ホームページ制作Fの業務を月ごとにご紹介

2016年7月29日(金)
売れるより本当に重要な事は繁栄すること


営業・信頼・顧客名簿・社員・身体・技術・行動・仲間。
売れるに12年間向き合ってきたからこそ、
売れるを作ることは本当の問題の解消にならないと気が付きました。

売上を上げるということは、
砂漠に井戸を掘り、短絡的に渇きを癒すだけで、
継続的な渇きを満たすためには、砂漠に緑を植えて相対的に改善しなければ
根本的な問題の解消にはならないと考えます。

経営というのは、多くの要因が絡まり、
最終的に売上にたどり着き自然と売上が立っていく、
外への一方的な営業力ではなく内から輝く会社のほうが楽に繁栄をしていきます。

営業力を上げるということは、
簡単なことだからこそ、誰もが先に手を出すものであります。

営業はカンフル的要素であり、
表面的には物事が解決するように思えるのですが、
繁栄するところまでは行かずに、その場で足踏みをしている状態となります。

営業力が上がり継続的に維持するためには、
内部を輝かせることが1番楽になります(既存のお客様とスタッフ)。
内部強化は難解のため、1番難しい問題だからこそ、最高のご褒美がある。

営業力を上げると同時に、
内部の強化も一緒にすることで継続する売上が生まれてきます。

お客様から必要とされるから売上が上がる。
必要とされている理由を社員にはっきりと伝えられる=やりがいになります。

経営者は、売上を上げる事が、ゴールではなく、
自分らしく生きていく。楽しく仕事がしたい。楽をしたい。

「会社を潰せない」というのは、「潰したくない。」
「スタッフを楽にしたい」というのは、「一緒に楽しく働きたい。」という
上辺の言葉ではなく問題の本質までたどり着き、
本当の目的をまずは理解することが大きな道へと変わります。

多くの方が、「売上を上げる」そう考えて行動を取ります。
私もそうでした。しかし、達成しても誰も幸せそうではありませんでした。

本質はより良い環境の会社経営にしたい。
全てが健全になると、いろいろな不安がなくなります。

私自身、何度もチャレンジをして、
超絶ブラック企業から卒業するために、
仕組みを作り社員が望むべき願いを捨て身で叶えてみました。

すると、社内は繁栄の法則にそって輝いていきました。
長い道のりでした。その繁栄した社内を見に来るお客様も多くいます。
社員たちはセミナーや会議無し、教育費0で毎日成長しています。

「営業力を上げる」ということは、
「お客様からもっと好かれる」ということになります。

もっと好かれる理由をお客様だけに与えるのではなく、
スタッフにも与える動きをすることで内部も輝いていきます。

ホームページで売れるものを作るときに、
お客様と社員にも伝えることで、
社員のモチベーションとやる気も上がってくることとなります。

外も内も輝かせることが、
繁栄していくホームページの作り方となります。

■より楽に自然に自分らしく生きていくために

最近、頑張り過ぎないということがやっとわかってきました。
やり過ぎるとどこかで歪みが発生してしまいます。
その歪みが普通の生活から遠ざける要因となる。

社員に正しい普通の生活を正しい環境でさせると、
繁栄をすることしかしなくなる状態となります。

多くの方が楽をして生きたい。その楽というのは手を抜くということではなく、
本質を考えていくと、自分らしい生活を自分らしく生きたい。
自分らしい生活というのは、ストレスが少ない人間性の高い世界です。

怠惰な世界ではありません。正直怠惰な世界は楽ではありません。

そのためには何をしなければいけないのか伝えるだけでも、
自然とセミが脱皮をするように毎日成長をしてくれます。

日々社員が考えることは、より限られた時間の中で成果を出すための、
手法と手段が研ぎ澄まされて生まれてきます。

早く帰るためには、今の方法では良くない。
給料をもっと取るためには、今の方法ではとれない。

環境が良くなり時間ができると、
洗礼された情報をより求めるように変わってきます。

もっと楽な世界と自分の可能性にチャレンジしてみたいからです。

なぜ以前はこんなことで、足をすくわれていたのか、
自転車にスイスイ乗れるような感覚で、昨日の自分とは違う自分になっていきます。

空いた時間をより生きやすい人生に変えるために、知恵を使って技術を上げる。
そうやってきた社員たちは本当に強く働いてくれています。

会議や教育などは必要ありません。
まずはお客様に伝えようとしている御社の売りを明確にして、
それを社員にもわかるようにして、働く意図を伝えていきましょう。

繁栄の法則になっていきます。
営業力を鍛えるとともに内部も輝かせることができる。

一石二鳥のホームページを作っています。

超絶ブラック企業からここまでホームページを使ってきました。
参考にして頂けると幸いです。

外注とのつきあい方

人柄がにじみ出る外壁塗装のホームページ制作

始めてTOPページから担当をした石材店様の話

2016-07-21 16.34.52.jpg

2016年7月29日(金)
観光業などの、楽しさを伝えるホームページの作り方

こんにちは、ホームページ制作Fのたちばなです。
本格的な夏風邪を引いてしまいました・・・
そういう時に限って友人から立て続けにお誘いが来たりします。
健康な土日は暇でゴロゴロしている時が多いというのに、人生うまくいきませんね!


昨日、父と母の結婚式のビデオをDVDに変換してもらったようで家族で上映会をしました。
30年前の映像で20年振りくらいに再生し、とても楽しかったです。
当時母24歳、現在私26歳、、、自分より歳下の母というものは随分違和感たっぷりでした。
写真もいいですが、映像はもっといろんな情報、雰囲気が一気に伝わりますね!


今日は観光業など、楽しい施設のホームページを紹介します。
例に取るのは角打屋様です。大分湯布院で外で地酒の飲めるお店です!
角打屋トップページ

大前提として大切なのは、「楽しいですよ!!」と押し付けてはいけないということです。
ありのままの写真とキャッチコピーと雰囲気で見る人に想像させ、
まるで本当に自分が行っているかのようにワクワクさせることが重要です。
あまりにもドカーンと盛りすぎたら、
「ここは楽しまないといけない場所なんだ・・・」「ちょっと行きにくいな・・・・」と
敬遠されてしまいますので注意が必要です。


角打屋様では、最終的な「楽しい!!」という部分は動画に持っていく動線にしてあります。
トップページの動画への動線

素直に楽しんでいる様子を掲載することで、押し付けではなく見た人に「これは楽しそう!」と思ってもらえる
ようにしています。映像は使いようによっては100語るより伝わりますね。
自分のペースで、のんびりゆっくりと楽しんで欲しいという思いを込めて作成しました。


明日は先月誕生した友人の赤ちゃんを見に行きます。
女の子なので間違いなくかわいいです。楽しみ!
今週もお疲れ様でした!

2016年7月28日(木)
外注とのつきあい方

こんにちは。更新管理担当のオカベです。
夏本番で朝から灼熱地獄です!特に車・・暑い・・
8月はさらに暑いと思うので熱中症などお気をつけてお過ごしください!

