとホームページにかける覚悟は相当なものが必要です。


そんな中ホームページだけで信頼を作り出し、
ファンになった方からのお問い合わせが急激に増えたというお客様が出てきました。


そのお客様と先日望月をまじえ食事をする機会があったのですが、
信じられないような話を次々に聞かせていただいたのです。


正直おどろきましたが、ホームページの力は本当なんだと改めて気付かされました。



最高のお店で最高のお客様と最高のお酒と最高の食事


先日の食事会を一言で表すと「最高」です笑


まず、望月とそのお客様が行きつけのお店が素晴らしすぎました。
夜景を一望できるというのもあるんですが、雰囲気がすごいんですよね。
目の前に広がる夜景の前には高級なお酒がきれいに並べられておりました。


私には見たこともないお酒ばかりです。
一杯8,000円もする、もう売られていないお酒を一気に飲んだ時は、
望月に本気で怒られました笑


その洗練された空間は、一朝一夕で作れるようなものではありません。
長い年月をかけて作り上げたという印象をものすごく受けました。


もちろんお酒は最高に美味しかったんですが、
それ以上に驚いたのが料理のクオリティの高さです。
大っ嫌いなカキをあんなに美味しいと思ったことはありません。


これが望月を魅了してやまないお店なんだと納得しました。


そのすばらしい空間で最高のお客様から
ホームページを作った後の変化を生で聞くことができたことは
私にとっては今後の人生を変えるほどの経験だったのです。



過去最高益


アナリティクスなどで問い合わせが急激に増えているのは知っていたのですが、
電話のお問合わせも増えていて、最高1日で10件もお問合わせがあったと聞いた時は、
本当に驚きました。そんなに・・・と。


1件決まれば、何百万何千万が利益として入ってくるような仕事です。


さらに、その功績が認められ現地の国のトップからパーティに招待されたという、
信じられないような話もしてくれました。


本当にこの方はどこまで登っていかれるのか・・・・
でもそれを可能にしたのがホームページであるというのも事実です。
このときは世界が広がったような気がしてしまいました笑



歩んできた人生を包み隠さずに出したこと


私自身がホームページで一番良かったと思うのは、
お客様の歩んできた人生を包み隠さずに出したことです。


思い出したくもない、もちろん人に話したくもない過去の経験だったはずですが、
すべてを私に話してくれました。


そこには、若かりし頃の辛い出来事、慢心が招いた人生の谷底、もがき苦しんだ経験、
それを乗り越えて見えてきたもの、自分の使命などを赤裸々に語ったのです。


これがホームページの軸になり、ホームページに信頼をもたらしてくれました。
この人生のストーリーがなければ、ここまでの結果にはつながらなかったかもしれません。
それだけ重要なページになったのです。



ホームページ公開直後


最初から順調に行ったのかというと、そんなに上手くは行きませんでした。
公開直後は、お問合わせが急激に落ちていったのです。


2ヶ月~3ヶ月目になってもたまにお問合わせが来るという感じで、
以前と比べるまでもありませんでした。


なぜこんなにも結果が出なかったのでしょうか。


そこには色々な要素があったのですが、
やり方を変えるということはそれなりの覚悟が必要だと改めて感じました。



どんなにお問い合わせが減ろうと信じ続けてくれたホームページの可能性


そんな状況に陥っても、お客様はホームページの可能性を疑わなかったのです。
最高のホームページであることを信じ続けてくれました。


正直公開直後と現状でもホームページの内容はほぼ変わっていません。


変わったことは広告を出し始めたことと、
お客様の仕事に対するスタンスです。


ホームページに載っていることと、仕事でやっていることに少し乖離があり、
それをホームページに出しているスタンスによせてもらいました。


そこから、急激にお問い合わせが増えたような印象があります。


ホームページを変えたのではなく、
アクセスの流れと仕事に対する意識を少し変えたことで、
流れが好転したのです。



本物のお客様の心を動かしたもの


そして、ホームページから来るお客様の質も変わっていきました。
人生を語ったページを見て、感動して、共感して、ファンになり
お問い合わせをしてくれる方が増えたのです。


実際に合った時に、サインを求められたとも言ってました笑


最近大ブームの「君の名は。」などでもそうですが、
ヒットする映画には、私たちが人生で経験する共感ポイントが沢山あります。
※実は見てないので詳しいことは言えないのですが、いつか絶対見たい映画です。


