個別記事のページです

2016年9月14日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

無知は罪なり、知は空虚なり、英知持つもの英雄なり

 
こんにちは、制作のしもかわです。

自分なりにとっても頑張った日の翌日は

なかなか頑張る力が湧いてこないことが最近よくわかってきました。


今日がまさにそんな日なのですが、それが甘えになって

なあなあで仕事をするわけにはいかないので気を引き締めます!


私自身の個人的なことではありますが、

以前から弊社のコーダー、更新の方々に

本当にいつもお世話になりっぱなしで申し訳ない!

と思いながら、作業をしています。


コードで解決できないことをデザインしているのではないか

コードについての説明を受けた時に、しっかり理解できていないのではないか

などなど... 不安なことはたくさん出てきます。


有名な哲学者ソクラテスの言葉に

「無知は罪なり、知は空虚なり、英知持つもの英雄なり」という言葉があります。


正直この言葉の真意は私にはわかりません。

ですが、知ろうと思えば知れたことを放置したままで

放置したことによって自分や誰かに迷惑をかけてしまうことがあったら

それは「無知は罪」と言う事に繋がるのかな、と思っています。


何も知らなかったからと言って言い訳をしてその場しのぎをすることもできますが

そんなその場しのぎではこの先やっていけないし、

ことによっては人からの信頼を失うことになりかねません。


私自身、知らず知らずのうちに「無知の罪」によっていろんなものを

失っている気がしてなりません。

「無知」であることに漠然とした恐怖を感じます。


例えばコードの事を、もっと知らないと

お客様への説明の時にも詰まってしまう事がありますし、

先輩に逐一確認してしまうことが多くなってしまいます。


知らなかったことを確認して、

質問して理解することは当たり前であり、絶対に必要なことですが、

もしかしたらある程度勉強していたら、先輩に聞かなくても

済んだかもしれないことがあります。


無知であることを自分の中で言い訳にせず、

0から10がわからない

ではなく、

せめて0から3はわかるまでになりたい!

無知でいることを止めたいと思いました!


そうしたら先輩の負担も0.1くらいは減るかもしれません。


ただ「知は空虚」というように、頭でっかちに知識だけを持って

仕事や自分の生活で役に立たない...

なんてことにならないように。


「英知持つもの英雄なり」

得た知識が自分や仕事、社会で役立つ知識になるように、努めていきます!


book.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