個別記事のページです

2016年7月25日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

トップページの顔であるヘッダー制作の流れ

こんにちは、ホームページ制作Fの成松です。

最近暑い日が続き、Fでも冷房が必須になっています。

涼しくて快適ですが乾燥してのどが痛いのが辛いです。


さて、もうすぐ私もFに入社して4か月が経とうとしています。

まだセカンドページやこまごましたものをデザインすることが多く、

トップページのヘッダー制作はしたことがないのですが、

今日はFでのヘッダー制作の流れを書いていこうと思います。


ヘッダーとは、トップページの上の一番最初に目に入る箇所のことです。

それはホームページの顔であり、見た人が一番に印象を決めるとっても重要な場所なので、

Fではヘッダー制作に、2週間じっくりと時間をかけます。


ヘッダーを作る前に、

把握シートとラフを書きますが、その段階でお客様の会社のことをしっかり考え、

ヘッダーでどうやったら1番その魅力をひきだせるのか、試行錯誤しながら制作していきます。

会社を変えずに売れる角度の見せ方を変えていき、魅力を十分にひきだせるデザインができるまで、

だめなら何度でもやり直しです。

この作業がホームページを作る際の最難関だと思います。


ヘッダーができあがると、

次にヘッダー下、トップページ全体、セカンドページと制作していきます。

そうしてようやくできあがるのが、Fが作ったホームページです。


会社の顔を作るヘッダー制作は、デザイナーにとってそうとうなプレッシャーだと思います。

私もそのプレッシャーに耐えられるように、日々少しずつ成長していきたいと思います。

ヘッダー.JPG

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