神話もそうですが、長く受け継がれるストーリーには共通する部分が多くありますよね。
※最近神話など勉強中です。


人の心を動かすためには自分が歩んできた人生のストーリーを
いかに見せるかが大事なのではないでしょうか。


お客様の話を生で聞いて、少し疑っていた部分が確信に変わった瞬間でもありました。



他社依存に陥らない本当のすごさ


このお客様を見ていて感じたのは、他社依存に陥らないすごさです。
それは、過去の壮絶な経験があるからこそ得たものなのかもしれません。


人は専門外になると専門家に依存しがちですが、
なにか不都合があるとすべてその人のせいにしてしまいます。
調子がいい時は良いですが、悪くなると180度態度が変わるのです。


これでは、どんなに良いものを提供しても本当の成果は出ないのではないでしょうか。


自分の軸をしっかりと持つことが本当に重要な事だとこの方を見ていて学びました。



一緒に成長できる関係に感謝


私は、このお客様のホームページをつくり、その後一緒に仕事をしたことで、
大きく成長できたと感じています。


最初に合ったときよりもお客様自身も成長を続けておりました。
このようなお客様と一緒に仕事ができることは本当に感謝しかありません。


最近では、昔と比べお客様との垣根は無いように感じます。
だからこそ、一緒に成長していける関係を築けていけるのではないでしょうか。


今回の食事会で大切なものを気付かせてくれました。
本当にありがとうございました。


これからも、このお客様に負けないように成長し続けたいです。
ずっと長くお付き合いが出来るように精進してまいります!



2016年10月17日(月)
物忘れが多くても時間を有効的に


こんにちは、制作のしもかわです。


ところで...先週の自分は何をしていたのだろう?先々週は?

何の案件をして誰に会って休みの日は何を食べて何をしたのだろう?


もともと記憶力が良いほうではないので、

昨日の晩御飯が何だったのかすら思い出すのに時間がかかってしまいます。

きっと将来物忘れ、ボケる時期が一般の方より少し早いんじゃないかな

などど考えて不安に思います。


ついこの間制作したと思っていたデザインがもう三ヶ月も前の制作物だったり、

時間の流れが速いと感じることは悪いことではないと思うのですが

その分どこかで時間を無駄にしてしまっているような気がしてモヤモヤします。


時は金なり

時間は有限である


の言葉が最近、本当に身に沁みます。

1017.jpg

最近は手帳とGoogleカレンダーなどでタスク管理を初めて

飽きない程度に自分の体調を記録したりしているので

過去を振り返ることが少しずつできるようになってきました。


毎日毎日、過去を振り返らずに進むことも大事ですが、

過去に何をやっていたのか、何にどのくらいの時間をかけていたのかなど

今や未来の自分の糧になる過去の振り返りをもっと大事にしていきたいと

考えるようになりました。


私生活でもちょっと落ち込んでいるからなのか

デザインもなかなかうまくいかず、

もしかすると私は今丁度自分を変えなければいけない時期なのかも?

と、ポジティブに捉えればそんな風に思います。


緩い上り坂かもしれませんが、坂を上りきるとまた

新しい険しい坂道や壁がそびえたつので、

なんとか壁を打ち崩せるように、今までの自分を力にして装備して、

どーんと壁を壊してレベルアップしたいです!


0928-2.jpg

2016年10月14日(金)
web会社に営業社員は必要なのか?

こんにちは!ホームページ制作Fの花宮です。
今日は、ホームページ制作のことではなく、その前の見積りの段階のお話をしようと思います。


私は、Fの見積りをまとめる役割をしています。
任された時は、営業経験などこれまで全くなかったので、
新規のお客様が関わってくることに、正直不安しかなかったです。
ただ、何かの意味があって任せてくれたのかな...と
期待を裏切ることは出来ないと思い、常に緊張感を持っておこなっています。


Fでは営業社員がおらず、デザイナーが全てお話を聞いています。
web会社に限らず、どの会社でも営業社員以外が営業をするということは、非常に珍しいことです。
それで仕事が取れているのですから、本当にすごいな...と思います。


Fの見積りをしている人が、話上手なのか、見積りが得意かと言われると、私を含め首を横に振ると思います。
いつも喋りまくってる訳ではなく、どちらかと言うと、内向的な人が多いです。笑
そこには、営業社員ではなく実際に制作をしている人だからこそ伝わる部分があるからだと最近感じました。


