個別記事のページです

2016年6月 7日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページで社員の価値観が変わる

ホームページを作る目的は自社の宣伝のため、
お客様に向けて作るもの、と考えられている方も
多いかと思います。
もちろん、それも目的の1つと言えますが
会社で働いている社員に向けても
ホームページを作ることは意味のあるものとなります。


中には
なんとなく働いている...。
目標はないけれど他にやりたいこともないし...。
などぼんやりとした意識で
働いているという方もいるのではないでしょうか。


それは会社の方向性や代表の想い、理想といった
会社の軸となるものを社員が知り得ないからです。


ホームページを持つことで、その軸が見えるようになります。
すると価値観の共有化がされるため
働いている社員の仕事への打ち込み方や考え方が変わってきます。


価値観を共有し合い
社員の足並みが揃い出すと
社員各々の中にも会社の一員であるという自覚が芽生え
それぞれに目標も出来ていきます。
こうしたい、こう変えたい、というプラスの意見も出てきたりします。
そうすることで会社は更にひとまわりもふたまわりも成長できます。


同じ方向を向くことが社内の環境を変えていくのです。

DSC_0980.jpg

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。
お問合せ