弊社ではデザインやコーディングなど外注さんにお願いすることがあります。
外注というと社内以外の人に業務委託をして作業費も安くして・・という
認識が多くあると思います。実際弊社もそうでした。
しかしF全体のクオリティが上がってきた時、外注さんにこれまでどおりの
金額で作業をお願いしても依頼内容は以前と比べて上がっているわけで
外注さんから「ムリです」と言われました。
やはりFでも外注費は安く済ませたい!という概念で依頼をしていましたが
このままではせっかく良い外注さんに出会っても新規依頼で断られてしまう、
継続して仕事を頼めないという状況になって
すべて社内でこなしていかなければならない状況になってしまうということで
外注さんとのあり方について見直しをしました。
外注とのつきあい方
Fはよくある社内でするような案件ではないから費用が安い外注に頼むのではなく
社内が回らないから外注さんにお願いしているのであり、
クオリティは社内同様のものを作っていただいているので、
特にデザインの外注さんは社員同様何度もやり直しをお願いすることもあります。
それなら社員と同じ日給・作業費でもいいんじゃないかということで
現在は依頼内容に対し目安となる作業日数・日給を提示てお願いしています。

また私は主にコーディングの外注さんと連絡を取ることが多いですが
本当に知識が豊富で社内で解決できない案件を相談してみると
解決策やアドバイス等をいただけて本当に勉強になります。
逆に外注さんから「勉強になりました」といってもらえることもあるので
お互いが成長しながら良い関係を気づけているのではないかと思います。
会社あっての外注、という考えが多いかと思うのですが、
Fでは外注さんに業務委託というよりも業務提携のような形で仕事をお願いしています。
外注さんとのコミュニケーションをうまくすることで社員のスキルアップにも繋がると思うので
外注のあり方について見なおしてみては如何でしょうか!

2016年7月27日(水)
人柄がにじみ出る外壁塗装のホームページ制作

外壁塗装のホームページ


こんにちは。ホームページ制作Fの小島です。


現在進行中で、外壁塗装のホームページを制作しているのですが、
参考を探す時に外壁塗装でググると、まずそのホームページの多さに驚きました。


外壁塗装+地域で検索するとこれでもかというぐらい塗装業の会社があります。
47都道府県すべて検索してみて調査をしたのですが、大体同じつくりなことにも驚きました。
自社職人だから技術力に優れている、これだけ実績あります、業者の選び方で失敗しないためにという感じです。


同じことを同じように出しても意味が無い


全国の外壁塗装をしているホームページを見たときに心があつくなった会社がいくつかありました。
決してデザインが優れているわけではないんですが、代表者様の想いが前面に出ていて、それを読んだときにエネルギーが上がるのを感じたのです。
そのときに改めてホームページはデザインではなく文章に込められた想いが大事なんだと気付くことが出来ました。


人柄がにじみ出る想いのこもったホームページを作るために、代表者様の過去すべての出来事を聞かせていただきました。
過去の出来事全てに意味があり、一つ一つの出来事は今につながっています。
過去の出来事を点で見てしまうと、最悪な出来事だとしても、今それを思い返してみると、その出来事があったおかげで今の想いにつながっていることもありました。


その想いを文章化したあとに、デザインをすることで、デザインにもその想いが出てきます。
煽ることは一切考えずに今回は外壁塗装のホームページを制作中です。
見た方のエネルギーを下げるのではなく、エネルギーを上げる気持ちをあたたかくするホームページを目指しています。


2016年7月26日(火)
始めてTOPページから担当をした石材店様の話

こんにちは。ホームページ制作Fのまるいです。
週末、友人と夏祭りへ行く約束をしたのですが
お祭りへ行くのは数年ぶりなので密かに楽しみにしています。


そろそろ8月に入りますね。Fにいると月日の流れが本当に早いので
気が付けば8月になりきっとあっという間にお盆がきて...と
なるのだろうなあと思っています。
お盆と言えば里帰りやお墓参りの時期でもありますよね。


今回は、私が初めてTOPページから担当させて頂いた
お客様のホームページ制作についてお話をしたいと思います。
創業より60年続く大阪の石材店様です。


何年も修行を重ねた経験のある職人が施工をしてくれるという確かな技術力に
代表者様の気さくで優しくあたかかい人柄、
お墓のことならなんでもお任せ下さい、という知識の広さと親身さを出して制作をしました。


このサイトではお墓の修繕・リフォームの事をメインに出しているのですが
様々なお困りごとにも広く対応が出来るということを伝えるために
事例ページを修繕項目ごとに設けました。
また、施工事例がどこからでも見易いよう、随所に施工事例ページへのリンクを付けています。
そして手軽な金額から修繕が出来る事を伝える目的と、いくらかかるんだろうという
サイトを訪れたお客様の不安を取り除くために、事例には全て価格や内訳を入れました。


この石材店の代表様は3代目となるのですが、ホームページの中で
家業を継ぐに至った経緯まで載せています。


会社やその会社の代表者様の分身となるのがホームページです。
Fでは、うわべだけの情報や、良いところばかりではなく
今まで歩んできて得た失敗や一見マイナスに思えてしまいそうなところまで載せます。
それは、その経験が今の良い状態に繋がっている、今の代表者様を作り上げている
というところまで全て見せることで
ホームページを見たお客様が
人間みといった部分での魅力を感じて下さるからです。


実は私の実家もこのお客様と近い業種でしたので
先祖やお墓といった事柄と触れる機会は多い方だと思っていたのですが
真心とは、先祖を想う心とは、感謝をするとは...、など
こんなに深く真剣に考えたことはなかった!というくらい
考えに考えてページに反映させていきました。
TOPページもセカンドページも自分で作ったページが多かった分
また、初めて一から担当させて頂いたという事もあり
とてもとても思い入れがあります。
公開出来たときは、本当に嬉しかったです。


他のお客様に対しても担当させて頂く際には
人一倍の思い入れを持って制作をしています。
それはどのスタッフもお客様に対して同じ気持ちだと感じています。


良いものを作っていけるように、日々、精一杯邁進していきたいと思います。

sasadasama.PNG

2016年7月25日(月)
トップページの顔であるヘッダー制作の流れ

こんにちは、ホームページ制作Fの成松です。

最近暑い日が続き、Fでも冷房が必須になっています。

涼しくて快適ですが乾燥してのどが痛いのが辛いです。


さて、もうすぐ私もFに入社して4か月が経とうとしています。

まだセカンドページやこまごましたものをデザインすることが多く、

トップページのヘッダー制作はしたことがないのですが、

今日はFでのヘッダー制作の流れを書いていこうと思います。


ヘッダーとは、トップページの上の一番最初に目に入る箇所のことです。

それはホームページの顔であり、見た人が一番に印象を決めるとっても重要な場所なので、

Fではヘッダー制作に、2週間じっくりと時間をかけます。


ヘッダーを作る前に、

把握シートとラフを書きますが、その段階でお客様の会社のことをしっかり考え、

ヘッダーでどうやったら1番その魅力をひきだせるのか、試行錯誤しながら制作していきます。

会社を変えずに売れる角度の見せ方を変えていき、魅力を十分にひきだせるデザインができるまで、

だめなら何度でもやり直しです。

この作業がホームページを作る際の最難関だと思います。


ヘッダーができあがると、

次にヘッダー下、トップページ全体、セカンドページと制作していきます。

そうしてようやくできあがるのが、Fが作ったホームページです。


会社の顔を作るヘッダー制作は、デザイナーにとってそうとうなプレッシャーだと思います。

私もそのプレッシャーに耐えられるように、日々少しずつ成長していきたいと思います。

ヘッダー.JPG

2016年7月24日(日)
忙しいのにどうやって時間を作ってるんですか

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F望月 聡です。


望月さん忙しいのに、
どうやって時間を作ってるのか教えて下さい。

「忙しいのにすみません」
「いつも忙しそうですよね。」と言われるのですが、
実は僕自体は全然忙しくないです。

6時に起きて23時に就寝。土日祝日休み 
1日の仕事の時間は5時間(2時間は読書)
(日曜日の午前は執筆と舵取り)

主な仕事は、
1.お客様が大分に来た時の打ち合わせ。
2.ラフを描く。
3.会社の舵を取る。
4.メルマガで週1回情報発信。
5.スタッフからの成果物をチェックする。

