個別記事のページです

2016年7月29日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

観光業などの、楽しさを伝えるホームページの作り方

こんにちは、ホームページ制作Fのたちばなです。
本格的な夏風邪を引いてしまいました・・・
そういう時に限って友人から立て続けにお誘いが来たりします。
健康な土日は暇でゴロゴロしている時が多いというのに、人生うまくいきませんね!


昨日、父と母の結婚式のビデオをDVDに変換してもらったようで家族で上映会をしました。
30年前の映像で20年振りくらいに再生し、とても楽しかったです。
当時母24歳、現在私26歳、、、自分より歳下の母というものは随分違和感たっぷりでした。
写真もいいですが、映像はもっといろんな情報、雰囲気が一気に伝わりますね!


今日は観光業など、楽しい施設のホームページを紹介します。
例に取るのは角打屋様です。大分湯布院で外で地酒の飲めるお店です!
角打屋トップページ

大前提として大切なのは、「楽しいですよ!!」と押し付けてはいけないということです。
ありのままの写真とキャッチコピーと雰囲気で見る人に想像させ、
まるで本当に自分が行っているかのようにワクワクさせることが重要です。
あまりにもドカーンと盛りすぎたら、
「ここは楽しまないといけない場所なんだ・・・」「ちょっと行きにくいな・・・・」と
敬遠されてしまいますので注意が必要です。


角打屋様では、最終的な「楽しい!!」という部分は動画に持っていく動線にしてあります。
トップページの動画への動線

素直に楽しんでいる様子を掲載することで、押し付けではなく見た人に「これは楽しそう!」と思ってもらえる
ようにしています。映像は使いようによっては100語るより伝わりますね。
自分のペースで、のんびりゆっくりと楽しんで欲しいという思いを込めて作成しました。


明日は先月誕生した友人の赤ちゃんを見に行きます。
女の子なので間違いなくかわいいです。楽しみ!
今週もお疲れ様でした!

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