勝手なイメージですが、営業の方はノルマがあって、月に何人取らないと給料が上がらない...という
お客様ではなく自分の保身にいってしまい、ついつい売り込みが強い話になるのではないかと思います。
しかし、私達はデザイナーが行うため、ホームページを制作することがどれだけ大変なのか、
売上を上げていくことがどれだけ難しいかという事を身をもって実感しています。

なので、お客様の事を第一に考え、安請け合いは絶対にしません。
お話を聞いて、出していく魅力が無い場合は、お断りをさせて頂いています。
もちろん、ただ断るだけでなく、今後のためのヒントや気付きなどを一緒に考えます。
決して安いお金を払う訳ではないので、お客様の状態がベストな時にホームページを作ることをオススメします。


私達は、望月から売り込め!新規を取ってこい!などと脅されることは一つもありません。
最近は、お客様の傾向も変わってきていて、Fの事を、望月の事を知ってくれている方からの
連絡が非常に増えていると感じます。
既存のお客様からの紹介や、望月の書籍を読んでお問い合わせをしてくれたりといったことです。
もちろん、ホームページもよく見て連絡を下さるので、
説明がしやすいというか、すんなり入っていくことが多いです。
見積りもしやすい環境にあるのかなと感じます。


ということで、Fの社員は決して見積りが得意ではないので、お手柔らかにお願いいたします笑


そして、今日は私の金額帯のイメージが悪く、お客様にご迷惑を掛けてしまいました。
反省です。
地域にライバルがあまりいなく、今後もそこまで出てこないだろうと思う場合には、
フルプライスの料金を掛ける必要はなかったです。
責任重大の仕事なので、しっかりと状況を把握し判断をしていきます!
見積りが必要なのか

2016年10月14日(金)
銀行の魔法で人生は飼い殺し-売れる戦略会議

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F望月聡です。


今週実際にあった相談からの事例です。


一般的には銀行員と付き合うと良いことがあると思いがちですが、
私は1度も銀行員と付き合ったことがないので、よくわかりません。


お金を貸してくれる大切な人なのかもしれませんが、
融資を受けるための、経営目標というものがわかりません。


売上は計画すると、
その通りになるのでしょうか。


100万円売上を出す。
1日で割ると3万円。


3万円稼ぐぞ~!!


3日で9万。
今のところの売上は、、、5万。


足りない。。。


けど、銀行と立てた計画だから大丈夫。
足りなくなればまた貸してくれる。


銀行から借りないと、
一人前になれないぞ!!


借金したもの勝ちだから。


ん?んんん?
それってどういうことですか?


ずっと疑問に思っていました。
私は借入がなくビジネスをずっとしております。


利子を払わないでいいから、
潤沢なお金があるからこそ、下手な仕事をしなくて済みます。


逆に赤字の案件でも、
ずっと仕事をすることが可能です。


借金がないからこそ、最後まで妥協せずに仕事ができる。
追われるお金がないからこそ、スタッフにも優しく出来ます。


借金しているからこそ、
できるビジネスもあると思いますが、
FXと同じでレバレッチかけ過ぎで消滅する可能性もあります。


本物になってからその商売をすれば良い。
ビジネスのチャンスなんて、何度も訪れます。


まず、言いたいのは、
借金をしなくて成功するほうが遥かに楽。
借金がない人のほうが一人前。


そんなことは、言わなくても当たり前と思うのですが、
もう一つ重要なものがあります。


それは、
銀行と立てた売上目標は意味がない。
(昨年の売上と比較して立てたなら意味があると思います。)