お客様が来ない時は、
週1(メルマガの情報発信)しかすることがないです。

あとは、読書をして、成果物のチェックと執筆です。

時間を空けているからこそ、
大きな商談でも決断でもズバッとした提案ができる。
これこそが、社長業の仕事だと考えています。

以前は分身がほしい。
自分自身が奴隷のように働く人でした。

その生活を8年やって、
精神病(パニック障害)にかかったんですね。

その結果、
心と身体に向き合える良い機会でした。

達人は力を抜きながら、
熟していく、力をかけすぎると壊れる。

いつも人のせいにして、
自分で全てをやってしまう。

思い通りにならないと、
駄々をこねて感情に身を委ねる。
人を使っても全然活かせてない無能ぶり。

私自身なんとも、生きにくい生き方をしていました。

怒りのおかげで、
体の不調は麻痺されて、見せかけの健康でした。

しかし、気を緩めると
身体の悪いところが、ボロボロと出てきました。

水のように生きてみる。
これに憧れて随分頑張りましたが、
人間、感情を消すことは不可能だと知りました。

では、怒ることが起きないようにすることが、
会社も自分も1番健康になると考えて、
自分の仕事をわかりやすく伝わるように文章にしました。

すると、どうでしょうか。
会社のスタッフの成長が早い。
私自身の心配と恐れが大きく消えていく。

お客様からの信頼が大きくなる。

よく考えると、
小学校でも教科書を使って勉強します。

会社だと教科書がなく、言ったことを覚えろ。
この前言ったのに、なぜ覚えていないんだ。

前代未聞の無茶ぶりが多くあります。
社会人は2度同じことを聞かない!!という拷問。

小学校で、いや、大学で、
教科書がなく教授の言った言葉を理解しろというのは、
正直無理があります。

そうだ、会社も教科書が無いから、
怒ることが起こるんだ・・・

ビジネス書を1000冊以上読んだのですが、
なぜ、、誰も教えてくれないんですか・・・

怒らない技術とか社長は短気だからうまくいくとか、、
本質を書いてなくて・・苦労しました。

本質を描いても書籍が売れないので、
当たり前なんですが、この罠に長い間、引っかかりました。

マニュアルは会社それぞれで違います。

会社の風土を書いていき、
営業パターンも書いていけば、
なんとも指標になりやすいマニュアルが出来上がります。

社長業に専念するためには、
プレーヤーを卒業するためのマニュアル(論文)が必要です。

パターンはそんなに無いです。
本質を書いていくと、マニュアルはページが少ないです。

勉強嫌いな社員たちに、教科書を渡してもうまく行きません。
薄い教科書を作り、渡すだけでもうまくいきます。

そのマニュアルができてから、会社は大きく変貌しました。

私が書いたマニュアルのとおりに、勝手に働いてくれる。

当然、怒る回数は減り、
回数が減るということは、出番が少なくなり、
時間ができるようになりました。

さらに、高い思考のもとで仕事ができます。

スタッフも好き勝手に働けるので、
居心地良く働いている環境となりました。

「自分がいなければ」これほど恥ずかしい言葉はないと考えています。

伝承していれば、
名を残さずに終わることができる。

すべて教えることができていれば、
名を残す必要がない。

自分が培ってきた技術を、
教えることができてからこそ、新しい知識が入ってくる。

自分がした失敗を、
わざわざ人にさせるという、つまらない事はしたくない。

私が知ったことは全て伝えていき、
知った方は遠回りをせずに、
残りの人生を自分らしく生きて欲しいと考えます。

情報だけでも飛躍的に進歩できると感じております。

このようなお手伝いも大分に来た時にしております。
参考にして頂けると幸いです。

■業種では事例を多く出したホームページを制作する
https://www.web-f.net/2016/07/post-35373.html

■制作後、目を皿にするホームページのアクセス解析
https://www.web-f.net/2016/07/post-35371.html

■ホームページ制作料金も、高い安いは自分で決めること
https://www.web-f.net/2016/07/post-35372.html

■Fでのホームページを制作する際のちょっと変わった?環境
https://www.web-f.net/2016/07/f-63.html


4作目に秘策あります。
https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E7%95%AA%E5%84%B2%E3%81%8B%E3%82%8B%E5%BA%83%E5%91%8A%E6%88%A6%E7%95%A5-%E6%9C%9B%E6%9C%88-%E8%81%A1/dp/4341086340?ie=UTF8&qid=1466735347&ref_=la_B0053DY1R2_1_1&s=books&sr=1-1


2016-07-24 11.21.23.jpg

2016年7月22日(金)
Fでのホームページを制作する際のちょっと変わった?環境

こんにちわ!
ホームページ制作Fのアンドウです。


ここ大分ではついにジメジメとした梅雨が明けました!!!
ほんっと梅雨時期は嫌いです。。。。
洗車はできない、湿気は凄まじい、晴れたと思えばいきなり降る等々、
上げればキリがありませんが、それももう今年は終わりです。
願わくば、梅雨というものが絶滅しないかと思います。


そんな梅雨明けて灼熱オンリーとなった大分で、本日もFでは変わらずホームページを制作しています。
Fに入ってまもなく4ヶ月が経とうとしていますが、
ここの制作環境は少し?独特だなぁと思う事が多々あります。


まず、頻繁に席替えが行われる事。
学生の頃は1か月に1度くらいのペースで行われていたこの席替え。
Fでは昼夜問わずいきなり宣告されます。
なぜかは、その時その時の人の状況に合わせて1番最適な人と近い場所で制作を行う為です。


システム寄りの仕事が多くなった時は、それに強い人と近づければ、効率は上がりますよね。
デザインに強い人が隣だと、制作中ちょっと聞きたい事や、意見が欲しい時にすぐにアドバイスがもらえます。


この様に、ホームページ制作を行う上で、各々の能力や現在足りない所に応じて、
臨機応変にその制作環境を変えて、最大限お互いがフォローしあえる様に変化させる。
これはFの特徴だと思っています。
席替えは、1つの例ですが、この制作する上でその人に最適な環境を用意する。
あとは個人の能力や意識次第で、その環境を活かしたり殺したりもする、
個人の裁量にゆだねて、しっかり考えて仕事をする環境が整っているのだと思っています。


時に意図を理解できずその環境を活かせない時もあり、
環境だけに甘えているなぁと感じてしまう時もありますが、
もっと用意された環境を積極的に利用しなければと思う毎日です。


その他の環境の特徴といえば、、、、、やはり古民家ですかね?
次大きな地震が来たら、、、と思うとゾッとしますが、
1日の大半を過ごす場所としては、落ち着くいい環境だと思います。


梅雨から夏本番へと季節が変化し、新たな季節へと進んでいますが、
それよりも早いスピードで変化するFの環境にもしっかりとついて行きながら、
ホームページ制作に取り組んでいこうと思います。

Fでのホームページを制作する際のちょっとかわった環境

2016年7月21日(木)
特殊清掃の業種では事例を多く出したホームページを制作する

こんにちは、ホームページ制作Fのなかぞのです。
梅雨もあけて雨ばかりの日は少なくなりましたが、
夕方になると雷が突然鳴り出したりするので怯えています・・
今でもこんなに暑いのに8月とかどうなるんだろう・・・と考えるだけで恐ろしいです・・・
そんな夏は暑くて苦しくて私は苦手です・・・

そういえば、去年の夏に私は入社して、それから1年経ちました。
というより、経っていたって感じです。
Fでは時の流れがすごく早く感じます。
濃い日々を過ごしているということでしょうか。
まだまだ学ばなければならないことがたくさんあります・・・!
今まで私が制作した中で一番最新の特殊清掃のホームページ制作についてお話ししたいと思います。
こちらの特殊清掃業者様は遺品整理もしており、遺品整理のサイトの後に特殊清掃も、
ということで制作させていただきました。

