個別記事のページです

2016年9月 9日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページデザインでも言える、取捨選択の「捨」の重要性

こんにちは!ホームページ制作Fのたちばなです。
私はブログの当番が回ってくる度に自分でタイムトライアルをしています。
どれだけ短時間で長めのブログが書けるか、毎回挑戦中です。
そのためにはテーマの選定が重要なのですが本日は割と難しそうなテーマが閃いてしまいました。
ブログ開始時刻16:39、果たして何分後に書き終えるのでしょうか。楽しみです。


私事ですが、先日三回目のお引越しを行いました。
住んでいた部屋にあるもの全部必要な物かと思っていましたが、
いざダンボールに詰める時、ふと立ち止まって考えると意外と何年も使っていなかったり、
ホコリがかぶっていたりいらない物が多く、今までの引っ越しで一番物を捨てました。
断捨離というやつですかね。
誰かにもらったもの、ちょっとメッセージが入っているもの、
いつか着るかもしれない服、、、容赦なく処分しました。とってもスッキリです!


今までホームページでは、必要なもの、強み、情報など、「率先して載せる」「載せた者勝ち」
だと思っていましたが、最近は情報の取捨選択の捨、ちゃんと必要なこと、言いたいこと以外はあえて書かない という
選択をすることも意外と重要だなと思い始めました。


特にセカンドページで言えるのですが、何も計画せずにそのままセカンドページを作っていると、
「言い方を変えて同じことを言っているページ」が量産されてしまいます。
それではたくさん作っても何の意味もありません。


SEOでも、いろんなキーワードを盛り込みすぎても結果何のキーワードでも上位できないように、
デザインや構成でも、いろいろ言いすぎても逆に何も響かないんだろうなと思います。


このページではしっかりと代表の人柄を伝え、
このページではお客様に対するあったかい想いを伝え、
このページでは実績の素晴らしさを元気に伝える、など
デザインをする前に完全に差別化を作っておくことが重要だと思いました。


どれだけいいこと言っても、それが本当でもいろいろ盛り込みすぎて埋もれてしまったら意味が無い、
そこには情報や強みを「あえて載せない」という選択が不可欠です。

言いたいことを絞ったセカンドデザイン

17:06!途中終礼や話したりなど手が止まることがありましたので約20分というところでしょうか。
次回は何分で書けるでしょう!頑張ります!!

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