しかし、ほとんどが無鉄砲な計画です。


融資が出たら、全て忘れているのです。
そのお金は机上の空論である。


返せると勝手に思っている。
銀行と税理士が立てたものだから。


何度も言います。
それは、銀行が融資を取るために立てたものです。
現状は何も変わっていません。


さらに、
売り上げを計画するとブレーキになります。


無意識に勝手にブレーキを踏みます。


来月には入る。
この計画通りに行く。


絶対に行きません。


だから毎年苦しい→苦しいのに安心する。

また融資で
銀行の計画通りにお金を借りる


誰の計画なのでしょうか。


銀行が借金のスパイラルに陥れるための、
売上目標です。


そうして、
何もしない経営者が出来ていきます。


それでもやっていけるから良いのです。


しかし、
幸せな経営はあるのでしょうか。


見せかけの売上表に結果はあるのでしょうか。


私は売上目標を1度も立てたことがありません。


立てたことがないからこそ、
毎日、売り上げを立てることを考えなければいけません。


仏教でも今を真面目に生きれば、未来は明るくなる。


今の連続が未来になり。


過去も未来もない。
今しかないという文章があります。


計画を立てると、
今を見ずに未来を見てしまいます。


未来は今の連続で出来上がる。


お金を借りることがゴールではないなんて、
当たり前すぎて知っていますよね。


しかし、
お金を借りて、自分で自分の首を絞めて、
どんどん辛いものが出来てくる。


お客様にしっかりと還元できない。
社員にしっかりと還元できない。


そうなると、
会社はどうなるのか安易に想像できます。


銀行さんと付き合うって、1番無意味。
自分ができることをしっかりとしていれば、
本物であれば、必ず輝いて返ってくる。


そのときに貯まったお金で、
さらにお客様を幸せにしていけば、自ずとステージは上がっていく。


私もやっと、
お客様が返ってきてくれるようになりました。


営業しなくても、
己を磨き続けるとその光が外に勝手に出て、
誰か声をかけてくれると最近やっと感じてます。


多くのご相談をいただき感謝しております。


無借金経営をしていきましょう。


■当たり前だけどよく考えたらすごいと思ったこと
https://www.web-f.net/2016/10/post-35417.html


■みんなに惜しまれつつ一人の社員が辞めていきました
https://www.web-f.net/2016/10/post-35415.html


■Fで学んでいくこと
https://www.web-f.net/2016/10/post-35418.html


■相手をおもうからこそ良くないものは良くないと言うこと
https://www.web-f.net/2016/10/post-35419.html


■WPテンプレート制作を終えて思ったこと
https://www.web-f.net/2016/10/wp.html


制作の依頼で名古屋からお客様が来て、
制作の意図が合わないために帰って頂いた。望月聡の近況↓
https://www.facebook.com/house0529

2016-10-10-15.21.08.jpg

2016年10月13日(木)
WPテンプレート制作を終えて思ったこと


ホームページ制作Fのカワサキです。


先週、本当に本当にちょこっとだけでしたが、WPのテンプレート制作をしたよ!

ということを書きました。


もちろん、いろんなサイトを調べながらではありますし
そこまで複雑なものではなかったので
やればできるんだなぁと、改めて思っております。


WPのテンプレートを作るにあたって、テンプレートファイルが必要になります。

header.php

footer.php

page.php(固定ページ用)

single.php (投稿ページ用)

sidebar.php

index.php (トップページ)


あとは

function.php

404.php

などなど・・・。


もし、1カラムの場合はsidebar.phpは使うことはありませんし

トップページに投稿記事の一覧を表示させたい!とか
いろいろカスタマイズしたい場合は、それ用に別のテンプレートを準備したりなど
いろいろあります。


今回は、その投稿ページの一覧をトップページに表示させるということで
loop.phpというテンプレートを作りました


トップページの全体像はこんなかんじです

_r2_c2.jpg


1カラムなので、いたってシンプルです。


ところが、このテンプレートを作るにあたって、一番悩んだのが
ページ送りにしたとき、ヘッダーのデザインを変更することができるのか?
ということです。

よくあるケースが

トップページに、ヘッダーバナーだけでなく、
おすすめコンテンツへのリンクバナーなど並べているパターンです。
これがページ送りされても同じように表示されていると、投稿記事までスクロールしていくのがかなり面倒ですし離脱にもつながってしまいます。


ただ、トップページに固定ページを設定している場合の分岐させる方法は知っていたのですが
loop.phpで投稿記事の一覧を読み込みつつ、かつ、ページ送りで次のページに遷移した際に
トップとは違うヘッダー画像にする。というのは今までやったことがなく、かなり悩みました。

図にするとこんな感じです。

51235.jpg

ですが、いろいろ探していてやっと発見したのがこれです
↓ ↓ ↓

_r3_c4.jpg

これを発見しただけでも、WP構築の9割がた完成がみえました!
これを使うことで、余計なテンプレートを増やすことなく、トップページとそれ以外のページとで
ヘッダーの表示を変えることができるので非常に便利です。