特殊清掃という業種は認知度が低く、
作業量によって料金も変わってくるため相場がわかりづらいです。
そのため、いくら「ここがすごいんです!」と言っても
「じゃあ、実際の技術、料金はどうなの?」と疑問を持たれるお客様も多いはずです。
私も料金がいくらかかるんだろう・・と疑問に思っていました。
この疑問を解消するには、事例をどんどん出していくしかありませんでした。
事例が多ければ「これだけ数をこなしてきてるんだから任せてもいい!」
「これだけ綺麗にしてくれてこの料金なんだ」とお客様に伝えることができます。
実際どの状況まで清掃してくれるんだろう・・という疑問も
写真をのせることで、自分の状況に合った事例を見てここまでしてくれるということが分かります。
こちらの特殊清掃業者様は、1滴の血液から一番酷い状態まで幅広い現場を対応してくださいます。
このことをヘッダーで大きく出して、事例もヘッダーに置いて事例ページに飛ばすようにデザインしました。

また、特殊清掃という業種はライバルが少ないですが、
どこも同じようなことを言ってしまっては埋もれてしまいます。
強みを出すために、強みを書き出して見せ方にも工夫して
他とは違うここの業者様ならではのデザインを考えました。
制作中に、何もなかったかのようにお部屋を綺麗にしてくれる
臭いも完全に消してくれると出したかったのになかなかうまく伝わらず
初めは、「いいけどここならではっていうのが足りないかな・・」
とスタッフから言われてすごく悩みました・・!
ですが悩みに悩んだからこそ、納得のいくページができたんだと
制作後、すごく思います!

まだ公開はしておりませんが、公開してからの反響がどうなるのか
私自身すごく楽しみにしています。それくらい気持ちを入れて制作致しました。

私を含め、他のスタッフも1つの案件に対して気持ちを入れて入れて入れまくって
納得の行くホームページを制作しております。
気持ちを入れるというのは正直難しいのですが、ここに頼みたい!と自分でも思えるデザインを
今後も心がけてしていきます。
top_roadtokusyu.jpg

2016年7月20日(水)
ホームページ制作料金も、高い安いは自分で決めること


こんにちは。昨日に引き続き、制作のしもかわです。
昨日の今日と言う事で、あまり変化のない日々を過ごしております。
といっても仕事はしているつもりなので、なんとか頑張っていきたいと思います。


個人的なことですが、実はつい最近高い買い物をしました。
それは航空券!
数年に一度行けるかもわからない海外への高額な切符!


というわけで、今日はお金のことについてお話ししようと思います。

 


【ホームページ制作料金は高い?】


弊社がお客様におススメをしているプランは大体120~200万円程度の製作費です。
私の年収かな?
一個人としては払いきれるわけがないほどに高額です。


実は先日、初めて製作費の見積りをしました。
その際に弊社の制作料金についてもご説明をしたのですが、
お客様は「高すぎる!」とは言いませんでした。
「それくらいだと思っていた」と仰ったのです。


もちろん、ホームページにそんなにお金はかけられない!という方もいますが、
前述の方のようにすんなり納得してくださる方もいます。


そこに金銭感覚の違いがあることはもちろんなのでしょうが、
料金を説明するに至るまでのプロセスでも、お客様の制作料金に対する
間隔が変わってくるものなのかなと思いました。

 


【何をするのか・どうやって作るのかを明らかに】


制作料金を説明する前に、弊社がどうやってホームページを
制作するのかを伝えることがとても大切なことだと私は考えます。


制作の問い合わせをして、いきなり200万の料金を提示されたら、
余程のことが無い限り誰だって断りたくなります。


弊社はまずはお客様と会社の事を、
知らなくても良いようなことでさえ熟知したうえで
ページの構成を考えたり、ラフを何度も何度もやり直したりと、
サイト完成までにかける時間と集中力をご説明します。


もちろんここに記載した以上に詳しく説明しますが、
このご説明で納得いただけた方には、制作期間や料金のご説明をしています。


なぜ金額が高くなってしまうのかをしっかりとご説明することで、
お客様にホームページ制作にかかわるほぼすべての事にご納得いただいているのです。

残念ながら、ご納得いただけず断れる方もいらっしゃいますが、
消して時間が無駄だったわけではなく、双方にとって良い時間になったと思っております。


と、かしこまってお話してしまいましたが、
要は「高い買い物は慎重に」ということですね!


自分で絶対に必要なものであれば、迷いすぎずお金を出すことも大切ですが、
相手方からよく話を聞いたり、自分で調べたりなどしましょう!

dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s.jpg

 

2016年7月19日(火)
制作後、目を皿にするホームページのアクセス解析


こんにちは。制作のしもかわです。
先日、ついに梅雨明け発表されました。


大分は平年より一日早く、去年よりも十一日も早い梅雨明けだそうです。
これからが夏本番と言う事で、でろでろに溶けながら
キーボードを叩き続けることになるかと思うと、絶望すら感じてしまいます。


暑い暑いと思いながら、最近グラフとにらめっこをする日々が増えてきました。
近々、自分が受け持ったサイトが一部公開するということで、
公開後のページアクセスを自分でしっかりと確認できるように
Googleアナリティクスでアクセス解析を目を皿にして見ています。


最近はGoogle検索の結果が地域ごとに異なっていたり、
細分化されて検索結果が表示されるようになってきました。
個人的には便利なのか不便なのか、どちらともいえないのですが、
日本人なら誰でも知っているなどの、圧倒的なブランド力がなく、
全国区を狙う企業様方には厳しい状態です。


例えば整体院のサイトのアクセス解析でサイト訪問者が
どんなワードで検索しているのかを確認してみても、

「整体」などの大きなワードではなく
「股関節痛 治療法」「XX市 整体院」など

検索する側も、キーワードを細分化させて
最も自分に合う整体院のサイトを探しているようです。


da38300d814fe85b5d7a098f56d03720_s.jpg


ビックキーワードで検索上位を目指していくことが悪いことではありません。
ですが、近年のGoogleの動き、
アクセス解析でホームページ閲覧者の動きをよく見て、
一日に一回アクセスされるような小さなキーワードでも
「塵が積もれば山となる」という言葉の通り、
着実にアクセスを伸ばしていくことも大切です。


 


2016年7月15日(金)
ホームページ制作において放っておけないスマホサイト

こんにちは。ホームページ制作Fのたちばなです。
最近暑くなったり寒くなったり忙しく、風邪らしきものをひいてしまいました。
ですがここ数年咳と鼻水が出ていない記録は破られること無く、微熱だけで終わりました。
良かったような悪かったような、でもきつくなかったので良かったです。
皆様も体調管理お気をつけ下さい。


ちなみに最近ハマっているものは玉子と手羽元のお煮付けです。
これをもう何回も繰り返し繰り返し作っています。
今回はどんな味になるのかと作って楽しい、食べて美味しい。寝かせて深まる味。
最高です!!


今日のテーマはホームページ制作においてどんどん必須になってきたスマホサイトについてです。
Googleも、前まではあったら評価しますよという感じでありましたが
スマホサイトがないと良くないですよと正式に発表をしましたね。
これで動き出した方も多いのではないでしょうか。


そこで真っ先に浮上するのが「レスポンシブデザイン」だと思います。
単刀直入に申しますと、弊社はレスポンシブデザインをおすすめしてはいません。
レスポンシブデザインは非常に管理運営が楽で、メリットをあげるととっても魅力的で
攻守共に優れていると思いがちですが大切な「訴求力」に欠けてしまうのです。


弊社では、パソコンサイトとスマホサイトの両サイトを別々に作成して、
閲覧端末のデバイス幅で表示するサイトを切り替える方法で制作を行っています。
両者メリットデメリットありますが、一番の違いは


レスポンシブデザインは「スマホサイトをベースに、パソコン表示用に大きくした」構成
別々に作る方法は、「パソコンサイトをベースにして、スマホ表示用に凝縮した」構成


というところだと思います。

レスポンシブデザインではないスマホサイト

パソコンサイトがとってもあっさりした、必要最低限の情報が載っているような構成であれば
レスポンシブデザインはとっても魅力的で効果的だと思いますが、
伝えたいことや流れを大切にしたい場合は、どちらの良さも最大限に活かせる
別々で作る方法が適しているかもしれませんね!


