個別記事のページです

2016年7月 7日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

圏外から1位に戻った方法

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F望月 聡です。

本日は検索上位表示を大きく回復した実例です。

順位が徐々に下がり、
最後の最後にはお客様がタイトルを変更して、
圏外まで飛びました。

理由はもっと多くのキーワードを入れたかった。

メインキーワードは「名入れ カレンダー」でした。

そこで、なんとか順位を圏内にしたいために、
タイトルを前のものに戻したのですが、結局は圏外のままでした。

こちらのホームページは、
以前から少し強引なキーワードの入れ方をしており、
スパム要素の強いタイトルの付け方でした。

何かの拍子で、いつか圏外に行くと思っていたのですが、
自らの手で圏外に行くとは、
キーワードの入れ方でSEOは恐ろしいものとなります。

なんとか1位にしたい。

1位でなければ、
PPC広告の費用が大きく上がるのでということで、
3万円で依頼を受けました。

本当はスマホサイトとSSLをして欲しいと伝えたのですが、
予算の都合上、解析とタイトルの見直しをしました。

見なおしたタイトルは下記。

「最強の名入れカレンダー2017年版/名入れカレンダー.jp」

「最強」という擬似語を入れてキーワード率を薄めて、
「2017年版」という今年分ありますよ!と流行りに乗る。
さらに2回名入れカレンダーというワードを入れ込む。

すると、

1位になりました!!

タイトルごとき!
タイトル変更だけで1位とは。。

タイトルではSEOはできないと考える中で、
まだまだタイトルの変更だけでも1位になれると気が付きました。

良いサイトを運営しているけど、
なぜか上がらないと思う方は、タイトルの変更で大きく上がる可能性あります。

1回圏外になっても。Googleは許してくれる。
より良い結果となりましたのでご報告です。

まだまだSEOの腕もあります!

SEOとは不安要素を消すものですので、
SSLやスマホサイトなどの堀を埋めたほうが確実に結果はついてきます。

応急処置でのSEOはタイトルの変更がいい方向性になります。

参考にして頂けると幸いです。


■価格?ページ数?納期?ホームページ制作会社の選び方

■攻めなくても守りで突破する営業力

■SEO対策にも必須!ライティング力をつけてホームページ制作に取り組む

■ホームページは目的次第で形を変える。

■ホームページを営業マンとして機能させれば経費も削減できる

13606568_1140817169315701_3953590552758984152_n.jpg
書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