今までは、自分個人で好きなようにカスタマイズをすることが多かったので
どうしても、自分のできる範囲内だったりとか思いついたこと意外で
調べたり、カスタマイズすることはなかったのですが

第三者からの要望を聞いて、それを反映させるとなると
自分がやったことがないことや知らないことなども
チャレンジしていかないといけなくなります。

そこが、プロとアマチュアの違いにもなるのかなとも思いました。


私にとって、このWPテンプレート制作と構築は
いろいろな気づきや発見も多く、大きな達成感も得られた案件でした。

wp-light-hi-640x960.png

2016年10月12日(水)
相手をおもうからこそ良くないものは良くないと言うこと

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。
先日、親知らずを虫歯にしてしまい、絶対抜歯、絶対抜かれる
もう駄目...、と絶望的な気持ちで治療へ行ったら
なんと!抜かずに!治療が進められることになりました。
現代医療って偉大です。

さて、本日の本題です。
Fでは、隣の人と仕事の進捗状況の確認も含めてデザインを見せ合ったり
他の人のデザインに対して意見を求められたり
自分ではない他のスタッフのデザインを『見る』ということがしばしばあります。

Fのスタッフは、みんななかなかにズバッと意見を出します。
何か気になったところがあったとして「まあ、いいんじゃない」とか濁すような人はいません。
私も、デザインを見て感じたことは
思ったままを相手に伝えるように心掛けています。

Fのデザインの正解を知っているのは望月なので
どの意見が正解か正解でないか、というのは私達では確信は持てません。
アドバイスをもらいながらも自分のデザインにしていかなければ
ならないので、言われたことを全てを鵜呑みにしてしまうことも良くありません。
ですが、言ってもらえるからこそ見えてくるものも、たくさんあります。

私も、デザインを見てもらって率直な感想をもらったり
アドバイスをもらうことがありますが、とてもとてもありがたいです。

こんなことを言っては悪いかな、とか
これは私だけが気になるところかもしれない、とか
相手に伝えようか迷う気持ちが出てくることもあります。

ですが、それをぐっと飲んで、
良くないと思ったものには良くないと、
気になるところは気になると、
伝えることが責任であり
本当に相手のことを想っているということなんだと
思うようになりました。

言いずらいことでも言ってくれる人がいる、
こんな環境ってなかなかないのかもしれません。
恵まれています。

これからも「思ったことは率直に伝える」を念頭に置いて
相手を想うからこその意見を出していけるよう意識していこうと思います。

blogsanko.PNG

2016年10月11日(火)
Fで学んでいくこと

Fに入社してもうすぐ一か月となります。
初めてブログという大仕事を任せていただきました、アダチです。
残暑厳しい時期に入社したのですが、今朝は玄関を開けるととても肌寒く、季節の移ろいを感じました。

ホームページデザインの知識も技術も0の状態で、その世界では「一番簡単な」とうたわれるテキストを片手に
食い入るようにパソコンに向かうところから始めまして、
一緒に入社したもう一人の新人の方と四苦八苦しております。

入社前から不安すぎて、真っ先に、小さな、でもたくさん書ける少し厚めの新しいノートを買いました。
勉強があまり好きではなかったので、
それでもとにかく学ぶことが多いのだと自分を奮い立たせる意味で購入したのを覚えています。

実際、覚えることがたくさんあって大変ですが、行き詰まっても
先輩方に助けていただいているおかげで、前に進むことができています。
些細なことから質問しても、私がノートをとるのを待ちながら、ゆっくりと説明していただいたり、
気づけなかったり失敗したりしたことはすぐに教えていただき、すぐ次につなげることができました。
デザインについても、まだまだ覚えることだらけです。
それでも、いまこうして勉強していくことに楽しさを感じているのは、
教えていただいたり、励ましていただいたり、職場の皆様のあたたかさに触れているからだと思います。

そして、Fで学んでいくそのなかで、ご依頼いただいた企業様のことを知る、という勉強がありました。
いただいた文章、写真などの豊富な資料のほかに、会議の際の議事録なども拝見し、
深く企業様の事を知り、魅力を伝えようとするFの姿勢を感じることができました。
自分もたくさんお話を聞き、その魅力、思いを伝えるための知識や技術を身に着けたい、力になりたい。
その気持ちをより強く抱き、この仕事をしていく、学んでいく、その自覚をようやくしっかりと持ちはじめたように感じます。