今日も帰ったら昨晩に仕込んだ手羽元玉子煮が待っているので楽しみです。
三連休しっかり休んで、来週も頑張ります!

2016年7月15日(金)
キーワードを入れずとも上位表示する方法-売れる戦略会議

本日は実際に行った検索上位対策の方法を書きます。

ホームページの教科書としてお使い下さい → http://goo.gl/6Pl8Ak

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F株式会社 望月聡です。

キーワードを入れなくても上位表示ができる。
Googleの特性を本日は書いていきます。

私たちは以前、
ホームページ作成のキーワードで1位を取り、
上位表示中にリニューアルをしました。

すると、リニューアル後は
「ホームページ制作」というワードで1位になりました。

それまで「ホームページ制作」では圏外でした。

実際のタイトルは、
「ホームページ作成で売上とブランド強化|ホームページ作成F」

ホームページ制作という言葉を使用していないため、
一般的に考えて、このタイトルでしたら、
「ホームページ制作」での上位表示はできるはずはないのですが、1位を取得しました。

創業からずっとホームページ作成で上位表示していて、
リニューアルのタイミングで、

ホームページ制作 1位 ホームページ作成 8位

キーワードを入れていないのに、1位になるのかを説明していきます。

検索結果はお客様の志向を優先している。

ホームページ作成で検索する人は、
自分でホームページを作る人が多い統計があるために、
企業ではなく、作成の手順などを紹介しているサイトや
自分で作れるようのサイトが上位表示されるようになっております。

企業は上位表示しにくい状態です。

一方、ホームページ制作というワードは、
業者を探している人が多いという傾向が高いため、
業者を上位表示させるようにしています。

営利サイトが上位表示できる。

私達がリニューアルをしたホームページは、
ホームページ作成で1位を狙っていたので、
当然、SEOはホームページ作成のみで行っております。

しかし、企業らしさが全面に出たことにより、
Googleの判断で、
ホームページ作成の上位からホームページ制作の1位に差し替えられました。

ホームページ制作のほうが見込み顧客が多いため結果的にOKでした。

今回わかったことは、
キーワードを入れなくても、専門性の高い言葉を入れておけば、
自ずと見込み客の多い方でGoogleが上位表示をしてくれるということです。

見ているお客様に最適なサイトを上位表示してくれる。

テクニックでやるSEO+自然でやるSEOを知っていると、
より強い上位表示ができるようになります。

どうしてこのサイトは1位なのか。
ホームページの順位が上がらないんだ。という状況でしたら、
本日書いた内容を思い出すと、より明確に判断することができます。

参考にして頂けると幸いです。

多くの効果が出ております。サポート体制が凄い!
たった43ページでSEO対策ができる!


■ホームページ制作の見積りの注意点

■遠く離れた距離はスカイプが解決する

■ホームページ制作の納期を厳しくすることで起きるマイナス要素

■SEOを意識したブログの書き方

2016-07-14 16.28.41.jpg

2016年7月14日(木)
SEOを意識したブログの書き方

SEOを意識したブログの書き方 こんにちは。更新管理担当のオカベです。
大雨警報がでたと思えば高温警報がでたりと天気の差がすごいですね。
体調管理に気をつけてまずは7月乗り切りたいです。

弊社で制作させていただいたお客様皆様に公開後お願いしているものの一つに
「ブログの投稿を習慣化する」というものがあります。
日常や業務について書くのもよいですが、ホームページの内容に沿った記事で
投稿することによりSEOでの効果が期待できます。
たとえば「りんご」に関したホームページを運営しているとします。
ユーザーは「りんご」だけで検索をしているか?と考えるとメインキーワード以外に
「りんご 食べ方」「りんご 種類」「りんご 効果」など
細かいキーワードを入力して検索することの方が多いはずです。
そういった検索キーワードを意識した記事を投稿し、訪問ユーザーの役に立つ情報を書くことで
Googleから高い評価を得ることができるので検索上位対策になります。
スモールキーワードでたくさんアクセスを集めてビッグキーワードで上がるという例も
多くありますので是非参考にしていただければと思います。

2016年7月13日(水)
ホームページ制作の納期を厳しくすることで起きるマイナス要素

納期に追われる


こんにちは!ホームページ制作Fの小島です。
Fでは基本的に納期は決めないようにしているのですが、
やはりそうも行かない場合もあります。


お客様はホームページが完成するのを今か今かと待ちに待っているのですから仕方ありません。
ただ、納期が厳しいと何が起きるのかというと、どうしても諦めが出てしまいます。


納期に追われるほど仕事の質が落ちることはありません。


ホームページで重要なのは、いかに自分の魅力を見た方に伝えるのかです。
どう見せたら一番伝わるのか、どの配色であれば伝わりやすいのか、
どの文字サイズでどのフォントだったら読んでもらえるのか、
いや、ここにはこのコンテンツがあれば次を読んでもらえる、
これはない方が全体的なストーリーがしっかりと表現できるなど、
考えれば考えるほど良いデザインはできていきます。


ホームページ制作は本当に奥が深いといつも痛感させられます。


もちろん、ただ時間をかければいいというわけではないのですが、
魅力を最大限伝えるためには何度もやり直しを重ねる必要があります。


でも、絶対的に納期が悪いのかというとそうではないですよね。
Fでは6ヶ月という大体の納期を伝えています。
これは、十分に余裕を持った納期ですが、これ以上短くすると無理が生じる絶妙な期間です。
逆にこれ以上延ばすとダラダラ感が出てしまいよくありません。


Fが納期を6ヶ月としているには意味があるのだと、
Fに入り1年以上経ちますが最近気がつくことができました。


2016年7月12日(火)
遠く離れた距離はスカイプが解決する

こんにちは。
夏が一番好きなので梅雨明けを今か今かと待ちわびております。
ホームページ制作Fのまるいです。


お客様と連絡を取りたい、という時
電話かメールを使うという方が大半かと思います。
では、スカイプはどうでしょうか?


私達のホームページ作りにおいて
欠かせないものの一つにスカイプ会議があります。


制作前にお客様と代表の望月とで
スカイプを使ったテレビ電話での打ち合わせを行うのですが
離れていても相手の顔を見て話す事ができるのが
スカイプの強みです。(しかも無料です!)


また、弊社でのスカイプ会議の内容は議事録を取って
お客様にお送りもしますので
どんなやりとりをしたか見返すことができます。
記録にも残るので後でお互いの認識のズレも起こりにくいです。


ホームページは戦略を立てることが非常に重要で
このスカイプ会議では
望月がお客様の強み・ウリといった魅力を余すことなく引き出して
ホームページの方向性を固めていきます。


弊社の所在地は大分ですが
スカイプで顔を見ながらの打ち合わせが出来る事によって
関西や関東など遠方のお客様もたくさんいらっしゃいます。


また、大変タイムリーなのですが
本日、海外在住の日本人の方からホームページのご相談を頂き
電話が通じないということで
スカイプを使ってのやりとりをさせて頂きました。
とても熱くホームページについて
考えられておられる方で、音声越しでしたが
遠く離れた海外にいらっしゃるという
感覚が途中で薄れてなくなってしまうほどでした!


