個別記事のページです

2016年9月 8日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で納得いかないものは誰が見ても納得できないものになっている

こんにちは。ホームページ制作Fのなかぞのです。
2~3週間前から謎の手首の痛みに悩まされ、病院にお世話になりっぱなしです・・・
何をしたわけでもなく、ころんだわけでもなくいきなりのことだったので心当たりも全く無いです。
昨日からお越しいただいているお客様がパーソナルトーレーナーの方だったので少し見ていただきました。
すると、まあ・・・ひとことで言うと職業病なんでしょうかねえ・・
パソコンでカタカタしているせいで腕にねじれが生じていたようです。
言われてみると、確かに!!!!!!となって終始すごい・・・・と連呼してました。
そして痛い!!!!!ココ最近で一番の痛みでした。
癖って怖いですね・・なんとか治していかなければいけませんね・・・

パーソナルトレーナーってすごいと体験して感じました・・うん、本当にすごい・・!

さて、ホームページのデザインをする前に、
お客様の魅力をホームページで出せるような構成にするためラフを書きます。
私はよくここで躓き、時間を取ってしまいます。
ここの会社がすごく好きで、良さを出していきたい!!!!と思っているのに
ラフを書こうとするとなにかしっくりこない・・
考えて考えてできたラフは自分でも納得ができないものでした。
でも何がそう思わせているんだろう、と考えてもわからなかったので先輩に聞きました。
すると、先輩も何か物足りないという意見でした。
そのとき、「自分で納得してなかったら周りもそう思うんだ」ということを痛感しました。
見て頂いたあとも考えましたが何も浮かばず、その日の夜は悲しみに明け暮れてしまいました・・・

翌日、改めて考えなおして書いてみると昨日とは違って
「自分ですら納得出来ないラフ」にはなりませんでした。
いくつかラフがあったのですが、一番悩んでいたラフが一番にOKをもらいました。
悩みすぎて時間を取り過ぎるのも良くないのですが、悩んだものはそれなりにいいものが出来上がってきます。
「もしかしたらこのお客様のこと何も分かっていないんじゃないか・・・」と思っていたのですが
実際出来上がったラフは、納得行かなかったラフと全く違うわけではなく、書いていたものは大体使いました。
見出しだったり、流れだったりまるっと変えなくてもそこを変えて、
あとは繋がるようにココには必要ないものを引いていくだけで変わりました。
全くダメで浮かばなかったのに、どうして出来たんだろう・・と考えたのですが
出来なくて落ち込んでるときはどう頑張っても浮かびません。
少なくとも私はそうです。
一回置いて改めて見たことで、何が必要かが見えてきたのだと思います。
出来ないけどやらなきゃ・・・でするよりも、
出来ないから一回置いて頭の整理がついてからするほうが効率もいいです。

ラフが終わった時、デザインするときも反映して、さらに良い物にしないと!とやる気がわきました。
もっとラフの時間を短くできればいいのですが、何も浮かばないという状況にならないようにして
まずは「自分が」納得できるラフを着実に作っていけるようにしていきます。
IMG_1935.jpg もう木曜日・・先週はズーンとしていてすっきりしないまま今週を迎えてしまったので
週末にパーッとして気持ちを切り替えます!!!!!
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