職場の皆様に教えていただいたこと、企業様のこと、この一か月ですでにノートのたくさんのページが埋まっています。
読み返すたび、ゆっくりでも前進している実感と共に、
早く皆様の力になることができるようになりたいと急く気持ちが湧いてきます。
そのためにも、勉強第一です。
まだまだ多くの方に助けて頂きながらとなるかと思いますが、仕事の中でしっかりと学び、成長していきたいと思います。

ca58c53de522858694c1391741cbb244_s.jpg

2016年10月 7日(金)
当たり前だけどよく考えたらすごいと思ったこと

こんにちは、ホームページ制作Fのたちばなです。
弊社社員のこじまが辞めた社員に対する素敵なブログを書いていましたが、
確かに期間は半年にも関わらず、その社員をテーマに1記事書けるようなそんな社員でした。


入社してきた時は、東京でフリーランスで働いていて、髭をはやしどこか脱力系の雰囲気。
ああ、これはサボり方も手抜き方も知ってる、斜めにかまえているタイプだなと思ったことを
覚えています。
そして、「不真面目ですよね?」とにやにやしながら聞いたことも覚えています。
その時は確信しかなかったのですが徐々にわかる、「あれ?この人なんか違う」感。


真面目に見せかけて不真面目な人はたくさんいますが
その逆バージョンのタイプの人間が存在することを、彼と出会って初めて知りました。
そんなこんなも含め、大変勉強になりました。


私は入社4年半?くらい経ったようで、Fの酸いも甘いもたくさん見てきたと思います。
Fはおもしろいです。
俗に言う「良い人」の集まりというわけではない気がしますが、
いがみ合いも上からの変な圧力も派閥も、そういえば4年半一度も感じたことがありません。
ありがたいことです。


今日は、「Fのここがおもしろい!!」という魅力たっぷりのブログを書こうと思って
ここまで書いたのですが残念ながら、タイトルで目一杯上げたハードルに見合う
内容が思いつかず断念しました・・・・


最近は社内で割と細かい作業をさせてもらっています。
今まで把握しきれないくらい他スタッフにフォローしてもらったので、
恩返しというわけではないですが初心にかえるためにもひとつひとつ進めています。


当たり前で、わざわざ口に出すようなものでもありませんが
毎日、本当に誰もデザインに手を抜かないんだな~~~~~と思っています。
私は社内の進捗を管理していて、ちょっと遅れが出ているスタッフは
きっと焦っている気持ちがあると思いますが、それがデザインに表れてくることはまずありません。
正直、遅れている分はどこかで自力で回収しなければいけないのに、
それなのに優先事項は「良いと思える満足のデザインを作る」ことであり
「遅れたら自分の時間がおされるからデザインはこれくらいでいいか・・」という思いは、
ずーーーっと誰も微塵も持っていないのが改めて、すごいことなんじゃないかと思いました。


・・・・・それをこうして文字にすると魅力が半減して悲しいです。


先日辞めたあんどうが、ずっとFのスタッフはすごいすごいと言っていた理由は
ここにもあるんだろうな~~と思います。
私も、社長にどれだけOKを貰えそうでも、自分がそのデザインにOKを出していないと
絶対嫌です。だから楽しいんだろうな~!


と、今までにないくらい、最高にとりとめのないブログになってしまいました。
読んだ人にお詫びをしたいです。
準備をせずに書き始めてもだめですね、皆様今週もお疲れ様です!

デザイン中

2016年10月 5日(水)
みんなに惜しまれつつ一人の社員が辞めていきました

安藤さんありがとうございます!

こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。


最近、Fと相思相愛だった社員がFを辞めました。
あんなにFを語る社員は見たことがありません。
なんで辞めたのか今でも不思議に思うほどです。



WEB経験が10年もあるベテランデザイナーとしてFに鳴り物入りで入社


彼の経歴を聞いただけでも僕とは比べ物にならないくらいの経験値でした。
Fで言うと社長と田崎さんくらいの経歴です。
色々なところを渡り歩いたという意味では、唯一の存在でした。


入社当初は僕の案件を引き継いでくれ、本当に助かったのを覚えています。
WEB業界のことやFのことやプライベートなことまでいっぱい話しました。


そのとき初めてWEB業界の深い闇を見た気がします(笑)