このようにテレビ電話としての機能だけでなく
電話が通じないほど遠くにいるようなお客様とのやりとりに
スカイプを使用することも連絡手段の1つとして有効ですので
是非活用して頂ければと思います。

e855e60f3c687d96c4059cb1ba435527_s.jpg

2016年7月11日(月)
ホームページ制作の見積りの注意点

見積もりをするには

こんにちは!ホームページ制作Fの花宮です。


私はFに入るまでは、ホームページというものがどうやって出来ているのか全く知りせんでした。
インターネットは、スマホやタブレットで簡単に来る時代ですから、
普段何気なく使っているとは思います。
しかし、いざ聞かれると何と答えれば良いのか、返答に困ってしまいます。
そんな私と同じ気持ちの人はくさんいるはずです。


では、企業さんにとってのホームページとは何でしょうか?
私は、よく発表会のようものと例えています。
今まで自分たちはこんな事をこんな気持ちでしてきたんだ!ということを打ち出し、アピールをすること、
そして、それに共感してくれる人達を集めることだと思います。


今や一社に一つホームページがある時代です。
これほど簡単に見れる広告媒体もないです。


しかし、いざホームページを作りたいけどどうすれば良いのかわからない・・・。
持ってるけど全然活用できていない・・・。
という声をお見積りの問い合わせでよく耳にします。


そんな時は、ぜひ私達ホームページ業者を頼ってください。
一からインターネットの仕組みを理解しようとすると気が遠くなる程の時間が掛かってしまいます。
業者さんもピンからキリまでたくさんあります。
どれが良いのと迷われると思います。


まずは、お気軽に見積りのお問い合わせをしてみてください。
その業者の人となりが電話一本でわかる訳ではないですが、雰囲気を直に感じてください。
結局は、人と人の付き合いになるので、自分が信頼の出来る人にお願いするのが私は一番良いと思います。
そして、自分の事を理解してくれる、社員になったもりで作ってくれる業者さんを選んでください。


参考にFの見積りを少し紹介します。
Fの見積りは、何ページいくらという出し方ではなく、
お客様の目的に応じてそれを達成するためにはいくらかかるという見積りを出します。


・ホームページを作る目的は?
・なぜこの商品を扱っているのか
・お客様にどうなってほしいのか
・代表の気持ちは?


などなど、言い出したらキリがないのですが、深い所まで話を伺います。
そのため、30~1時間ほどお時間を頂いています。
見積りの段階でこんな事まで聞くのかと思われますが、
しっかりと相手の現状、進むべき道を把握しないと正確な見積りはできません。
どちらのためを思っても、しっかりと話を聞くことが一番重要です。


しっかりと話を聞いてくれる所、安請け合いをしない所を気にしながら見積りをすると良いと思います。
決して安くはないお金が掛かるホームページ。ぜひ良いものにしてください!

2016年7月 8日(金)
ホームページのサーバー移管の時注意しておきたい事。

こんにちわ!ホームページ制作Fのアンドウです。
本日Fは湯布院に来ております。
(生憎の悪天候ですが、、、、。)
前々から「毎年夏にはみんなで川に行ったりしてますよ~!」
と聞いていたので、ついに来たかという感じです!!


本日は湯布院からブログをお届けします。
レジャーモードから一気に話は変わり、
普段ホームページを何気なく見ていますが、そのホームページは一体どこにあるのだろう?
と考えたことはありますか?


私がこの仕事を始めたばかりの頃、ふと疑問に思ったことです。
現在、数えきれない程のホームページが存在しますが、
そのすべては、場所は違えど、
「サーバー」というネットワーク上の「箱」に入っていると思ってください。


現在では、様々な種類のサーバーがあり、
それを運営している会社も様々です。
これからホームページを持とうとお考えの会社様は、
ホームページをどのサーバーに置こうという事を準備段階として、
知っておいても良いかもしれませんね。


ただ、このサーバーについて、気を付けて欲しい事がありまして、、、、。
それは、一度ホームページを入れたサーバーから、別のサーバー会社に乗り換え、
つまり、移管する時なんです。


サーバーが変わるという事は、
ホームページの置かれている住所が変わるという訳で、
現実に、今住んでいる家を引越しをすると、
郵便局や役所へ住所変更の手続きをしなければいけませんよね?
ネットワーク上だから、全自動で何もかも勝手に切り替わる。
そう思って、サーバー移管を行うと、


①突然ホームページが見れなくなる。
②メールが届かなくなる。
③お問い合わせが急になくなる。


といった大事故が起こってしまいます。


ホームページが見れなくなるのは、ドメインが新しいサーバーに設定されていない。
(役所に住所変更を届けていないのと同じ)


メールはサーバー会社によって、
受信、送信のメール情報が違うため、
住所不定になってしまっている。


これではせっかくのホームページも全く使い物になりません。
お客様の大切なホームページ。
サーバー移管を行い、よりよい環境で運営管理するはずが、
こういったことで大変な事故となってしまいます。


そのために、サーバー移管をお考えの際は、
・旧サーバーと新サーバー両方の情報管理。
・ドメイン情報(DNS情報)管理
・新サーバーに移管完了しても、
 しばらくは旧サーバーにメールが届いてしまう期間があるため、
 移管前に使用していたメール設定は残し、新しいものと併用できるようにしておく。


こうすることで、不慮の事故を未然に防ぐことができます。
24時間365日休むことなく働いてくれるのが、ホームページ。
出来れば1日も休むことなく働いてほしい。
もし、今サーバー移管をお考えの際は、参考にしていただければと思います。

私達は湯布院で羽を伸ばさせていただきます^^


ホームページのサーバー移管の時注意しておきたい事。

2016年7月 7日(木)
ホームページは内部統制もでき、ブランド力も上がる嬉しい効果がある

こんにちは、ホームページ制作Fのなかぞのです。
他のスタッフも書いていますが、最近本当に暑いです・・・
事務所でもエアコンをつけていてもあまり効かず、
「何故こんなに暑いんだ???」とエアコンの機能である「お知らせ」を押して
現在の温度を確かめないと気が済まなくなってしまいました・・
それほど、暑いです。夏本番が怖いですね・・・

さて、今までのブログにも書いてきましたが
ホームページが持つ効果とは何なのか、改めてご説明したいと思います。

まず1つ目は内部統制ができます。
これはホームページを制作中とホームページ制作後でも効果はあります。
制作中では、ホームページで会社の魅力を伝えるために一度じっくり見直すことが必要になってきます。
その際に、「自分の会社はここが魅力だな」「本当の魅力はここだった・・・」と
再確認することができ、内部の問題を解消していくことができ、自然と会社がさらに良くなります。
ホームページを公開した後は、そのホームページができたことによって
スタッフの方も会社の良さを再確認することができます。
お客様にホームページを見て好きになってもらったように、
スタッフに対しても会社は変えることはなく、今いるスタッフが伸び伸びと働ける環境にしていけます。
スタッフ全員が同じ方向を向いて、自発的なやる気が出るように促していくことが出来るのです。
外部から見た会社と内部から見た会社の差を埋めることで内部統制ができていきます。


そしてブランド力についてです。
大袈裟に書くことで、お客様は来てくれるようになりますが、想像と違うとクレームに繋がりやすいです。
新規のお客様だけでしたらありだとは思いますが、リピーターのお客様がいるからこそ継続できます。
より多くのお客様に来ていただき、ホームページで見たことと相違が少なく
満足してリピーターになってもらえる、
その流れを大切にして弊社もひとつひとつ親身になってホームページ制作をしています。
ターゲットを明確にしたデザインを作ることで訴求力が上がり
わかりやすさと親しみやすさをこめたデザインでブランド力も向上します。
何度も何度も納得ができるまでやり直すので、
他社様には真似できないデザインが出来上がり、訴求力も違います!

