個別記事のページです

2016年7月24日(日)
このエントリーをはてなブックマークに追加

忙しいのにどうやって時間を作ってるんですか

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F望月 聡です。


望月さん忙しいのに、
どうやって時間を作ってるのか教えて下さい。

「忙しいのにすみません」
「いつも忙しそうですよね。」と言われるのですが、
実は僕自体は全然忙しくないです。

6時に起きて23時に就寝。土日祝日休み 
1日の仕事の時間は5時間(2時間は読書)
(日曜日の午前は執筆と舵取り)

主な仕事は、
1.お客様が大分に来た時の打ち合わせ。
2.ラフを描く。
3.会社の舵を取る。
4.メルマガで週1回情報発信。
5.スタッフからの成果物をチェックする。

お客様が来ない時は、
週1(メルマガの情報発信)しかすることがないです。

あとは、読書をして、成果物のチェックと執筆です。

時間を空けているからこそ、
大きな商談でも決断でもズバッとした提案ができる。
これこそが、社長業の仕事だと考えています。

以前は分身がほしい。
自分自身が奴隷のように働く人でした。

その生活を8年やって、
精神病(パニック障害)にかかったんですね。

その結果、
心と身体に向き合える良い機会でした。

達人は力を抜きながら、
熟していく、力をかけすぎると壊れる。

いつも人のせいにして、
自分で全てをやってしまう。

思い通りにならないと、
駄々をこねて感情に身を委ねる。
人を使っても全然活かせてない無能ぶり。

私自身なんとも、生きにくい生き方をしていました。

怒りのおかげで、
体の不調は麻痺されて、見せかけの健康でした。

しかし、気を緩めると
身体の悪いところが、ボロボロと出てきました。

水のように生きてみる。
これに憧れて随分頑張りましたが、
人間、感情を消すことは不可能だと知りました。

では、怒ることが起きないようにすることが、
会社も自分も1番健康になると考えて、
自分の仕事をわかりやすく伝わるように文章にしました。

すると、どうでしょうか。
会社のスタッフの成長が早い。
私自身の心配と恐れが大きく消えていく。

お客様からの信頼が大きくなる。

よく考えると、
小学校でも教科書を使って勉強します。

会社だと教科書がなく、言ったことを覚えろ。
この前言ったのに、なぜ覚えていないんだ。

前代未聞の無茶ぶりが多くあります。
社会人は2度同じことを聞かない!!という拷問。

小学校で、いや、大学で、
教科書がなく教授の言った言葉を理解しろというのは、
正直無理があります。

そうだ、会社も教科書が無いから、
怒ることが起こるんだ・・・

ビジネス書を1000冊以上読んだのですが、
なぜ、、誰も教えてくれないんですか・・・

怒らない技術とか社長は短気だからうまくいくとか、、
本質を書いてなくて・・苦労しました。

本質を描いても書籍が売れないので、
当たり前なんですが、この罠に長い間、引っかかりました。

マニュアルは会社それぞれで違います。

会社の風土を書いていき、
営業パターンも書いていけば、
なんとも指標になりやすいマニュアルが出来上がります。

社長業に専念するためには、
プレーヤーを卒業するためのマニュアル(論文)が必要です。

パターンはそんなに無いです。
本質を書いていくと、マニュアルはページが少ないです。

勉強嫌いな社員たちに、教科書を渡してもうまく行きません。
薄い教科書を作り、渡すだけでもうまくいきます。

そのマニュアルができてから、会社は大きく変貌しました。

私が書いたマニュアルのとおりに、勝手に働いてくれる。

当然、怒る回数は減り、
回数が減るということは、出番が少なくなり、
時間ができるようになりました。

さらに、高い思考のもとで仕事ができます。

スタッフも好き勝手に働けるので、
居心地良く働いている環境となりました。

「自分がいなければ」これほど恥ずかしい言葉はないと考えています。

伝承していれば、
名を残さずに終わることができる。

すべて教えることができていれば、
名を残す必要がない。

自分が培ってきた技術を、
教えることができてからこそ、新しい知識が入ってくる。

自分がした失敗を、
わざわざ人にさせるという、つまらない事はしたくない。

私が知ったことは全て伝えていき、
知った方は遠回りをせずに、
残りの人生を自分らしく生きて欲しいと考えます。

情報だけでも飛躍的に進歩できると感じております。

このようなお手伝いも大分に来た時にしております。
参考にして頂けると幸いです。

■業種では事例を多く出したホームページを制作する
https://www.web-f.net/2016/07/post-35373.html

■制作後、目を皿にするホームページのアクセス解析
https://www.web-f.net/2016/07/post-35371.html

■ホームページ制作料金も、高い安いは自分で決めること
https://www.web-f.net/2016/07/post-35372.html

■Fでのホームページを制作する際のちょっと変わった?環境
https://www.web-f.net/2016/07/f-63.html


4作目に秘策あります。
https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E7%95%AA%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B%E5%BA%83%E5%91%8A%E6%88%A6%E7%95%A5-%E6%9C%9B%E6%9C%88-%E8%81%A1/dp/4341086340?ie=UTF8&qid=1466735347&ref_=la_B0053DY1R2_1_1&s=books&sr=1-1


2016-07-24 11.21.23.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