そして、彼のすごい所は、とにかく誠実なところです。
彼の誠実さがみんな大好きでした。


これだけの経験をしているのに謙虚すぎるほど謙虚で、
Fで貪欲に学ぼうとするその姿勢には尊敬しかありません。


自分はよくけなしていたのですが、
誰の悪口も聞いたことがなく、人を褒めることを極めていました。
本当の褒め上手ですね。
あっ一度だけ愚痴を聞きましたね(笑)


とにかく一緒にいると楽しい。
人間的にも技術的にもFには欠かせない存在となっていきました。



フリーランスとしても活躍していた彼がなぜFに入ったのか


フリーランスとしての立ち位置を確立し、多くの仕事をこなしていた彼ですが、
このままでは成長はないな、と心では感じていたそうです。


もっと成長したいという欲求が、Fに入った理由でした。


そんな彼ですがFの洗礼を受けます。
トップのヘッダーデザインに相当苦戦していました。


隣の席だったのですが、いいアドバイスができず本当に申し訳なかったです。


何度も何度もやり直しを重ね、諦めずに大きな壁に挑み続けていました。
その時でさえ、理詰めのFのデザインを他にはない不変のものだと、
吸収しようと言う姿勢がかっこよかったです。


ヘッダーデザインを乗り越えた彼は、進捗も遅れることなく次々に仕事をこなしていく様は、
さすがとしか言いようがありませんでした。



東京でも必ず成功すると信じています


彼のような人は今まで見たことがありません。
色々な経験をしてきたからこそ、人としてすごい空気感を持っているのだと思いました。


いつでもFに戻ってきてください。


全員が大歓迎です。
これからも一緒に仕事がしたいと本音で言えます。
東京で大きく成長した彼とまた仕事ができるように、
これからも立ち止まらず僕も進んでいきたいです。


6ヶ月間?本当にありがとうございました!



なぜこの記事を書こうと決意したのか


歓送迎会のときに、寄せ書きをみんなで書いて渡したのですが、
僕のメッセージを読んで「これクソやな」と社長から5回も言われたので、
今回この記事を書こうと決意しました。


たしかに上っ面なことしか書いてなかったと反省しています(笑)
これで許してください。


PS.飲み会最後つぶれてすみません。


いっぱい話したかったんですが、いっぱい飲んでしまい、最後酔いつぶれてしまいました(笑)
本当に楽しい飲み会でした。Fに入って一番楽しかったような気がします。


2016年10月 4日(火)
デザインも住宅も土台が肝心

こんにちは、ホームページ制作Fのまるいです。
九州に住まう者の宿命といいましょうか、
台風シーズンの今時期は毎年台風が発生するたびに
来るのか来ないのかと進路予測にどきどきします。
大型の台風の進路に思いっきり重なってしまった時などは
我が家は大丈夫だろうか...とひやひやものです。

そんな時、丈夫な家ってやっぱり骨組みとか土台が大事だよなあ、
と思ったりするのですが
デザインにも同じことが言えるのではないかと
最近よく考えることがあります。

デザインの骨組みや土台の部分になるのは構成です。(だと私は考えています...)
構成を考えるときは

「足りない要素は無いか」
「自分はいま客観的な見方ができているか」
「自分がこの会社を利用する立場だったら
他にどんな情報があるとうれしいだろう」
「こんなことも入れてみてはどうか」
「ストーリー性があるか」
「このページで一番伝えたいことは何か」

などなど
頭の中であれこれと考えを巡らせながらページの大枠を考えていきます。
ある程度固まったところでキャッチコピーや文章など付随するもののことも考えて
更に練ってラフに起こしています。
この内容を固めていくという作業が非常に大切であると痛感しています。

軸が定まっていればブレることも少なく
迷って立ち返る回数も減るので
その後の作業もスムーズにいくことが多いです。

逆に大枠の部分に迷いを残したままで進めてしまったときは
もっと考えてやればよかったと後悔に襲われることが大半です...。

せっかく作り込んだデザインでも
内容が薄っぺらなものであったり、伝えたいことがずれているようなものは
Fでは良いデザインとは言えません。

地に深くまで根を張った大木が倒れにくいように
がっちりとした頑丈な土台の家が長持ちするように
デザインもしっかりとした土台作りをして臨みたいと思います!


ac2abce4f4c8381eba993937c2db82a0_s.jpg

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
内容