Fではお客様のことを深く理解した上で制作していきますので
お客様の良さを引き出したホームページを作れるようスタッフも日々頑張っております。

graf.jpg
話は全然変わるのですが、明日は社員揃って湯布院旅行です!!!
楽しみで楽しみで仕方がありません!!
こういう時ってなんで準備までもが楽しいんでしょうか・・・・
私はFでのぷち旅行は初めてなのでワクワクです。
こうやってイベント事があってみんなで楽しめるのもFのいいところだと思っています。


2016年7月 7日(木)
圏外から1位に戻った方法

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F望月 聡です。

本日は検索上位表示を大きく回復した実例です。

順位が徐々に下がり、
最後の最後にはお客様がタイトルを変更して、
圏外まで飛びました。

理由はもっと多くのキーワードを入れたかった。

メインキーワードは「名入れ カレンダー」でした。

そこで、なんとか順位を圏内にしたいために、
タイトルを前のものに戻したのですが、結局は圏外のままでした。

こちらのホームページは、
以前から少し強引なキーワードの入れ方をしており、
スパム要素の強いタイトルの付け方でした。

何かの拍子で、いつか圏外に行くと思っていたのですが、
自らの手で圏外に行くとは、
キーワードの入れ方でSEOは恐ろしいものとなります。

なんとか1位にしたい。

1位でなければ、
PPC広告の費用が大きく上がるのでということで、
3万円で依頼を受けました。

本当はスマホサイトとSSLをして欲しいと伝えたのですが、
予算の都合上、解析とタイトルの見直しをしました。

見なおしたタイトルは下記。

「最強の名入れカレンダー2017年版/名入れカレンダー.jp」

「最強」という擬似語を入れてキーワード率を薄めて、
「2017年版」という今年分ありますよ!と流行りに乗る。
さらに2回名入れカレンダーというワードを入れ込む。

すると、

1位になりました!!

タイトルごとき!
タイトル変更だけで1位とは。。

タイトルではSEOはできないと考える中で、
まだまだタイトルの変更だけでも1位になれると気が付きました。

良いサイトを運営しているけど、
なぜか上がらないと思う方は、タイトルの変更で大きく上がる可能性あります。

1回圏外になっても。Googleは許してくれる。
より良い結果となりましたのでご報告です。

まだまだSEOの腕もあります!

SEOとは不安要素を消すものですので、
SSLやスマホサイトなどの堀を埋めたほうが確実に結果はついてきます。

応急処置でのSEOはタイトルの変更がいい方向性になります。

参考にして頂けると幸いです。


■価格?ページ数?納期?ホームページ制作会社の選び方

■攻めなくても守りで突破する営業力

■SEO対策にも必須!ライティング力をつけてホームページ制作に取り組む

■ホームページは目的次第で形を変える。

■ホームページを営業マンとして機能させれば経費も削減できる

13606568_1140817169315701_3953590552758984152_n.jpg

2016年7月 6日(水)
SEO対策にも必須!ライティング力をつけてホームページ制作に取り組む

こんにちは。
最近ひっそりと足パッドを装着して今年の夏に挑む制作のしもかわです。


先日、お金のことを考える機会があり
そういえば高校生の頃は簿記をはじめ、たくさん資格を取得するために頑張っていたな...
なんて、すでに5年以上前の自分に思いを馳せていました。


今となってはなってはいい思い出ですが、
何かの資格を取得したいという気持ちは今でもあります。

benkyou.jpg


最近気になっている資格はWebライティング技能検定
どうやら二ヵ月に一度のペースで試験が行われているようです。


ホームページ制作会社に勤め、デザイン制作を進める中で
SEO対策に携わったり
ホームページのコンテンツの文章を書いたり
このブログを書いたり

文章に触れる機会が増えたことがこの試験を知ったきっかけでした。


デザインが重視されると若干思われがちなホームページ制作ですが
実は文章がものすごく大切な役割を担っているのです!


SEO対策、キーワードを入れ込んだ文章を制作するWebライティングは
やはり何度か経験を積み、磨き上げるものだと考えているので
自分の実力アップのためにも、一つの見える形として検定を受けてみるのも悪くないかもな~
なんて考えています。


pc2.jpg


なかでもSEO対策は、サイト全体の見直しがポイントとなることもあるので
Web全体のことを熟知しておくことが大切なプロの業。
遠い道のりですが乗り越えたい壁です。


もちろん資格を持っていなくても、独学・経験を積んでライティングスキルがある人はたくさんいます。


資格の取得はあくまでも形。


クライアントはもちろん、ホームページを閲覧してくださる方々に
たった一言で響く言葉を自在に操り作りだせるように取り組む姿勢が大切!


そのために今すぐにでもできることは

・いろんな本を読み
・参考となるホームページを見て読んで
・毎日少しでも日記や文章を書くこと


ブログ投稿はまだまだへたっぴですが、地味な成長が必ず成果につながるものであると信じています。


mokuhyou.jpg

2016年7月 5日(火)
ホームページは目的次第で形を変える。

こんにちわ!ホームページ制作Fのアンドウです。
先週の大雨はなんだったのか?
という程、今週に入って暑さ全開で、若干食欲が落ちつつあります。


会社でもエアコンフル稼働していますが、
朝の掃除の時ちょっと動くだけで汗が出てくる程です。。。


話は変わりますが、世の中には星の数ほどホームページがありますが、
同じ業界、業種でもデザインや構成がどれも違う(中には似たものもありますが、、、。)のはなぜでしょう?
Fでは制作の前にみっちりとお客様の事業内容や強みなどを把握します。


すると、過去にホームページを制作した時とはまるで違うものが出てきます。
会社は人そのもの、写し鏡だと思っています。
全く同じ人がいないように、会社も人の思いがそこにある以上、
全く同じものが存在しないのだと気づかされます。


ホームページを持つ目的も、
「求人を増やしたいから」
「知名度を上げたいから」
「売上を上げたいから」
など、思う事によって変わってきて、
それに伴って、制作の方向性、
狙いなども変わってくるのが自然だと思います。


このホームページでどんな目的を達成したいのか。
制作において狙いを定めた方向からずれていないか。


そういったことを突き詰めて行けばいくほど、
その会社様だからこそのホームページが出来上がってきて、
同じ業種なのに、全く違うホームページが出来るのだと思います。


Fに入って3カ月。
これまでこんなにも1つの制作物に対して考え抜いた事があったかと考える日々です。
ホームページを制作する目的もそうですが、
個人的にも、しっかりと目的を持って日々の制作を行い、
しっかりと狙いを定めそこに近づくよう、
これから続く暑い季節に負けず、
1歩ずつ進んで行こうと思います。


ホームページは目的次第で形を変える

2016年7月 4日(月)
ホームページを営業マンとして機能させれば経費も削減できる

こんにちは、ホームページ制作Fの成松です。

しばらく大雨が続いていたのが嘘のように、真夏日が続いています。

今日は室温30度、湿度70%のとんでもなくじめじめと暑い日でした。

持ってきているお弁当が腐ってしまわないかが心配です。


こんなうだる暑さの中、営業マンが外を歩いているのを見かけます。

よく見かける光景ですが、

Fに入社して3ヶ月、「営業」という概念が崩れつつあります。


普通の会社は商品やサービスのよさを伝えるため、

必ずと言っていいほど営業担当がいますが、Fには営業担当は一人もいません。

それでも見積もりの依頼がやむことはありません。

戦略を元にFの魅力を24時間伝えてくれる、最強のホームページがあるからです。

営業マンがいずとも、お客様が来るのを待っていられる、理想の形だと思います。


営業をホームページに任せることで、たくさんのメリットがあります。

まず、1人営業を雇わなければ当然ですが人件費が削減できます。

浮いた人件費は、自社の発展費用に利用できますし、そうすることでさらに良い会社が出来上がります。

また、ホームページを見た後に見積もりに来られるお客様は、会社のことをすでに詳しく知っているので、

多くを語らずとも素早く話を理解されますし、

名刺代わりのホームページは、いつ誰に見せても自社を語ってくれる武器になります。

魅力を引き出してくれるホームページの重要性が、自社を通して分かるのです。


Fに営業が必要でないように、
サイトを制作する依頼者様にもそうなってほしいと考えながら、日々の制作を頑張っております。

机 .jpg

2016年7月 1日(金)
価格?ページ数?納期?ホームページ制作会社の選び方

こんにちは!ホームページ制作Fのたちばなです。


今日はホームページ制作会社の選び方を、業者目線で書いてみたいと思います。
皆様は、何かにお金を払う時何を基準にしますか?
私は真っ先に、安さにを重視してしまうタイプです。
安くていいものを探すのが楽しいんです!
まったく同じペンがA店とB店にあったら、安い方を選択します。
「安くていいもの」を探すのは、人類の9割がしていることだと思います。


