個別記事のページです

2016年6月14日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページが担うもう一つの役割とは


こんにちは。ホームページ制作Fのすえまつです。
Fに入社して丸3ケ月経ちました。
3ケ月経過し、当初よりはFのルールや考え方に少しでも近づけているのだろうかと
日々自問自答しております。


私はホームページは外部のお客様へ向けた宣伝の一部だと思っていました。
自社の商品やサービスを宣伝するための一つの道具に過ぎず、
そこまで重要視されていないものだと思っていました。
しかし、Fに入社し決してそうではないという事が分かりました。
外部にアピールするためのものというだけではなく、
社内教育などの内部統制にも一役買っているという事を知りました。


弊社で制作するホームページには、商品やサービスの魅力を伝えるけでなく、
そこで働いている人達がどの様な想いで仕事に取り組んでいるのか、
今にたどり着くまでにどの様な事があったのか、これからどうしていきたいのか等、
中の人の想いが存分に詰まっています。
制作するにあたり、会社あるいは自分の棚卸をする時間を設け、
己と真摯に向き合って文章を考えていきます。

社内教育というと、研修や外部セミナーに参加したりと
何かと経費がかかりそうなイメージがありますが、
会社としての主軸となる考え方を目に見える形で明確にした
ホームページさえあれば、社内教育に莫大な経費をかけなくても
ホームページを見る事で会社としての考え方、ありたい姿というものが
社員一人ひとりに伝わるのではないでしょうか。


また社員一人ひとりの意識改革の道標にもなるのではないでしょうか。
何か仕事で判断に迷った時に、いつでもどこでもホームページさえ開けば、
自分の会社が目指しているところや主軸となる考え方が一目で分かり、
判断軸の基準として、進むべき方向性を示してくれる事もあるかもしれません。


私自身意識改革が必要だと感じる今日この頃です。
意識を変えるという事は、他人がどうこうしようとしても
なかなか変わるものではありません。
自ら変化していかなければいつまでたっても現状のままです。
自分があるべき姿、なりたい姿というものがはっきりすれば
自然とその方向に意識が向いていくものなのかもしれません。
変化を恐れずに、色々な事を受け入れる強さを持ちたいと思います。


社内風景

書籍の内容と遜色のないPDFを無料プレゼントしております。
売れてる人しか知らない!売れるホームページの10の常識
過度な営業は一切しておりません。

簡単無料お見積もり

問い合せ内容 見積り  相談  更新管理  PPC広告・SEO対策
  • 売上げアップ
  • 会社拡大
  • ブランド力を持ちたい
  • 新規事業参入したい
  • 単価を上げたい
  • 価格競争したくない
  • 社内環境を良くしたい
  • 経営者が楽になる
  • 社員を成長させたい
  • 良い求人が欲しい
  • 離職率を下げたい
  • 残業を減らしたい
  • 客層をよくしたい
  • 会社がうまく回るようにしたい
  • クレームを減らしたい
  • リピート、口コミを増やしたい
  • ターゲットを絞りたい
  • 会社の方針を明確にしたい
  • SEO対策
内容
お問合せ