ですが、ホームページはどうでしょうか。
"ホームページ"とはおもしろいもので、自力で無料ででも、
業者に5万円払ってもでも500万円払ってもホームページはできてしまうものです。
相場が非常に幅広く、安くて何が悪いのか、高くて何がいいのか、
騙されないためには?本当のこと言っている業者はどこ?と
暗中模索のようになっている方もたくさん見受けられます。


その中でまず明確にしていただきたいのが、
・○○のようなデザインで○ページ
・予算は○○円でスマホサイトまで
・リキッドデザインで
・かっこいい感じで、外国人の素材を使って
などという小手先の希望ではなく。


・ホームページを作る目的
ただひとつです!


カッコいいサイトも、○ページも、リキッドデザインも、できても反響がなければ
売れなければ意味が無いのです。
ホームページは自分でインターネットで開いて楽しむ、自己満足で作るものではないですよね。


売上を上げたいのであれば商品に対する想い、こだわり、経営者の今までの軌跡、
店主の人柄、商品をよく見せる構成が必要です。
それなのに、カッコいいだけのサイトを持っても意味が無いわけです。
会社名で検索してそのホームページがヒットして何をしているかが伝わればいいだけが目的のサイトに、
深い深いこだわりや製造工程、代表の熱い想いは必要ないのです。


私たちはまずホームページを持つ目的をお伺いして、
それからその目標を達成するには何が必要か、制作費はいくら必要かという観点で
お見積りをし、「ホームページを作る」ではなく、そのまだまだ先の「達成したい目標」に向かって一心に制作をしています。
「○○のようなデザインで○ページでいくらですか?」「この資料を見て見積りください」というご質問に
全く答えることができない理由もここにあります。目標がないところに価格はつけれません。


実は、「○○のようなデザインで○ページ」という注文を受けてその通りに作るのはとても簡単です。
結果が出なくても「言われた通りにしました」の一点張りで逃げれるという絶大なる保険があるからです。


ホームページ業者を探す時は、業者の実績を見るのもどこまでしてくれるのかを明確にするのももちろん大切ですが、
まずはご自身が「ホームページを持つことの目的」を明確にして、
それを達成してくれそうな、責任感のある業者を選択されるのがいいのではないでしょうか。


正解のない、実体のないものだからこそ、信頼のできる人間、業者をお選びください。
参考になりますと嬉しいです!

20160701.jpg

2016年7月 1日(金)
攻めなくても守りで突破する営業力-売れるホームページ戦略会議

本日の議題は、「売れるホームページ。」
この言葉、なんかダサい気がしています。

繁栄するホームページという言葉がシックリと来る。

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F株式会社 望月聡です。

売れる方法にも種類があります。
安売り。あおり売り。キャンペーン。恐怖を植え付ける。心配にさせる。
お客様の心を揺さぶり、動揺させて売るやり方と、

安心。納得。信頼。ブランド力。で売る。
お客様が納得して買う。結びつきをより濃いものにする方法があります。

売れると言ってもこの2通りの売れるは、5年後がまったく違います。

一方は安易に人の購買心理を動かして売るため、
顧客との信頼関係も希薄なため、全く長続きしません。

企業自体が衰退していく様子が目に見えてきます。

もう一方のお客様が納得して買う。は、
顧客との関係性が密になりますので、企業が繁栄に向かっていく方法となります。

売れる1つとっても、
天国と地獄の差があるのですから、
売れるホームページとはどうも面白く無いと感じます。

繁栄をしていかなければ、企業は楽になっていきません。

新規のお客様を取るときには、
どうしても売り込みをしたくなるのですが、
その方法は最近ではあまり通用しなくなってきました。

ではどのようにして、
新規の顧客を呼び起こしていくのかというと、
攻めるのではなく、最大の守りを出していく方法です。

キャンペーンをしている会社は、
キャンペーンが終わるとパタッと仕事がなくなります。

そうならないために、攻めではなく守る事が効果的です。

行列ができている店は、勝手に人が入ってきます。
いつも繁盛しているんだから、ぜったいに何か良い物があるぞ!!
どうせ行くならあそこにしよう。

自然と行列ができてくるお店にしていき、
その行列をしっかりと魅せることができれば新規顧客もきます。

とはいえ、
並んでくれる行列客が既存のリピートを8割にしなければいけませんので、
リピートのお客様から注文が増えるので大忙しともなります。

守る=既存顧客を大切にする=大切にしていることをアピールする。

既存顧客に対して私達の良さを出す。
わかってもらうことこそ重要で、
私が選んだ会社はやっぱり間違っていなかった!!

なんだか、みんなが幸せそうになってるから、
私も今度はあそこに相談してみようと言う状態となります。

以前は、これをブログで発信するだけで効果的でしたが、
今では、ブログの発信の効果で良い店舗と思わせることは難しくなってきました。

お客様はすぐに忘れてしまいますので、
既存のお客様に、この会社に頼んで幸せになったでしょ。という認識を忘れさせないような
ホームページを持つことは非常に大切です。

ホームページを使い、
既存顧客様に対してしっかりとアピールをしていきましょう。

リピートしてもらうためのホームページです。

既存顧客があなたの事を理解していなければ、
新規のお客様も理解をあまりしていない状態となります。

繁栄するホームページは、
守りながら守りを突き抜けた時に、行列ができて、周囲の認知が変わってくる。

その結果新規も増えていくという仕組みが大切だと感じてます。

繁栄のホームページを持って行きましょう。
企業がすごく楽になっていきます。

ホームページの教科書としてお使い下さい → http://goo.gl/6Pl8Ak

■スマホサイトを作るときに覚えておくこと
https://www.web-f.net/2016/06/post-35352.html


■デザインにおいての準備はいつから始まっているか?
https://www.web-f.net/2016/06/post-35353.html


■制作担当との関係性でホームページは良くなる
https://www.web-f.net/2016/06/post-35354.html


■事例やお客様の声があなたの実績を裏付ける
https://www.web-f.net/2016/06/post-35355.html


■ホームページ制作の最大の利点!自分の軸を持つとは
https://www.web-f.net/2016/06/post-35356.html


■実際の写真でよりリアリティを出す
https://www.web-f.net/2016/06/post-35357.html


今週は東京からお客様が3人来て頂きました。
望月聡の近況↓
https://www.facebook.com/house0529


「スマホサイト」と「SSL」
検索上位対策+売上アップになりますので、
しておいたほうが良いです。お気軽にご相談下さい。
http://www.web-f.net/mitumori.html

私達のスマホの作り方は自信あります。


4作目をホームページの教科書としてお使い下さい → http://goo.gl/6Pl8Ak


■200円払ってでも伝えたいことがある。
 売れる10の定式ダウンロード。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=268867


2016-07-01 20.19.55.jpg

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容